So-net無料ブログ作成

「教育一分話」柴山一郎 学陽書房 ⑨ [読書記録 教育]

「すべて良き書物を読むことは,過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものであ
 る」  デカルト




今回は、9月19日に続いて、柴山一郎さんの、
「教育一分話」9回目の紹介です。




出版社の案内には、


「《『心の教育』にすぐ活用できる!》『思いやり』『生きる力』『豊かな心』に分けて子ど
 もが他との関わりの中で『心が育つ』130話を収録。子どもが肯定的にとらえて一頁一
 話で簡潔明瞭。学活、道徳、朝会、学年集会、父母会、地域の集会の話材・例話に最適。」


とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「明日になれば何とかなる」


・「法律の備わざるところは格言これを補う」


・「読書を廃す,これ自殺なり」







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「教育一分話」柴山一郎 学陽書房 ⑨

1.jpg

◇菊田一夫  
 
 1908~1973

 明日になれば何とかなる

 萩原朔太郎に「人生は苦しくても生きていくんだな」と諭される

 



◇ルソー   

 1712~1778 フランス・思想家

 自然に帰れ

 「エミール」性善説 
   - 堕落した人間を救うには自然に帰ること
 




◇寺田寅彦  

 1878~1935
        
 天災は忘れた頃にやってくる





◇世阿弥   

 1363~1443

 初心忘るべからず

 



◇諺・西洋  

 法律の備わざるところは格言これを補う


 法律の定めのない道徳を守って生活している





◇諺・スペイン 

 ペンは剣よりも強し

 交わる二つのペン - 慶応義塾

 元慶応塾長・小泉信三
ペンのますます強くなることを願い,同時に,筆の濫用を戒めている

 



◇貝原益軒  

 1630~1714

 知って行わざるは,知らざるに同じ

 



◇兼好法師  

 1283~1350

 ひとり灯のもとに文広げて,みぬ代の人を友にするぞこよなう慰むわざなる

 



◇デカルト  

 1596~1650 フランス


 すべて良き書物を読むことは,過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものであ
 る

 



◇シュリーマン 

 1822~1890


 ホメロスなくしてトロヤなし

 



◇内村鑑三  

 書を読まざる日は損失の日なり

 



◇国木田独歩 

 1871~1908


 読書を廃す,これ自殺なり
  

 3つの効用(読書) 
   ① 著者との対話

② いつでもどこでも相手いらず

   ③ 顔が引き締まって美しくなる

nice!(147)  コメント(2)