SSブログ

「プロ親になる」親野智可等 宝島社 2005年 ⑥(最終) /「土のいろ」集成 第十一巻 101~106号 ②(後半)【再掲載 2016.9】 [読書記録 教育]

今回は、4月23日に続いて、親野智可等さんの
「プロ親になる」紹介の6回目 最終です。


親野智可等さんはもともとは静岡県の小学校の先生でした。


出版社の紹介には

「子供を伸ばす親の総合力を『親力』と呼んでいます。例えば、子供を愛し、
 受け入れ、褒めて、伸ばしてやる力です。または、子供によい環境を作って
 やったり、楽勉をプロデュースしたりする力です。この本では、皆さんの親
 力をさらにパワーアップさせるための発想、アイディア、テクニックなどを
 紹介しています。」
 
とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「それぞれの事情の中で精一杯子どもへの配慮をしてくださいそれぞれの事
情の中で精一杯子どもへの配慮をしてください」


・「子どもが伸びていなければ意味が無い。51%主義とは努力の放棄ではなく
結果の委任である」


・「結局は成功も失敗もないと知りながらそれでも頑張るのが人間の定めであ
り本能でもある。」


・「愛情こそが命を引き継ぐための絶対条件である。親子関係は命のリレーで
あり愛情のリレーである」



もう一つ、再掲載になりますが、古くからからの郷土誌
「土のいろ」集成 第十一巻 101号~106号 ②(後半)を載せます。



<浜松のオリーブ園>
浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆「プロ親になる」親野智可等 宝島社 2005年 ⑥(最終)

1.jpg

◇子育てを楽しむために(2)
  
□親力76 
  それぞれの事情の中で子どもに向ける時間を増やす努力を
親にとっていちばん大切なこと
それぞれの事情の中で精一杯子どもへの配慮をしてください

◎ 子育ての後始末は大変


□親力77 
  自分の子どもだけ幸せにすることはできない
二極化する社会の中で
子どもが引き継ぐ親の価値観

  
□親力78 
  「親力」を読むことの弊害は?
子育て情報に接するときに起こること
◎ 完璧な子育てなどあり得ない

  
□親力79 
  51%主義で気楽になる 
「60%できたら大成功という気持ちが必要」
  「51%」の意味するもの
教育で結果を求めるとき、それは「子どもが」どれだけ伸びたか
     ということを問われる
= 主語は子ども
子どもが伸びていなければ意味が無い
 心の中で起こる変化
51%主義 
         努力の放棄ではなく「結果の委任」

◎ 何事も思うようにはならない


□親力80 
  子育ては本当のところ何が成功で何が失敗か誰にもわからない
失敗は成功に、成功は失敗に

◎ 本当の本当は人生には成功も失敗もない

◎ 結局は成功も失敗もないと知りながらそれでも頑張るのが人間の
     定めであり本能でもある。



◇おわりに
親子 
   - 愛情のリレー
     ◎ 愛情こそが命を引き継ぐための絶対条件
     命のリレー = 愛情のリレー     

  プロ親になるためにも勉強が必要



◇親野智可等
1958年生 
  本名・杉山桂一 23年間現役教師








☆「土のいろ」集成 第十一巻 101~106号 ②(後半)【再掲載 2016.9】



[土のいろ集成-浜松文化遺産デジタルアーカイブより]
戦前の大正13年(1924)に創刊され、戦争中の一時期の中断を経て、戦後の昭
和43年まで続いた郷土誌『土のいろ』全114冊(『浜松市史』四 第三章第九
節第六項参照)を、全て翻刻(原本はガリ版刷)した『土のいろ集成』全12巻の
刊行が開始されたのは昭和56年のことである。ひくまの出版により足掛け八
年にわたるこの大事業が完結するのは昭和63年(別巻と索引の刊行は平成3年)
のことであるが、全国に誇り得る郷土誌『土のいろ』の翻刻を企画したとこ
ろに同社の姿勢が表れており、この出版の意味は大きい。刊行に当たっては
土のいろ集成刊行会が作られたが、メンバー六人の中に同社顧問の那須田稔
も加わった。

1.jpg

◇復刊第22号 通刊105号 昭和39年1月
  
□浜松・金原氏の起こり  小山正 
蒲の庄  
    藤原静並が越後から国司役人として3番目 大像(だいしょう)開拓

  伊勢神宮をお祀り
     → 神宮領に捧げた 
     = 蒲の御厨(みくり)
  24郷→43か村(寛政期)
 金原将監晴時
      金原法橋(寺の住職)が領主に

   鎌倉期 
    ・朝廷からの役人(国司)の治めている国に守護
・私有地の庄園には地頭

  蒲庄に遠藤氏来る 
      ※遠江の藤原 = 遠藤 1185~1300年頃
鎌倉武士 本拠屋敷は鎌倉
任地には第二の屋敷                       ↓     
    遠藤氏の次に金原晴時
      1300~1580年頃

   金原法橋 「妙恩寺略縁起」
  大野の政清の子供 
       下総国金原大宮の別当職
→ 鎌倉期に抜擢され遠州に
  知行1万8千石 28か村領す 左近将監

     家康入城の翌年 
       台場に新居 
        → 帰農 庄屋や神官


□蜆塚発掘調査の総まとめ 鈴木謹一
  

□大手前から成子坂まで  須部弥一郎 
大手前 
     元城小学校(現在は統合されて中部学園)前 
     伊勢屋文具店,川瀬文明堂,松柏堂文具店
榎木町  
     大木屋,山本屋呉服店,木綿屋洋服店,道惣金物店
連尺   
     谷島屋書店,文泉堂,鴻池屋
大手前  
     山口屋菓子店,伝馬町巌邑堂
  

□子供の遊戯抄 小池誠二 
てんつば,おたたき,あなどち,ギッコンバッタン



◇復刊第23号 通刊106号  昭和39年5月
  
□「麁玉」「伎部」私考(1)  山口直蔵 
麁玉川 
     「和名抄」937年
     麁玉郡中の郷名 
       三宅・碧田・赤狭・霜田
 豊田郡    長上郡
          
   内山真龍
     「遠江国風土記伝」(1799年完成)
       浜北市宮口付近に池 
       - ここから発する麁玉河が積志村を貫通して市街地の東と
        芳川に
     「大池」有宮口南。囲凡十五町。今有玉川源地
            ↓
   ◎ 麁玉河は現天龍川と断定したい
  |
   「更級日記」1059年「天ちう」
      賀茂真淵 「天の中川」
           
   天龍川
     ~ かつては小さい幾条かの川の集合したものか?
  嘉応3年には「天龍川」
       この川を統合した名前?
 

   ◎ 源光行の「海道記」には天龍川が天中川とある

   「続日本紀」
      霊亀元年五月遠江国地震山崩麁玉河水為不流潰没
    敷知・長下・石田三郷 715年

 長下 
    → 709年長田郡を長上郡と長下郡に二分
  

□伎部  
   古語の上で「伎」= 城・柵・綺
   東国は遠江より以東(大化の改新)       
 源平 
     鎌倉時代まで館の形
   関東
     早くから仏教と高麗・百済人を多量に移して文化と宗教を植え続けている

  ◎ 古代の為政者は平和を理想として文化国家に基盤をおいた政治
      = 武力的な威圧はない 
        仏法による統治

◎ 理想政治
      城の必要をいれていない
   諸国には常備兵はいなかった 
 九州・奥羽地方の整備以外は城がなかった
  

□やいかがしもそうそう  川見駒太郎 
やいかがし(焼嗅)
     節分の夜,鰯の頭,葱などを焼いて串に刺し戸口や窓の外側にさす
    こと
= 追儺式,おにやらい

   やいかがしの転化が「かかし」
  

□参遠ところどころ 須藤功
  

□大手前から成子坂まで  須部弥一郎 
駅前
     大米屋旅館 花屋旅館 池谷鰻店
   遠州銀行(当時西遠銀行) 山葉オルガン工場
  大安寺下  
     市川写真館-瀬堂凧店
   肴町 
     松作商店・間淵屋酒店・植村屋紙店・澤木麻店 名物=長谷川餅
   鍛冶町通り 
     丸八陶器店

◎「遠州浜松、広いようで狭い。横に車が二丁立たぬ」

   北側 
     小松屋・国領屋の商人宿
   金井屋呉服店  丸三洋品店
     木吉屋商店 
       浜松隋一の金融業-借家千軒
     殿岡 ぬいや  新若森-下駄店  松月菓子店
    都築商店 豊富な青果店


□郵便こぼれ話  鈴木犀十郎


□庚申講偶感  袴田鷹邨

nice!(133)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

鷲田小彌太さんはこんなことを 37-「大学教授になる方法」PHP文庫 1995年(2) /「こころの目で見る」鈴木秀子 清流出版 2004年 ⑥【再掲載 2016.4】 [読書記録 一般]

今回は、4月15日に続いてわたしの読書ノートから、
「鷲田小彌太さんはこんなことを」37回目、
「大学教授になる方法」の紹介2回目です。



出版社の案内には

「医者や弁護士と違い、大学教授になるのに資格はいらない。しかも『知的』
な活動を行ない、その地位が特権的に保証されており、社会的評価も極めて
 高い。そんな職業に誰もが就けるとしたら…。本書はそれを実現するための
最短のパスポート。偏差値50前後の人なら、方法さえ間違わなければ誰で
もなれることを様々な実例で紹介。いままで誰も書かなかった異色の就職・
転職ガイダンス。」

とあります。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「大学教授は無資格の世界で様々なコースがある。教員の資格はあるが一定
の目安。特例措置があるから」


・「普通コースは研究者養成機関を経る。大学院博士課程を出てから」


・「中級コースは修士課程を出てから」


・「特殊コースは大学を出てから助手から」


・「超特殊コースは大学を出なくて大学教授になることも。ただし優れた才能
が必要。牧野富太郎さんのような」



もう一つ、再掲載になりますが、鈴木秀子さんの
「こころの目で見る」⑥を載せます。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆鷲田小彌太さんはこんなことを 37-「大学教授になる方法」PHP文庫 1995年(2)

1.gif


◇無資格の世界
様々なコース
    - 「大学設置基準」教員の資格はあるが一定の目安
第13条6・7項の規定 = 特例措置


  ①「普通」コース - 研究者養成機関を経る
大学院博士課程を出る
大学教員
         - 研究室と研究費
           = 義務
小中高教員
         - 研究は要求されていない
           ~ 恣意的自主的行為
研究者養成課程
         - 大学院 前期3年後期3年
アクセサリーとしておいてあるところが多い
                        (修士のみ)
  
     二外国の試験にパスする
大学院試験 
         卒論と語学(二外国語),専門の小論文
一 外国語の試験にパスする
   外国語のダメな者は外国の大学院を出ると良い
高校時からの外国留学
           - 大学院修了
           → 卵と認められる


  ②「中級」コース
修士課程を出る 
       教育学部教員に多い

     語学教授になる
      - 研究的機能を小さくする

     外国大学の修士課程を出る

     アクセサリー的大学院を出る


  ③「特殊」コース
大学を出てから助手から始める
助手
        ~ 制度上授業を持たなくても良い
教育活動を免除されている
職務=「雑務」研究と事務
研究助手と事務助手


  ④「超特殊」コース
大学を出なくて大学教授になる 
       ~ 才能が必要

     牧野富太郎 
       小学校中退で独学
東大植物研究所に出入り
        → 助手
        → 講師に

 

◇審査対象のない世界
  審査対象 
    学歴,教育歴,研究歴,研究論文(オリジナリティ)等
その他 以上は「建前」部分

教職課程,教員養成課程
実際小中高現場で教えていたり学校管理行政に携わっていたりし
たことが審査対象の決定的ポイント

◎ 校長あがり,教委あがりの大学院教授は案外に多い
審査対象の重要部分 年齢・性別・人柄

  助手になる 
   - 教育歴・研究歴もいらない
研究助手 
       身分は文部教官ないしは専任教員

研究活動が保証 
         研究室や研究費が支給される

最近は「任期制」も
在任中に研究業績を上げれば,専任講師,助教授等への昇
        格も大いに可能

     事務助手
       助手 事務から研究への移行

学歴だけが審査対象

◎ 大学教授になれる最も確実で効率的な道は助手


  非常勤講師になる
身分保証はなく報酬も安く研究費〇に近い
→ しかし立派なキャリアーが着く
「資格」は「教えることができる」のみ
職業としての非常勤講師
遊技的活動としての非常勤講師
専任教師になる
研究論文 専任講師で一本
助 教 授で三本
教  授で五本 が最低限
※ しかし,論文の内容がいい加減でも通っている人がいる








☆「こころの目で見る」鈴木秀子 清流出版 2004年 ⑥【再掲載 2016.4】

1.JPG

◇死にたがる人たちの人間学
  
□増え続ける自殺と鬱病の相関関係 
  「こころのかぜ」 
    ~ 鬱病   
       今や数百万人、完璧主義の人に多い

   自殺者の増加 
    ~ 目に見えるドゥーイングの世界、競争の世界に偏り過ぎた日本の今


□芸術作品は苦しさの表現法でもある


□川端康成の名作「伊豆の踊子」に見る青年の心の成長
   自我の確立


□あるがままの自分を受け入れる 
   人間として成長する上でどうしても必要なのが他者


□「回心」するという大切なこと
 仏教    - 改心
  キリスト教 - 回心 「こころを回す」
自殺
     ~ 「自分はダメ」「他者もダメ」分裂
  どれもが自分にとって目に見えない財産


□起こったことには必ず意味がある
「起こることには必ず意味がある」
    - 自分を活かすことが他者を活かすことだ
キリスト
    「苦しんでいる人,泣く人は幸いだ。慰められるだろう。」

◎ 人は苦しみを通して人に貢献することができる



◇人を殺すと言うことはどういうことか

□都合の悪いことはすべて消してしまいたいというこころ
なぜ人を傷つけてまで自分の弱さを認めたくない

   「一人一人の人間の尊厳の大切さ」の自覚のなさ
   ドゥーイングの世界には平等は何一つない
      ~ 小さい頃から学力,容姿,家柄などを互いに比べ合い何で
        も優劣が生じる世界
   ∥
  ◎ 競争心が生まれ,勝つことだけに力を注ぎすぎると負けたとき
      に強い挫折感を味わうことになり,自分にも他者に対しても否定
      的になっていく。  


□人を殺すことは自分自身を殺すこと
  殺人は,自分自身の人間性を殺す行為であり,人を殺せば自分自身も殺
  すことになる。
手 - 指の付け根から指先が見える世界
  手のひらの裏が見えない世界
すべてを貫く太い骨が「愛」そして「今」という心棒

  平等 
    = 誰もが見えない部分から愛という果実をもらって活かされている

   ビィーイングとドゥーイング
   車輪
      ・中心部分は回っているけれど遠目からは静止している
・回転する部分
        動く部分と不動の部分を連結させバランス取り

   聖書 
    「全人類はキリスト教を頭にした一つの体である」  


□聖書の「盲人を癒す」から学ぶ 
   イエスによって目を開けてもらった青年


□欲にかられた人は「こころの盲人」である
障害や病気 … イエス「神の業がこの人の上にあらわれるため」

   ◎ わたしたちは単にモノを豊かにするため生きているのではありま
    せん。人生を活かすためにモノを使う。


□人間性を大切にした生き方とは?
「姦通の女」
     -「あなたがたのうち罪のない者が,まずこの女に石を投げなさい」  
   ◎ 人間性を大切にする人たちが一人でも増えていけば,ドゥーイング
    に偏りかけたこの世の中も自然と浄化され,よりよい方向に導かれる。

nice!(137)  コメント(0) 
共通テーマ:学校