SSブログ

「こうして彼らは不登校から翔びたった」比嘉昇 ウェッジ 2011年 ②(後半) /「自分を磨く読書術」ハイブロー武蔵 2007年 ② 【再掲載 2013.6】 [読書記録 教育]

今回は、11月26日に続いて比嘉昇さんの
「こうして彼らは不登校から翔びたった」2回目(後半)の紹介です。


今回も目次のような要約になってしまった。あああとため息。


出版社の著者紹介には

「信じる、待つ、愛する−。フリースクールで10年間見守ってきた不登校の
 子どもたちとの心の交流を綴る。月刊誌『ウェッジ』連載の『子どもは変わ
 る大人も変わる』をもとに再編集。」
 
とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「『冬』の語源は『殖ゆ』」


・「大人は子どもの時間泥棒」


・「丸ごと認めることが愛情の原点。保健室の養護教諭はテストしない、相対
評価しない」


・「『戦争とはあなたの愛する人が死ぬと言うこと』美輪明宏」


・「日本の親子、捨てたものじゃない」




もう一つ、再掲載になりますが、ハイブロー武蔵さんの
「自分を磨く読書術」②を載せます。
自分の自由になる半日があるにもかかわらず、
畑作業、片付け等に追われて読書の時間が少なくなってしまっています。
確保する工夫を考えます。まずは、隙間読書から。




<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。





☆「こうして彼らは不登校から翔びたった」比嘉昇 ウェッジ 2011年 ②(後半)

1.jpg

◇第2章 待つ

□久美の冬、久美の春
「冬」の語源は「殖ゆ」


□大人の建前と子どもの本音


□今日はここまでできればいい


□大人は子どもの時間泥棒
「人は人なか 木は木なか」


□宿題は「テレビを見ないこと」


□押さえつけられても生きる力は育たない


□焦らなくていい 時間という未来がある


□子どもの教育は投資じゃない
   人的な「投資対象」としてとらえているのか? 


□仲介役から卒業した美帆


□二人の教え子の結婚式



◇第3章 愛する

□朋玄は「わが家の居候」


□丸ごと認めることが愛情の原点
保健室 ~ 養護教諭はテストしない 相対評価しない


□駿が抱いた小さな夢


□食欲は生きる意欲


□聖平を支えた「食べるなアカン」


□働くことの意味って


□高校生だから抱く疑問


□子どもたちに誓う「命こそ宝」


□人を死に追いやる日本の現実


□平和な社会へ、大人たちの責任
「戦争とはあなたの愛する人が死ぬと言うこと」
『戦争と平和愛のメッセージ』美輪明宏 岩波書店


□親の過剰なコントロール


□外で遊べよ子どもたち


□夏休みだからできること


□井村コーチは明るく厳しく


□欲求は子どもが生きる源


□忘れちゃいけない感謝の気持ち


□損得なしに生きる人たち
  「教員駆け込み寺・大阪」


□歴史を暗記科目にしないでほしい


□ねじれて親子関係


□愛情の確かなバトンタッチ


□日本の親子、捨てたものじゃない

※月刊「ウエッジ」 






☆「自分を磨く読書術」ハイブロー武蔵 2007年 ② 【再掲載 2013.6】

[出版社の案内]
人は本で変われる。芽が出る人、成長する人、花を咲かせる人になる。
ハイブロー流読書指導。
1.jpg

◇人間関係によく効く読書

真にいい男,いい女になる 
  藤沢周平『蝉しぐれ』
相手が喜ぶのがうれしい…という大原則


つき合っている人と,読んでいる本で,その人が見える


つき合う異性が自分の品格を決める


本好きの明るい女性が人を伸ばす


恋する人の存在が人を伸ばす
  「思いの強さ + あきらめない実践力」
  広瀬武夫

キャプテン・ジャック・スパロウの魅力


華やかに見える人ほど,辛いことも多いことを知る 
小林勇『人はさびしき』




◇視野を広げ心を大きくする読書

読書が国を支える 読書力は国力である 
  スマイルズ『自助論』(『西国立志篇』)  
   福沢諭吉『学問のすすめ』


 文化の敵
   「文筆家というのは文章の持つ温かい力を信じる人種」村上春樹
   アリさんと同じ人生でいいのか  
   神谷美恵子『生きがいについて』


 読書量を誇る人になってはならない


 平凡の繰り返しが非凡になる
  森信三
    「一日読書を怠ると一日分人間がダメになる」
門田隆将『甲子園への遺言』
  伝説の打撃コーチ 高畠氏 「平凡の繰り返しが非凡になる」
58歳で教育実習 - 福岡県・筑紫台高校
高畠さんが考える伸びる人の共通点
① 素直であること
② 好奇心旺盛であること
③ 忍耐力があり,あきらめないこと
④ 準備を怠らないこと
⑤ 几帳面であること
⑥ 気配りができること
⑦ 夢を持ち,目標を高く設定することができること
  

 <旅+読書>が人の器を大きくする


 日記と手紙を書こう 
  「気まま日記」


 挫折を知る人の読書はひと味違う





◇人生に勇気と愛を

  好きな人を励まし,社会を元気づけよ


 失えばそれに見合ったパワーが生まれる。それをどう生かしていくかが
 問題だ
  北方謙三『水滸伝』  
  『風と共に去りぬ』 


 自分を愛すこと,人を愛すること,そして読書すること


 人生を支える本 ブックガイド
松下幸之助『道をひらく』  
   フランクリン『フランクリン自伝』
武者小路実篤『愛と死』『友情』 
   藤沢周平『蝉しぐれ』 
   ソロ『森の生活』
カーター『リトル・トリー』 
   山本常朝『葉隠し』 
   隆慶一郎『死ぬることと見つけたり』 
  

 司馬遼太郎『龍馬がゆく』
勝海舟


◇ハイブロー武蔵 1954福岡生

nice!(142)  コメント(0)