SSブログ

大村はまさんはこんなことを ④-「日本の教師に伝えたいこと」筑摩書房 1995年 (4) /「滅びゆく国家」立花隆 日経BP社 2006年 ①(前半)【再掲載 2014.9】 [読書記録 教育]

今回は、5月16日に続いて、大村はまさんの
「大村はまさんはこんなことを」の紹介 4回目です。




国語科教師として知られる大村はまさんが、教師の仕事の厳しさを教えてくれます。
読むたびに気持ちが引き締まります。




今回も「日本の教師に伝えたいこと」の紹介です。




今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「小さい声を責めてはだめ
  機嫌を取るのではないが,どんなことがあってもカバーして心を暗くしないことが指
  導者としての配慮」


・「はっきりしないときは問い直す → 直させないでサジェスチョン」


・「話し合いが進まなくなったら、教師が身を以ていろいろな人になって縦横に活躍しな
  がら何とかして盛り上げる」


・「生きた言葉を増やしていく」


・「漢字コンクール一番の小5の子の言葉 『毎日、新聞を丁寧に読んだ』」





もう一つ、再掲載となりますが、立花隆さんの
「滅びゆく国家」①を載せます。
当時はそう気にならなかったタイトルですが、
そうなりつつあるのかもしれないとも感じています。





毎日が土曜日の生活となって2か月。
生活リズムに少しずつ慣れてきました。
午後の時間をなんとか有効に使いたいと、つい思ってしまうのが、ゆとりのなさです。




<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト







ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆大村はまさんはこんなことを ④ -「日本の教師に伝えたいこと」筑摩書房 1995年(4)



<話し合うこころ>-2

◇叱らない工夫

 話したいことがあれば小さい声の子はいなくなる


 小さい声を責めてはだめ
  機嫌を取るのではないが,どんなことがあってもカバーして心を暗くしないことが
  指導者としての配慮
  
  → はっきりしないときは問い直す = 直させないでサジェスチョン 

  → 子供たちが自然に覚える

 


◇シナリオを書く大切さ

 シナリオを書き捨てる

  ~ 適切な指導ができる

 


◇話さないのと話すことがないのとは違う

「世の中のためになる度合いが少し足りなくなるんで,それだけで幸せでないということ
 は覚悟しなければね」

 → 話し合いが進まなくなったら、教師が身を以ていろいろな人になって縦横に活躍し
  ながら何とかして盛り上げる  


 時には休憩三分

  → 指導するのは教師の責任

 


◇新しい言葉

「話し言葉の会」





<目標を定めて>
 
◇単元学習への思い

「アイヌ - その意味は『人間』 シサム - その意味は『吾が隣人』」


 = 感動を求める者

 


◇育っていく単元,しぼんでいく単元

 教師の力

 - 押しつけはしないで少しずつリードしていく


 単元を切ることも

 


◇効果を焦らない

 自分で見つめて自分を評価ししっかり持つ

 - 教育の評価はなかなか見えてこない

 


◇言葉を増やしていく

 生きた言葉を増やしていく





<国語教師に望まれること>
 
◇一人一人を大切にする

 一人一人を知ること


 教材の用意


 基礎学力を作る 
   要点を掴む力
  

 目標目的を持って
   読書指導


 筆まめになるように
学習記録 学習と学習生活の記録

  まず思い出して聞く能力

筋道を立てて何か説明すること


 教師の工夫
要求をそのまま口で言うのが一番駄目



こうしなさいとは言わないけれどもそうしてしまう


 漢字を覚える
しっかり見ること

漢字コンクール一番の小五 … 「毎日、新聞を丁寧に読んだ」

  「べた書き」がすべてではない









☆「滅びゆく国家」立花隆 日経BP社 2006年 ①(前半)【再掲載 2014.9】

<出版社の案内>

小泉改革、天皇制、新憲法、中国問題、防衛問題、ライブドア事件、耐震構造偽装事件…
劇場化して歪んでいくニッポンの政治・社会・経済・外交に知の巨人・立花隆が鋭く斬り
込む。
1.jpg




◇ライブドアショック-会社とは何か
 
□小泉政権揺さぶるBTL(B防衛庁 T耐震 Lライブドア)・天皇制


 
□ライブドアの投資事業組合とブラック社会
   
  ヤミ金融とのつながり



□ライブドア事件のミッシング・リンク(欠落部分)を読み解く

  リーマン・ブラザースの真意(米国のシナリオ)

シュミレーションとリアルの狭間

  オン・ザ・エッジ時代に味わった失望 

  カギを握る村上ファンド   

  浮き彫りアメリカ金融資本のむしりとり構図

小泉改革はアメリカ利益の方向性

  敵対的買収でメディアは乗っ取れない
  


□フジのお家騒動から浮かび上がる因縁の構図 

  クーデターを指揮した日枝会長 

  フジを追われた鹿内家とSBI北尾CEO



□巨額の資金を動かしたライブドア堀江社長の金脈と人脈

  ブラック系
  
   ~ 総会屋,右翼,暴力団,犯罪組織

ネットに潜むブラック系情報 

  野放図なTOB合戦を招いた小泉改革



□ライブドア・西武問題に見る日本企業を包む新たな闇

  堀江社長最大の危機 

  西武の利益供与事件とウラ社会 

  企業を浸食する警察OB



□ライブドア事件でITバブルは弾けたか

  ITでも受ける手法は様々 

  検索エンジンで消費行動分析が可能に



□出版業界の07年問題 

  雑誌広告を追い抜く予測 
  
  すべての行動を裸にするグーグル



□異例ずくめのライブドア事件 
   
  なぜトップ逮捕を招いたのか

  エイチ・エス副社長の死
    投資事業組合のスキーム
    
  メール提出で進んだ捜査
    ウラ側に広がるブラック社会の闇






◇天皇論 女性天皇・女系天皇の行方

□皇室典範は簡単に改訂できる 
   
  憲法第一条「天皇の地位は国民の総意に基づく」



□東大の歴史は天皇の歴史



□日本近代国家の出発点 1945.8.15

  天皇制を支えた東大帝国の生と死 

  天皇のサーバント

  帝国と共に帝国東大も滅んだ



□大日本帝国滅亡60年の意味



□女系で議論を呼ぶY染色体論とミトコンドリア



□多産系の側室によって守られてきた「万世一系」
 
  大正天皇も庶出 

  天皇家は女系家族の典型(昭和天皇の嫡子は150年ぶり) 

  日本の歴史で女帝はつなぎではない

天照大神のミトコンドリア

nice!(153)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 153

コメント 2

yokomi

後半の本は探したくなります。有るかな...(^_^;) 以前こちらで見掛けた本をネットで注文したら「在庫有り」表示でしたが在庫切れでした(>_<) 先を越されたのかも(^_^;)
by yokomi (2021-06-02 09:37) 

ハマコウ

yokomiさん 励ましの言葉をありがとうございます。
公立図書館のサイトで検索すると、旧刊は待たずに借りることができることが多いのでよく利用します。
新刊で読んでも、拙ブログで紹介する頃にはずいぶんな旧刊本となっていることがあります。記事にするにあたり、要約を読み直すと、また新鮮に感じることができます。
by ハマコウ (2021-06-02 13:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。