So-net無料ブログ作成

(1)「教育一分話」柴山一郎 学陽書房 2000年 ⑤ (2)「土のいろ」集成 第五巻 42~51号【再掲載】 [読書記録 教育]

今回は、8月25日に続いて、柴山一郎さんの、
「教育一分話」5回目の紹介です。




出版社の案内には、


「《『心の教育』にすぐ活用できる!》『思いやり』『生きる力』『豊かな心』に分けて子ど
 もが他との関わりの中で『心が育つ』130話を収録。子どもが肯定的にとらえて一頁一
 話で簡潔明瞭。学活、道徳、朝会、学年集会、父母会、地域の集会の話材・例話に最適。」


とあります。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味は分からない。」


・「大事をなさんと欲すれば小さな事を怠らず勤むべし」


・「人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。」


・「自己に頼るべし,他人に頼るべからず。」



いかにも、その方らしいと思う言葉です。


もう一つ、再掲載となりますが、古い郷土誌『土のいろ』
(「土のいろ」集成 第五巻 42~51号)を紹介します。
昭和6年から昭和7年の頃のことを知ることができるのは、
先人がこの郷土誌を発行してくれたおかげです。
せっかくの資料、子どもたちに社会科で学習させたいのですが、
残念なことに本年度も社会科を受け持っていません。







勤務校は明日が始業式。
今日は、年休。
平日にしかできないことを済ませておきます。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





(1)「教育一分話」柴山一郎 学陽書房 2000年 ⑤

1.jpg

◇ペスタロッチ 
 
 1747~1827 スイス教育者


 一切合切他人のために。自分のためには何物も。

   自発性・直観・労作の教育方法

 




◇ゲーテ   

 1749~1832


 涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味は分からない。

 



◇二宮尊徳  

 1787~1856


 大事をなさんと欲すれば小さな事を怠らず勤むべし





◇井伊直弼  

 1815~1860


 一期一会
「茶湯一会集」に
  会った時が別れの時 ~ 積極的に豊かな人生を送ろう
 




◇ホイットマン 

 1819~1892 詩人


 寒さに震えた者ほど太陽の暖かさを感じる。


 人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。

 



◇トルストイ 

 1829~1910


 何を為すべきか  
   嘘をつかぬ 自分も有罪 命を守るため自然と闘う

 



◇福沢諭吉  

 1835~1901


 独立自尊

 



◇内村鑑三  

 1861~1930


 自己に頼るべし,他人に頼るべからず。





◇夏目漱石  

 智に働けば角が立つ

 



◇レーニン  

 1870~1924


 嵐は強い樹を育てる





◇フリーチェ 

 1870~1929 ロシア・文学者


 人生は学校である。そこでは幸福より不幸の方が良い教師である。





◇武者小路実篤 

 今が一番大事な時だ,もう一歩。





◇チャップリン 

 1889~1977


 そうだ人生はすばらしい











(2)「土のいろ」集成 第五巻 42~51号【再掲載】

◇第8巻第2号 通刊42号 昭和6.3

□川名のヒヨンドリ 法月敏郎・牧沢宇兵衛 
 
  踏歌のなごり 性の解放
 
  火踊り 毎年2月8日(旧暦は正月八日)



□ 日本左衛門について

 日本左衛門 
   見付中泉本拠 本名浜島庄兵衛 京都出身の浪人








◇第8巻第3・4号 通刊43・44号 昭和6.5

□狐狸表現の史的研究 後藤粛堂  









◇第8巻第5号 通刊45号 昭和6.5 遠州方言研究

□遠州方言の特色 野島角男

① 音韻変化

イ  「アイ」が「エー」
     あの人ぐらいになりたい → あの人ぐれーになりテー

  入れないのか      → へーれネのか

   もう行くまい      → もう行くメー


ロ 「アエ」が「エー」

  おまえはいつ帰ったのだ → おメー,いつケーったのだ


ハ 「エイ」が「エー」

  成功(セーコー) 

       低能(テーノー)


  ニ 「オイ」が「エー」

 面白い(おもしれ) 

       ひどいことををする(ひでーことをする)


ホ 「イエ」が「エー」

  見える(めーる)







◇第8巻第6号 通刊46号 昭和6.8

□木喰上人の遺作について 牧沢宇兵衛 

 日本廻国 56~93歳  
 
 寛政12 奥山 十王堂・観音堂

→ 堀江 - 三方原 - 宮口(十王堂) - 森町(蓮華寺)



□浜松の秋葉神社 山田鉄一

 慶長18年正月建立 武田勝頼退陣に際し秋葉社寺に火
 
  ← 道案内の十坊浄全を別当職に

浜松城に帰った後浄全を召して浜松に勧請



□祭神迦具土神 

 並 御子孫の神々 火を司る神様

稚産霊神 豊受比売神



□防火祭(12月15,16日) 菅粥神事(1月28日) 鎮火祭(2月28日)







◇第8巻第7号 通刊47号 昭和6年9月
 
□蜆塚 後藤粛堂   



□「地名の起源」に就いて  佐藤秀太郎

  周智郡山梨 「御旅所」

月見里はヤマナシ = 山梨
山がないから月を見る里







◇第9巻第1号 通刊48号 昭和7年1月

□松島鶴島並びに四本松の起源 鈴木松陽

 芳川の豪農・鈴木門五左衛門が寛永7年に松島を開発

 寛文7年に開発終了 ~ 高130石 五左右衛門新田   
  ↓

鶴島の開拓



松島・鶴島を領有→豪農 鈴木姓から松島姓に


 松島家第12世が松島簾作 = 国会議員

   → 静岡へ 静岡民有新聞創刊



□四本松・鈴木門左衛門の祖先は四本松の創始者







◇第9巻第2号 通刊49号 昭和7年3月

□つるし地蔵につきて 呑洋生  

 佐久間村藩場字神妻



□遠江輩出の刀剣鍛冶工雑記考  近藤用一



□兼吉の墓に就きて 

 新津・助信地名由来 鈴木泰助


 
□兼吉地蔵尊(兼吉様)

 今より530年前
   関の兼定一派用いた刀鍛冶の大家・志津三郎兼吉

   応永年間・上杉氏が関東に

   志津三郎は備前長船の名家・助信と従軍

    |

  帰途・引馬で病死(今の高岡憲一郎氏方)

助信が草庵-剣匠の祖として祀った



   志津・助信 → 新津(しんづ)・助信(すけのぶ)







◇第9巻第3号 通刊50号 昭和7年5月 遠州方言研究号

□遠州方言研究号  坂元幸次郎,宇波耕作,平松東城

  


nice!(144)  コメント(0) 
共通テーマ:学校