SSブログ

山折哲雄さんはこんなことを ⑥-「死を視ること帰するがごとし」講談社 1995年(1) /「心いっぱいに育て」和田重良 くだかけ舎 1991年 ①【再掲載 2016.5】 [読書記録 宗教]

今日は7月5日、金曜日です。


今回は、「山折哲雄さんはこんなことを」6回目、
「死を視ること帰するがごとし」の紹介 1回目です。


出版社の案内には、

「死がこわくなくなり、気持が楽になる『心の書』。死は『別れ無にあ
らず。自然のふところへ還る、出発のときである。
- 死後や来世に、もうひとつの生があることを…日本人は忘れて
いないか -

 自分の遺体がカマで焼かれて、骨になっている。やがて粉々にくだか
 れ、ごくわずかな肉親や知人によって遠い海の彼方に、あるいは山奥
 の樹木の根元にまかれている。そういう光景を想像してみよう。私の
 骨灰をまいている人びとが、たんに別れを告げているようには、とて
 もみえないのである。むしろ私の最後の大切なものを、自然のふとこ
 ろに返しているようにみえる。私の骨灰をもともとあった場所にそっ
 と戻しているように思うのである。まかれている当の私にしても、山
 や海の自然のなかに融けこんで、生きのこっている人びとと地つづき
 のところに横たわっている感じなのだ。水の流れにそって自分を送っ
 てくれた人びとの足元に漂っているといってもよい。 - 本書より」

とあります。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「食べる物が地上から失せたとき
①他の人間を食べること と ②自分を食べる方法 絶食・断食」


・「海辺に育った日蓮は霊山浄土、山に囲まれた盆地に育った親鸞は海
上浄土を」


・「輪廻転生を信じた『近代』以前の人々」


・「人生は紙おむつから紙おむつ」




もう一つ、再掲載になりますが、和田重良さんの
「心いっぱいに育て」①を載せます。




☆山折哲雄さんはこんなことを ⑥-「死を視ること帰するがごとし」講談社 1995年(1)

1.jpg

◇環境問題の行く末
食べる物が地上から失せたとき
① 他の人間を食べること
② 自分を食べる方法 絶食・断食
  断食の果てに恍惚忘我が
 

◇山へ帰る日蓮・海へ帰る親鸞
海辺に育った日蓮は
   - 霊山浄土
山に囲まれた盆地に育った親鸞は 
   - 海上浄土
 

◇臨死体験
臨死体験は現実体験か脳内体験か?
輪廻転生を信じた「近代」以前の人々
 

◇告知
好きになれない言葉  託宣(たくせん)
告発-告知-告別
   ~ 医学的なものから哲学的なものへ
 

◇年々歳々「半身棺桶」
  山田風太郎「半身棺桶」
人生は紙おむつから紙おむつ
 

◇究極の茶の湯
千利休 最後の茶の湯
「茶の十徳」
杉浦明平「最後の晩餐」村田喜代子「蕨夜行」
    餓死の内容は
 

◇「食人」と「絶食」「死」
絶食の果ての恍惚と忘我
葬儀
   = 涅槃の舞台 
      別れではなく自然の懐に帰っていく
別れの儀式から涅槃の儀式へ
告別式から自然葬へ
 

◇灯火が消える
神代七代 
   独神と成りまして身を隠したまひき
    = 神は死なず  ただ消え去るのみ
涅槃「ニルバーナ」
    = 灯が消える 
    ~ 半眼(奥行きのある世界)
 

◇葬式パフォーマンス
ゴンドラ葬 
  霊肉二元論  
  チベット ラサ 鳥葬
 

◇室生寺
女人高野山
   - 真言密教 
 

◇気
生命 エネルギー
 

◇鎮め→刺激
香 線香・香 ←→ 香水

 





☆「心いっぱいに育て」和田重良 くだかけ舎 1991年 ①【再掲載 2016.5】

1.gif

◇はじめに
神奈川県山北町
「教育意識が生活を潰している」
    よい生活を犠牲にしてのいい暮らし
  生活に必要なのは「工夫と創造」
「くだかけ大学校」の構想
   農作業  
      -「人生科」正座
   同行教育
      - 伊藤隆二 和田重正  情に沿って生きる 
「よくありたいという思い」 
    ◎「よくありたい」を求めて生きる


◇結果はどこに 一心に生きる
焦らなくても
本物の楽しい人生を歩むコツ 
    自分で生活を創造し本物の人生を
力いっぱいやることが一番幸せ
  自然の情 
    K君とJ君
「一心療」 = 疑いをもたない
受け取り合っていく教育  
    手放しで生きる
    表裏、本音と建て前
一生懸命やれなくて損しているのは自分自身
  ◎ 渋々でも泣きながらもやりさえすればそのやった分だけ成
     長している
人間のエネルギー  
    ◎ 使うと、使った分の1.5倍ずつ強くなり、使わないとどん
     どん放電されてしまう


◇あわてない、先取りしない
  やる気のない子と付き合う
親の先取りがやる気を奪う
   = やる気とか欲求が起こる前に親が何か設定してやらせようと
    すると拒絶反応を示す
→ 何もしない
やる気があれば外さない
  自分の実力が発揮できない子は気の利かない子
   自分の実力が十分発揮できる子は気の利く子
  実力がある子は、ここと言うとき、チャンスが巡ってきた
     とき、さっとやれる
実力のない子はここというときだけ休む
     = 受け身姿勢
   本気で勉強させたいと思ったら何もしない


◇言い訳をしない
うまいことをねらわない  
  求めに応じて生きる
nice!(134)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 134

コメント 2

いっぷく

>人生は紙おむつから紙おむつ
まったくその通りです。生まれて人の世話になり、死ぬときも人の世話になる。どんなに威張っている人も最後は弱者となる。それがわかっていない人が多いように思います。
by いっぷく (2024-07-05 22:53) 

ハマコウ

いっぷくさん ありがとうございます。
世話をしてもらうことから始まって、世話をしてもらうことで終わる、それを頭のどこかにしまっておきます。
by ハマコウ (2024-07-06 06:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。