SSブログ

山折哲雄さんはこんなことを ④-「近代日本人の宗教意識」岩波書店 1996年 (4) /「宮本常一さん 教育について」 ③【再掲載 2017.5】 [読書記録 宗教]

今日は6月24日、月曜日です。


今回は6月20日に続いて、
「山折哲雄さんはこんなことを」4回目、
「近代日本人の宗教意識」4回目の紹介です。


出版社の案内には、

「日本人にとって宗教とは何か.オウム真理教事件が提起する問題を見
 据えながら,著者年来の問題関心とその成果を集成.正岡子規,夏目
 漱石,寺田寅彦,宮沢賢治,和辻哲郎,木村泰賢他の言行を検討し,
 風土に規定された自然感覚の深奥に横たわる原初的な宗教意識と,そ
 の特質を浮彫りにする.日本人の心の深層に新しい角度から光を当て
 る労作」

とあります。


読んだ当時は分かったつもりになっていたのですが、
今、要約を見直してもぼんやりとしか思い出せません。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「自己の身体性を殺したり活かしたりすることを通して,より一層堅
  固で強い自己を生み出すプロセスに着目し,そこに生まれる芸術様
  式が能楽であり浄瑠璃である」


・「『ますらおぶり』と『たをやめぶり』、『武家的なもの』と『公家的
なもの』」



もう一つ、再掲載になりますが、
「宮本常一さん 教育について」③を載せます。
NHK教育テレビでの「100分で名著 忘れられた日本人」、
もうすぐ終わります。






☆山折哲雄さんはこんなことを ④-「近代日本人の宗教意識」岩波書店 1996年 (4)

◇ショーペンハウエル
「意志と表象としての世界」
憂鬱の哲人
     - ドイツ非合理主義者
  [カント学 + 東洋の形而上学的思弁]
→ 嫌疑と不快のまなざしで見つめられた

  ◎ カントのアポロ的な理性が称えられショーペンハウエルのディ
   オニソス的な意志が追放の憂き目にあった
- 理性信仰・論理信仰
 


◇遍歴する哲学者・巡礼する哲学者
ソクラテス キリスト 孔子 仏陀
→ 和辻哲郎
和辻哲郎「古寺巡礼」1919(大正8)年岩波書店
中野重治「村の家」1934(昭和9)年 父 世間と

倫理の原点
和辻「人間の学としての倫理学」
人々がそこを通り行く道が倫理の根本問題
 = 道を究めることが倫理学者の使命

  現実より強い存在  
歌舞伎
     ~ もとは人形芝居 
能役者と人形遣いは努力の方向が逆
  ◎ 自己の身体性を殺したり活かしたりすることを通して,より一
   層堅固で強い自己を生み出すプロセスに着目し,そこに生まれる
   芸術様式が能楽であり浄瑠璃である

 「現実より強い存在を持ったもの」
不易流行 
     - 常住不変 型 秩序
日本の文化 
     - 宗教 倫理

  ◎「型」という思考枠組み



◇花田清輝
明治維新の無血性
花田清輝
   「公家的なものと武家的なもの」
北畠親房と新井白石と勝海舟
公家的な権威による武家的権力の抑制
慈円の非暴力思想「愚管抄」
ますらおぶり と たをやめぶり
武家的なもの と 公家的なもの
 


◇臨死体験
キューブラー・ロス 
   「死ぬ瞬間」1971(1969)
レイモンド・ムーディー
「かいま見られた死後の世界」1977(1975)
ケネス・リング 
「いまわのきわに見る死の世界」1981(1980)
マイケル・セイム
「あの世からの帰還」1986(1982)
スタニスラフ・グロウ クリスティナ・グロウ
「死を越えて 意識の間」(1980)

宗教画 
   - 節の世界への切迫した渇望
臨死体験 蘇生  
    → この世に着地 帰還 再生  
        → あの世へ着地 新軌道
 「日本霊異記」
    → 「断食」






☆「宮本常一さん 教育について」 ③【再掲載 2017.5】

1.jpg

◇子供の世界
  子ども組・子ども宿 
    絶対ルール 
    泣いて帰っても門まで(親は干渉しない)

  逢魔が時 
    逢魔が時には必ず挨拶しなければならない
挨拶がないのは魔物

  月夜の晩の楽しみ
    = 語り物

  教育(宮本)
    子どもの世界の喪失
    「主体性を持った子供の世界がぐんぐん突き崩されていって,
     次第に子供が親に隷属していく形を取り始めた」

  土地・故郷を大切に
    「明治以来の教育というのは,口ではいろいろなことを言って
     いるけれども、そこに住んでいる人たちをその土地からどう
     切り離すかということに終始していた」
     → ◎ 古い文化が消えていく
       ◎ 郷土芸能をカリキュラムに!

  親の働いている姿を見る
    → 生きるということ

  工夫とか創造とかが消えていっている
    → 空想力・想像力を

  子どもの変化
    昔の子  
      どこへおっぽり出されても泣き言は言わない。
    何をしておってもすぐに友達ができる。
 今の子  
      電源一本切られると生きていけない 
       = 一種のかたわ(ママ)
   ◎大切なのは親が子を突き放すこと

  星野哲郎
 子どもの川遊び
    ◎「親が見張りに来るようになったら溺れだした」
   = 子どもの連帯感が事故を防いでいた
nice!(141)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 141

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。