SSブログ

「はじめて講師を頼まれたら読む本」大谷由里子 KADOKAWA 2009年 ① /「本当の学力は作文で伸びる」芦永奈雄 大和出版 2004年 ②【再掲載 2017.3】 [読書記録 一般]

今日は5月31日、金曜日です。


今回は、大谷由里子さんの
「はじめて講師を頼まれたら読む本」の紹介 1回目です。


出版社の案内には、


「20年の講師経験に裏打ちされたノウハウと斬新なアイディア、SNS
時代の顧客との関わり方など、時代に合わせた『愛にあふれた』一冊
 となっています。初めて講師を引き受けた際に、やるべきことがこの
 一冊ですべてわかります。
 ◎『60分話す』のではなく、『5分ネタを12本話す』と考え、5分ネ
  タを磨きあげる
 ◎成功体験は、『誰にでもできるスキル』に落とし込んで話すと、自
  慢話にならない
 ◎最初の3分は勝負ドコロ。『ツカミ』のネタは、必ず台本にしてブ
  ラッシュアップする
 ◎講演にメリハリをつけたいときは、『クイズ形式』にして、聞き手
  に質問する
 ◎思いとスキルはワンセットにして伝える
 ◎余韻が残る講演は、シメの話がうまいもの。3分くらいのシメ
  トークを必ず用意する」


とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「自分の棚卸し」


・「時間泥棒になってはいけない」


・「参加者に『きっかけ』を与える人になる」


・「『伝える』から『伝わる』へ」


もう一つ、再掲載になりますが、芦永奈雄さんの
「本当の学力は作文で伸びる」②を載せます。
最初は書くことを嫌がる子どもでも、
頑張りを認めて、練習を続け、自分の伸びを感じられるようになると、
書くことを嫌がらなくなるようです。






☆「はじめて講師を頼まれたら読む本」大谷由里子 KADOKAWA 2009年 ①

1.jpg

◇講師に必要な心構えは「志」
(1)講師とは何か 
○自分の人生を時系列にして30個の見出しを考えてみる
 どんな環境で育ったか どんな子供だったのか 
     どんな考え方をしていたか
事件、事象、感動、失敗談

○話やすくて伝えやすい項目を18~20個選ぶ
1つずつ5分間の内容に
       → 90分の内容
         ↓
○一つひとつの話に経験から自分が気づいたこと、体験から学んだ
    こと

   ◎「自分の棚卸し」

寝かさない講師になろう
時間泥棒になってはいけない

   マイクとマインドがあれば世の中は変えられる 
参加者に「きっかけ」を与える人になる
       ・目の前の人にどうなってほしいのか
       ・目の前の人にどうやったら伝わるのか   

「講師」の語源はお寺の説教
目的 ① 知らないことを知ってもらう
② 行動するきっかけを提供する
③ たくさんの「気付き」を促す

「掛けてもらいたい言葉」という目標をもつ


(2)目的を明確にする
○まずは「何のため」に話すのかを考える
      講演のゴールを決める  
      心を元気にする、動いてみようと思うようにする等  
      ◎メッセージはとことん追求しよう  
        - 役目は社会への恩返し


(3)「志」をもつ
何を伝えるために呼ばれたのか
箇条書き
    → 膨らませる
   熱い「志」が「伝わる」工夫を生む 
「伝える」から「伝わる」へ






☆「本当の学力は作文で伸びる」芦永奈雄 大和出版 2004年 ②【再掲載 2017.3】

1.JPG

◇ずば抜けた結果を出すための高等テクニック
□ストーリー作文で学力を確実なものにする方法
親子での取り組み
  伸びている子が学校でダメな作文を書くようになった例
  ×学校作文のうそ 
      「~してよかったと思います。」
     「~できてとってもためになりました。」
    = 求められる「模範的文章」を書く

  
□実践 
  周りの追随を許さないプロの圧倒的テクニック 
   = 作文に息を吹き込む方法 
 「描写のテクニック」
=「状態」や「様子」を詳しく書く
  (例) × とても悲しかった
◎ 涙が止まらなかった。拳を握りしめ歯を食いしばり壁に
      何度も頭をぶつけて泣いた
= 読み手に臨場感を与える表現
     ×「楽しかったです」 
     ×「うれしかったです」 
     ×「よかったです」


□たった一行で変わる! 格調高い文章の書き方
(例) 
    × いったい何をしに来たんだ。さんざんな一日だった。
              ↓
    ○ いったい何をしに来たんだ。さんざんな一日だった。私は
     一人寂しく家に帰るのであった。

    × 是非ともまた来たい。

    ○ 是非ともまた来たい。最後にもう一度振り返って僕は自転
     車にまたがった。


□これさえすれば伝えたいことを伝えられる
「気持ちや感想を伝えれたければ,気持ちや感想を書いてはならない」
    → ◎その気持ちの時にどんな行動をとったか書く!
(一行描写例)
・安心したとき   
       ずっとこらえていた涙があふれ出てきた。
    ・腹が立ったとき  
       思いっきりドアを閉めた。
拳でドアを何度も叩いた。
    ・怖いとき
       トイレにも行けなくなり歯も磨かずに布団に潜り込んだ。
・うれしいとき   
       隣にいた友達と手を取り合って喜んだ。 
・哀しいとき    
勝手に涙があふれ出てきた。
  ◎作品にするためのプロのテクニック。


□「風景なり人物の様子なりの印象的なシーンを盛り込むこと」
必要なのは考えること!


□この訓練で「考える力」が飛躍的に高まる
小学生から学べる!プロの描写力を身に付ける秘訣
描写はかなり頭を使う
   → 鍛えられる
   = 描写は相当頭を鍛える


□もっとイメージ豊かな文章を書けるようになるには
「視線の動きに合わせて描写していく」
    ・中心から外に  ・外から中心に
・上から下に   ・下から上に
  ・焦点からぼかして・ぼかして焦点に
   (例) 
  「東海の小島の磯の白砂にわれ泣き濡れて蟹とたはむる」
     = 視覚的移動
   ◎ 続けていると知らないうちに読解力が付いてくる
nice!(128)  コメント(2) 

nice! 128

コメント 2

岩崎ナギ

『60分話す』のではなく、『5分ネタを12本話す』
素晴らしい一言で頭に入れて活用したく思います。
ありがとうございます。
by 岩崎ナギ (2024-05-31 09:02) 

ハマコウ

岩崎ナギさん ありがとうございます。
一度に60分の原稿を作るとなると気が重くなりますが、
5分と小さく区切ることで気が軽くなります。
だらだらとならず、聞く側に立ってもよいことかと私も感じました。
by ハマコウ (2024-05-31 10:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。