SSブログ

キーワード「新津」⑲-「ふるさと新津」新津婦人学級 昭和57年3月5日発行(4) / 『灯し続けることば』大村はま 小学館 ⑥ 2004年【再掲載 2012.6】 [読書記録 郷土]

今回は、11月25日に続いて、わたしの教育ノートから、
キーワード「新津」19回目の紹介です。

新津婦人学級による「ふるさと新津」3回目の紹介です。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「道幅12尺(3.6m)当時6尺が基本」
- 道理で、少し入ると幅2mくらいの狭い道が多いはずです。


・「倉松は浜松藩ではない = 罪人,思想犯,政治犯が隠れやすい」 
- 江戸時代、倉松は大沢藩であり、飛び地のようになっていました。
  犯罪者が逃げやすい場所だったと言われています。


・「 明応7(1498)年8月大津波 この津浪で枯れた大松が所々に残る」
- この津波で新津地区は大きな被害を受け、住めなくなったと言われています。
  そのときの名残でしょうか、少し強い雨が降ると、畑に土器片が浮いた状態になって
 いるのを、しばしば見かけます。   





もう一つ、再掲載となりますが、大村はまさんの
「灯し続けることば」⑥を載せます。
「上手にやりなさい」と言って上手になるなら、そんなに楽なことはありません。
「いじめはしないように」と言っていじめはなくなりません。
どのように言えばよいのか、教員として考える必要があります。


一昨日も、昨日に続いて午前中、充電式バリカン・ノコギリを使って生け垣を刈りました。
西側の一列をざっとやりました。わたしが刈って、妻が片付けをしてくれました。
農業用コンテナ10杯分くらいになり、
浜松の「みどりのリサイクル」収集所に持ち込みました。
少しすっきりしました。まだ上部に、前回手を抜いたための大きな枝が残っています。
また、内側も。来週、頑張ります。右腕に湿布、明日、楽になることを願っています。
DSC_0675.JPGDSC_0677.JPGDSC_0674.JPG


<浜松のオリーブ園>
浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト




☆子供たちの学習に
文部科学省の
「子供の学び応援サイト(臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト)」




ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆キーワード「新津」⑲-「ふるさと新津」新津婦人学級 昭和57年3月5日発行(4)

◇新津の人々の暮らし(2)

3.暮らしの発達

(1)電燈

  浜松 - 明治28(1985)年10月石炭・火力発電 480燈


  新津 - 大正3(1914)年4月22日より点燈


  大正5・6年には一般家庭にも普及
一燈 5燭(6~7ワット)か10燭(12~13ワット)

それまでは石油ランプ





(2)電話

  浜松 - 明治41(1908)年3月


  新津 - 大正7(1918)年開通-織物家


  昭和9(1934)年増楽局

  昭和39(1964)年有線電話 新津地区1183戸

  昭和45,46(1970)年頃から公社電話の普及





(3)道路

 □県道竜洋舞阪線(掛舞線)

   古くから大切 大正中期まで「篠原掛塚往還」

大正9(1920)年浜名郡道篠原掛塚線改良工事(~昭和4年)

   道幅12尺(3.6m)当時6尺が基本


 □浜松米津浜線

   昭和4(1929)年高射砲第一連隊 射撃場が米津浜

新道を作った - 高射砲道路


 □国道一号浜松バイパス

   昭和44(1969)年




(4)乗合自動車

   大正12(1923)年浜松市内に乗合自動車


    新津地区 昭和初 山内蒙斎医院までの「野崎行き」

 
   昭和5・6年 「倉松行き」

   夏の間だけ「米津浜行き」
海水浴客でにぎわった

しかし,運賃が高く皆歩いていった








◇町名の由来

1.新橋町  

  沼田池~高塚池 蓮田
 その間の瓢箪型に沼地がくびれたところに橋を架けた

 それを里人が「新橋」と呼んだ
 

  鎌倉時代より「新橋」郷 
    一部は野崎村




2.小沢渡町

  高塚池 明治30年
     「東西23丁,南北4丁,周囲1里18丁,面積56町2反」
(1丁は約109m)

  昭和10年 海軍4発飛行艇が不時着

  ※ 町の北側に小さな沢が多かったところから「小さな沢を渡る」




3.米津町

「遠江風土記伝」内山真龍

  米津に漁猟場  
    餘祢津(湊=港)舟溜まり

「米=砂。津は船出入り物質集積するところ」

= 砂浜に囲まれている港 加藤鎮毅


  土地の人は米の集積場 戦国末期より




4.倉松町

  堀江藩 大沢家 旗本「高家」
    吉良家と同じ
明治時代 華族


  倉松の庄屋
   名主代官 苗字帯刀が許され 年貢を取り立て納めた

年貢米を入れる百俵倉が松林の中にあった → 倉松
         

  ※ 倉松 浜松藩ではない

   = 罪人,思想犯,政治犯が隠れやすい

・井上藩の賄役 大原要之進の話

・上杉の倉松十番斬りの話


 鎌倉期 北野神社文書 「鞍松」郷 蔵松も
「永禄12(1569)年大沢高家(基胤)の身寄りの話である。堀江村の彦右衛門が一
   族と共に,そのころ大津波により廃村同様になっていた倉松に移り住んだ。」

           ↓

  ※ 下位彦右衛門が土地開発 しばらくは「彦右衛門新田」


昔の名前通り公式に大沢高家より「倉松村」


 『下位家過去帳』
「正徳6(1716)年下位彦兵衛,茂右衛門が南海沿芝地を切り開き,個々に新田を
    開発す」
 
    彦右衛門から150年後



[新田開発]
親村の倉松 - 内方平野面

  子村 倉松新田 海岸方向に発達して漁業化

     浜蔵新田,野分新田,沖新田,沖新新田


  本田から新田が派生 - 密接な関係

    <山村,中村,水野,下位>姓  親戚関係

          |

  ◎慶応元(1685)年 村入用帳

「6日山崎渡船新居宿渡船…」

渡海のため助船を供出




5.堤町

  最初の防波堤が築かれたところ

  堤千軒 ~ 千間の堤


  延宝8(1660)年 家22軒,村高24石


  明応7(1498)年8月大津波

 ※ この津浪で枯れた大松が所々に残る

  - 一直線・昔の地図
    
    一昔前までは殆どの屋敷が1m程の土手に囲まれ竹やぶに覆われていた

   = 天竜川の洪水,地震津波に備えて




6.田尻町

  田の尻

現在3か所に分断 = 馬込川が天竜本流だった頃の地形の複雑性




7.法枝町

  3か所に分断

  法枝
   法 = 仏法    → 仏教が栄えたところか?




8.卸本町

  従業員に募集















☆『灯し続けることば』大村はま 小学館 ⑥ 2004年【再掲載 2012.6

1.jpg


◇「裾を持ちなさい」

 子どものころ、私たちは夏には浴衣を着て寝ました。


 朝、その浴衣をそのままにしておいてはいけません。


 畳んで置いておくのですが、私はいくらやってもきちんと畳めませんでした。


「もう少しきちんとしなさい」


と言われないように、四苦八苦していたんです。



 でも、どうやってもうまくいかなかったときに、通りがかった母が、一言

「裾を持ちなさい」

と声をかけてくれました。


 浴衣には両脇にわき縫いというのがあります。


 そこの裾を持ってから肩のほうを持つと、ぴ-んと長方形になります。


 裾を持たずに上だけ持っても、だらしなく斜めになるだけです。


 母のこの一言で、たちまち私は、浴衣をきれいにきちんと畳めるようになりました。





 教師になって、私は子どもたちに 「ああしなさい、こうしなさい」という立場になり
ました。


 そのとき、私は

「きちんと畳みなさい」

と言うのではなく、

「裾を持ちなさい」

と言える教師でありたいと思っていました。


「姿勢をよくしなさい」

「よく読みなさい」

と言うのではなくて、自然にそうなっていくようにするのです。


 姿勢をよくしなければならないのなら、自然にそうなるような一言をかけたい。

「きちんと畳みなさい」

は、棘のあるような、人を責めるような言い方ですし、では、どうすればいいのと言いた
くなります。

 でも

「裾を持ちなさい」

と言われたら、誰だって裾ぐらい持てますし、そして確実にきれいにきちんと畳めます。



 小言でなく、具体的で必ず成功できることを適切に指示できてこそ、教師ではないかな
と思いつつ暮らしてきました。

nice!(161)  コメント(0) 

「もう一度読みたい子どものための文学」西本鶏介 ポプラ社 2014年 ② / 「死にゆく者からの言葉」鈴木秀子 文藝春秋 1993年 ①【再掲載 2014.12】 [読書記録 教育]

今回は、11月26日に続いて、西本鶏介さんの
「もう一度読みたい子どものための文学」の紹介 2回目です。





出版社の案内には、

「『母子の愛憎』『動物への愛』『子どものユートピア』『探偵小説のヒーロー』など、そ
 のテーマにふれた内外の作品を二点ずつとりあげ、比較対照的に解説。異なる時代や環
 境で描かれた作品の本質から、人間らしく生きることの意味を考える。」


とあります。



大人が読んでも楽しめます。






もう一つ、再掲載となりますが、鈴木秀子さんの、
「死にゆく者からの言葉」①を載せます。
鈴木さんが臨死体験にあったことをもとに書かれた本です。
わたしは、「人生の仲よし時間」があるように思います。あってほしいと思います。






昨日は、午前中、充電式バリカンを使って生け垣を刈りました。
農村地区ですから、まわりの家も3mくらいの槇の木に囲まれています。
隣の家の作業と重なってしまいました。やり方を教えていただきました。
去年、少し頑張ったので、時間は少しだけ短縮したました。
まだまだ終わりません。今日も頑張りますが、来週末も頑張らないといけません。
DSC_0669.JPGDSC_0668.JPG



<浜松のオリーブ園>
浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





☆子供たちの学習に
文部科学省の
「子供の学び応援サイト(臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト)」




ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。





☆「もう一度読みたい子どものための文学」西本鶏介 ポプラ社 2014年 ②

1.jpg

□「100万回いきたねこ」佐野洋子 講談社

   100万回死んで100万回生きたねこ 

   ねこは1回も泣かなかった
   
   誰のために生きるのか 夫婦の物語





□「おおきな木」シェル・シルヴァスタイン 村上春樹訳

   木が語り気に語り掛ける物語

   一本のリンゴの木と少年





□「おかあさんの木」大川悦生 箕田源二郎 ポプラポケット文庫
   
  木に語る母の慈しみの心 現代民話
  
  お母さんにとっては、みんながかけがえのない存在





□「ラヴ・ユー・フォエバー」ロバート・マンチ 岩崎書店
   
  米国のベストセラー
  
  子供に読み聞かせる前に、まずは自分の母のことを思い出してほしい





□「きつねのでんわボックス」戸田和代 たかすかすみ 金の星社

   わが子を失った母の悲しみ

   どんなに小さなことでも子供の喜びは母の喜び





□「木を植えた男」ジャン・ジオノ フレデリック・パック あすなろ書房
   
  まことの聖者の不屈の姿  

  1913年フランス プロヴァンス地方で出会ったエル・セアール・ブフェ

  「ただのんびり過ごすより何かためになる仕事をしたい」





□「虔十公園林」宮沢賢治 伊藤亘 偕成社
   
  デクノボウと呼ばれた人間が、素晴らしい自然と徳をつくりあげた





□「ナゲキバト」ラリー・バークタル 片岡しのぶ訳 あすなろ書房

  祖父に引き取られた二人の暮らし





□「西の魔女が死んだ」梨木香歩 小学館

  魔女修行の時間割 

  不登校の少女が自分を取り戻す





□「スーホの白い馬」大塚勇三 赤羽末吉 福音館書店
   
  人と動物が寄り添い支えあう物語

  馬頭琴





□「ねこのゴンサ」石倉欣二 ポプラ社
   
  ねこのゴンサのやさしさ

  お互い支えあう心からの仲間











☆「死にゆく者からの言葉」鈴木秀子 文藝春秋 1993年 ①【再掲載 2014.12】

1.jpg

◇生命との出会い

□「仲良し時間」
 
 24時間前後。近付いている病人が元気を取り戻し、あたかも回復したかと思われると
きがあります。
 その間に病人はし残したり、言い残したり、したいと思っていたことを為し遂げること
があるのです(大学医学部教授)

    (「回光反照」中国)


 ・ ロウソクが燃え尽きる寸前大きく炎が燃え上がる



 ・ 墜落していく飛行機は低旋回を繰り返した後、一度急上昇し、力尽きたように下降
  すると言われている



※「すっかり元気になったような時間」



□生命そのものの光(奈良での体験)

光は命の充満 = 愛の極致、至福



◎ 大切なのは「愛すること」(慈愛)と「知ること」(叡智)
             



 ◎ムーディ 「光に出会った人は特別な超自然な力をもらう」


   神学者 シュメオン(949~1023)



□死にゆく者の心(ドクター メリー・カリー)

 家族へのいたわり 

 家族にあるがままを話したい



 ◎不和の者との仲直り

彼等が求めるものは自分の心を安心して打ち明けられる家族以外の人

  = あるがままに受け止めてくれる人
 


□「光に出会った人は特別な自然の力をもらう」

 光との出会い → 人生観・価値観に大きな変化






◇故郷の母

□津軽・大原紫苑さん
   
 ~ 人生を模索している人を預かる


 
□友人が夫を亡くした 
   
「病院は医学の名の下に安らかに死ぬことを妨げている」


 
□大原紫苑の生き方


 
□カナダ人司祭の言葉
 
「奉仕のない人生は意味がありません。奉仕には犠牲が伴います。犠牲の伴わない奉仕は
 真の奉仕ではありません。犠牲とは自分にとって大切なものを相手に差し出すことです」
   
              ∥

 ◎<自分が人のために与えることのできる大切なものは何か>    



紫苑さん = 家の開放
   

 
□腰を据えて話を聞く

 でんとすわって心で受けとめて聴く



◎ 判断や批判は一切なく親身でその人の立場になって心をきめて聴く



 ◎ 自分に正直になり自分で答えを出す



 ◎ 自分で出した答えに「そうなんです」


 
□料理

「旬の物を手作りで心を込めて手を掛けて手早く」
<常にご飯と漬け物>


 
□「その人は必ずよくなると10年信頼し続ければきっとよくなる」



nice!(176)  コメント(0)