SSブログ

樋口清之さんはこんなことを⑨-「温故知新と一所懸命」NTT出版 1991年 (1) /「児童生徒に聞かせたいさわやか1分話」柴山一郎 学陽書房 1993年 ③【再掲載 2017.4】 [読書記録 歴史]

今日は5月20日、月曜日です。


今回は、5月8日に続いて「樋口清之さんはこんなことを」9回目、
「温故知新と一所懸命」の紹介 1回目です。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「米ソも『農は国の基なり』」


・「米の発達史はそのまま日本の古代史であり稲作生産の神が優位に。
  コメが有形無形の日本の基本体質」


・「代掻きは田植え作業を容易にし雑草の発生を防ぐ。また、日本の土
  の性質は酸性が強いが、水に浸され中性化」


・「平将門の乱は土地所有の許認可を巡る争いであり、領主の館は政治・
経済・産業のセンターだった。朝廷が将門を鎮守府将軍と決めていれ
  ば乱はなかった。将門がついた餅(主従関係の絆、所領安堵)を頼朝が
  食べた。」





もう一つ、再掲載になりますが、柴山一郎さんの
「児童生徒に聞かせたいさわやか1分話」③を載せます。





☆樋口清之さんはこんなことを⑨-「温故知新と一所懸命」NTT出版 1991年 (1)
 
1.jpg

◇コメ    
  戦前 自信過剰 
→ 戦後 自信喪失過剰

  コメを知らずしてコメを語ることなかれ
日本には労働集約的水田農耕的オリジナリティ
      = コメ
        
  米ソも「農は国の基なり」

  「忠臣蔵」の原因も食べ物

  縄文時代日本人は東半分に住んでいた
一万年前 
      氷河期終わり → 新石器時代
縄文時代 
      東日本
       - 落葉樹
台地にも広がっている
西日本
       - 川海森のそばに限られる
縄文中期 
      食品貯蔵大型土器
縦穴住居       
      生活にゆとり→村の構成
・塩を取る技術
・粉食 - 栄養摂取の革命

  かつて雑穀はコメ以上の栄養源だった
昭和初期まで雑穀を主食とした地域も多い
雑穀
       - 粟 キビ ヒエ ハトムギ 豆
米 
       食塩 → 発酵食

  米 
    赤長米 → 丸く白い → 丸白米
7本枝分かれ 
      - それぞれに270粒
      - 離して田植え

  日本列島の位置こそ日本人の育ての親
水田農耕 
      気候のたまもの 梅雨と8月の太陽

  米の発達史はそのまま日本の古代史
稲作生産の神 優位に
→ ◎ コメが有形無形の基本体質
 


◇一所懸命  
  登呂遺跡 
    各水田数ミリの落差
     = 土木技術のレベル高い → 水管理

  古代の指導層はほとんど農業技術者
和銅6年(713年)「常陸国風土記」開墾説話

  コメの多収穫を可能にした代掻き
2000ミリの水が必要
     - 降雨量は800から900ミリ

  森林に蓄えられた水「米は森林の賜」

  水を知り尽くしていた日本人
代掻き 
      ① 田植え作業を容易にし雑草の発生を防ぐ
② 日本の土の性質 酸性が強い
         → 水に浸され中性化
    水耕法 
      病気が下火に → ハイポニカ農法 

  反当たり収量伸ばした班田収授法
  土地生産性高めることが唯一の収量増 
      一人当たり2反の水田

  墾田永年私財法は農民に対するインセンティブ
上々戸 - 労働力豊富 
    余剰品 - 雑穀 酒 塩 味噌など 

  米
   ~ 貧しい農民に貸し付け
出挙 利息10割
   抵当 水田家屋ぬひ布等 (公出挙は5割)
   ~ 増税
→ 逃散 浮浪人(荘園に逃げた)

  死ぬと土地を国に返す(努力に見合わない)

  金持ちが多かった古代の浮浪人
富豪の輩
     - 浮浪人でありながら富豪
国司は赴任せず都にいて報告受け税収外に莫大な贈り物
国司の土着化も多い

  平将門の乱は土地所有の許認可を巡る争い
私営田の経営者 
      将門が任官していない
       → 自らの力で東国支配を
領主の館は政治・経済・産業のセンター
朝廷が将門を鎮守府将軍と決めていれば乱はなかった
将門がついた餅を頼朝が食べた
主従関係の絆 所領安堵

 







☆「児童生徒に聞かせたいさわやか1分話」柴山一郎 学陽書房 1993年 ③【再掲載 2017.4】

[出版社の案内]
学活、「道徳」、朝会、学年集会、父母会、地域の集会、職場の話材・
例話に最適120話。『教育新聞』の「ちょっといい話」欄に連載した
ものをまとめた。

1.JPG

◇宮沢賢治  
  世界が全体に幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。


◇金子みすず 
  1903~1929
みんなちがってみんないい 
    「わたしと小鳥と鈴と」
 

◇西岡常一  
  1908~1995 宮大工
我執に囚われず慈悲心を持て
 「木も人も自然の分身ですがな。この物言わぬ木とよう話し合って
   命ある建物にかえてやるのが大工の仕事ですわ。木の命と人の命
   の合作が本当の建築でっせ。」


◇田中澄江  
  1908~(出版当時=ハマコウ註)
幸せを与える人は美しい
   「老いは迎え討て」
大嫌い
   ・人の悪口を言う人
   ・告げ口する人
   ・自慢する人
  ・人をけなす人
   ・責任をとらない人
   ・陰口を言う人
  ・大声で笑う人


◇J.F.ケネディ
  諸君が国家に何をしうるか考えよ
 民主主義の理念
   「都市国家アテネのために市民たちがどれだけ尽くせるかという
    点にあり,最も尽くせる人を政治家に選び一般市民も国家に尽
    くす」


◇孔子    
  前551~479 儒教始祖
 「われ十有五にして学に志し,三十にして立ち,四十にして惑わ
    ず,五十にして天命を知り,六十にして耳順う。七十にして心
    の欲するところに従えども矩(のり)をこえず」
  = 自らの修行の経路


◇「戦国策」
  中国古書
百里を行く者は九十里を半ばとす
   「気が緩む もう少しの所を半分と思え」


◇「唐詩選」
  人生意気に感ず


◇西行    
  1118~1190 歌人
 バカゲタという下駄を履き,エンの下の力持ちという餅を食べ,
  カンニン袋という袋を腹に巻いて世を渡ると間違いない
  - みんなのために尽くす,バカゲタコトと思っても人のためにや
   る骨を折って頑張るそんな人でありたい
nice!(128)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

nice! 128

コメント 4

青山実花

「みんなちがってみんないい」
この考えが浸透しないから、
いじめなどがなくならないのだと
思っています。
しかし、私も人の事を言えるのだろうかと、
考えたりもしています。

by 青山実花 (2024-05-20 10:13) 

ハマコウ

青山実花さん ありがとうございます。
一番最初に発表したり意見をしたりすることを
子どもも敬遠しがちです。
人からどう思われるか不安なのですね。
同調圧力に巻き込まれた方が安心できるからでしょうか。

by ハマコウ (2024-05-20 13:29) 

いっぷく

>私も人の事を言えるのだろうかと、
わかっているなら、きれいごとの評論は良いから、「隗より始めよ」だと思います。

「みんなちがってみんないい」だと?
障害者やその親の前で、その言葉は禁句です。

そもそも、「いい」だの「悪い」だのと、ひとさまを批評することがおこがましいのです。
みんなちがうのは当たり前で、それ自体に良いも悪いもないのです。
不当な同調圧力は否定スべきですが、ことさらその建前をぶちあげて、「私って良いこと言ってる」感にひたってる暇があったら、他人の干渉に脱線せず、自分がひたすら自分の道を行けばいいのです。
他人の批評や干渉は、自分に自信がないコンプレックスのあらわれです。
by いっぷく (2024-05-20 23:40) 

ハマコウ

いっぷくさん ありがとうございます。
みんな違うのが当たり前ですね。
それぞれの人が考えていることを引き出せるようにと、
取り組むことが大切だと感じています。
つい時間、効率ばかり追ってしまうことが、
子どもたちをおさえてしまっているのかとも思います。
by ハマコウ (2024-05-21 05:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。