So-net無料ブログ作成

「心からのごめんなさいへ」品川裕香 中央法規 2005年 後半 [読書記録 教育]

今回は、9月10日に続いて、品川裕香さんの、
「心からのごめんなさいへ」後半の紹介です。




出版社の案内には、


「人の痛みや気持ちなんか、全然わからない。わかりたくもない。そう平然と言い放って
 いた非行少年たちが自分の犯した罪を自覚し、猛省し、変わっていく…。教育者や親の
 視察・講演依頼が全国から殺到する宇治少年院。その指導の実態と関係者の思いが今、
 初めて明らかにされる。」


とあります。





今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「在院生に共通する『メタ認知能力の低さ』」


・「国語力の徹底向上 - コミュニケーション能力向上のために言葉を駆使する力」



・「『沈黙の時間』が自己コントロール力を向上させる」


・「親のコミュニケーション向上トレーニング」







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆「心からのごめんなさいへ」品川裕香 中央法規 2005年 後半

1.jpg

◇宇治方式の確立

□過剰収容で大混乱していた宇治少年院


□臨床心理の世界では絶対に考えられない向井の手法


□逃走未遂事件後,徹底した職員研修を開始する


□インフォーマルな少年集団の解体と共に芽生えた職員のやる気


□共通認識を持つための職員研修を繰り返す


□発達障害と犯罪とについての社会認識とその誤り
 在院生に共通する「メタ認知能力の低さ」
   
   発達障害に似た状態を示す子どもたちがいるから 


□指導システム 
  ①コントロール 

  ②参加

  ③委任・自治 

  ④社会復帰






◇宇治方式トレーニング

□生活レベルでの指導
  - 食事の改善



□国語力の徹底向上
   コミュニケーション能力向上のために言葉を駆使する力

  読む力を向上させるために毎日の日記指導を細かく

  コミュニケーションツール

  書く力・読む力を向上させるため漢字力を向上させる



□推論など基礎学力向上のための算数指導
ピア・ティーチング = 子ども同士の教え合い



□専門家の立場から竹田契一教授の登場
非言語コミュニケーション能力を向上させる「私語制限」

沈黙を守ることが非言語コミュニケーションの力を鍛える


ジェスチャー
「沈黙の時間」が自己コントロール力を向上させる
頭の中がクリアになる自己コントロール力
少年自身の内省へとつながる力,社会復帰のためのルール遵守



□聴く力をつける指導


□集団行動訓練も自己コントロール力の向上に大きな効果


□基礎体力を上げる宇治方式トレーニング


□親のコミュニケーション向上トレーニング
小澤直樹少年院長の登場






◇宇治方式の広がりと海外事情

□加古川学園 奈良少年院 イギリス アメリカ


□一人一人の子どもを理解する努力を怠ってはならない


□小栗正幸・細井保宏・白井義




◇品川裕香  1964年 兵庫県生 早大法卒
nice!(149)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 149

コメント 2

風船かずら

発達障害という精神疾患としてひとくくりにされてきたことに疑問を感じてきました。教育の分野でも精神医学の分野でもこれから変わっていくことを期待します。
by 風船かずら (2019-09-13 09:30) 

ハマコウ

風船かずら さん ありがとうございます。
どの人も得意不得意の凸凹があります。わたしも苦手なことがあります。それぞれの苦手は違う、それぞれに適切な支援をと次第に理解されるようになってきましたが、さらに・・・と期待します。
by ハマコウ (2019-09-13 18:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。