SSブログ

樋口清之さんはこんなことを⑥-「日本人はなぜ水に流したがるのか」 MG出版 1988年(2) / 池田潔「自由と規律」 岩波新書 1963年 ②【再掲載 2017.3】 [読書記録 歴史]

今日は5月2日、木曜日です。


今回は、4月20日に続いて「樋口清之さんはこんなことを」6回目、
「日本人はなぜ水に流したがるのか」の紹介 2回目です。


30年以上前の本ですが、要約を見直しても新鮮に感じます。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「米は多収穫性であり籾殻を付けたままなら栄養価半減まで10年かか
  る。数十年間食用可能であり米は財産、貨幣の役目を果たしていた」


・「村八分には禊ぎの意味もあった。村人集合の祝い事、助け合いについ
ては、火事と葬式以外は断った。それは一定期間であり、その後改心
して村八分を解くようお願いし金や土地を納め、わび入れ(労役奉仕
も)を行えば解かれた」


・「派閥は水権利を守る共同体に似ている。各川で独自の共同体が派生
(支流)した。反対者が出ては困るからであり、根回しが行われた」


・「水に流す性格をつくる土壌は閉鎖的人間関係であり、身内だからこそ
水に流すことができた」




もう一つ、再掲載になりますが、池田潔さんの
「自由と規律」②を載せます。
半世紀以上にわたり、読まれ続けている理由がわかりました。





☆樋口清之さんはこんなことを⑥-「日本人はなぜ水に流したがるのか」 MG出版 1988年(2) 

1.jpg

◇水が結ぶ共同体

□日本文化は米が支えてき
米 ・ 多収穫性 
     ・ 籾殻を付けたままなら栄養価半減まで10年
数十年間食用可能
    = 米は財産 貨幣の役目
江戸期300年も鎖国
    = 米の力→欧州の経済の波に飲まれず
◎ 米は日本の政治 経済 宗教の要

□水が共同体の要であった
灌漑施設 
     共同作業 
      水源に沿った農村共同体
→ 個人より農村共同体を維持
隣村意識 水争い 
わだかまりは水に流して結束を強めることにより問題解決
→ ◎「和の精神」
為政者
     農村共同体を利用して支配
= 土地の支配者
◎一揆はいつも川筋に

□自然と信仰を利用した共同体
環壕集落
祭り 
     = 一種のエネルギーのはけ口
     = 無礼講
相撲
     = 田んぼを荒らし地力を増幅
どんと焼き 
     = 灰を田んぼに

□村八分には禊ぎの意味も
村人集合の祝い事助け合い
     (火事 葬式)以外断つ
◎一定期間  
      その後改心して村八分を解くようお願いし「金」や「土地」
     を納める
= わび入れ(労役奉仕も)

□笑いで流す罪 
   笑いで厄落とし 
    - 羽つき

□横でつながる共同体
徹底平等主義 
     - 何事も全員賛成の上で
     → 説得 なだめすかし同じ意見に持っていく
        = 一人の反対意見のためスムーズに流れている
            水を濁らせてはならない
   村リーダー
     反対者を丸く収める
      = 和解

□「お互い様」の精神
五人組制度 
    = 農民側からすれば責任拡散の制度
組織で生きていくためには組織に適応しわき起こる不満
       を抑えある程度水に流しつつうまく立ち回らないといけな
       かった

□共同飲食
◎「今度一杯やりましょう」 つきあい確認の酒
 = 飲み食いでつながる仲間意識
あいまいさ 
    - 中国のように全部のみ干すまで強制されない
杯に口を付けるだけで許される
横のつながりを強めた講
集会
      - 宗教的な行事を名目に集まった
          幕府も認めざるを得ない
    いろいろな講をつくりだした
  娯楽 
        情報交換
         = 助け合い 
        救済制度

□団体旅行の始まりは伊勢参りから
伊勢参り 手形発行

□ヨコ社会だからこそ水に流せる
相互扶助 仲間意識

□擬制家族で絆を強める 
   保証人 
   七人の親
 

◇水に見る人の心
水を治めるために知恵を絞る
派閥は水権利を守る共同体に似ている
各川で独自の共同体が派生(支流)
→ 反対者が出ては困る 根回し
ギリシャ 
     タレス「万物の根源は水である」

 
◇水を敬い利用した日本人
  水利用に通じていた日本人


◇水気の演出
人間まで柔らかくした湿気文化
水の文化 
     枯れの文化 
     中間色を好む 
湿気水はものを薄め柔らかくする
     = 曖昧さ ぼかし文化 水割り文化
濡れた感じがいい
     「みずみずしい」独自の美的感覚
水引のおしゃれ

 
◇多湿との闘いが生んだアイデア
  カビを利用した日本の味 
     発酵食品・旨み
干物と餅は長旅のための発想
日本人はぴったりした服が嫌い


◇擬態家族の知恵
商売は家族的団結で成功する
「うちの会社」思考  
     運命共同体・終身雇用制度
のれん分け
◎終身雇用制とコネは擬制家族制の延長

 
◇共同体精神 
□日本人総身内意識
縁の社会 
     ① 血縁 
     ② 出身地(地縁)
     ③ 学閥 
     ④ 仕事縁
コネ
     = 縁的ネットワーク(共同防衛組織)

□水に流す性格をつくる土壌
閉鎖的人間関係
身内だからこそ水に流すことができる








☆池田潔「自由と規律」 岩波新書 1963年 ②【再掲載 2017.3】

[出版社の案内]

ケンブリッジ、オックスフォードの両大学は、英国型紳士修業と結びつい
て世界的に有名だが、あまり知られていないその前過程のパブリック・ス
クールこそ、イギリス人の性格形成に基本的な重要性をもっている。若き
日をそこに学んだ著者は、自由の精神が厳格な規律の中で見事に育くまれ
てゆく教育システムを、体験を通して興味深く描く。

1.JPG

◇パブリックスクールの生活
  「中世グループ」古典尊重
 「近世グループ」自然科学基調
パブリックスクールの公約数
  (1)寮 
    (2)校長 
    (3)ハウスマスターと教員 
    (4)学課 
    (5)運動競技と精神
 

(1)寮  
    ○ 自制耐乏の訓練
○ 共同目的貫徹に奉仕
       = 運動競技重視
○ 美術蔑視○個性発展の抑圧
    ○ 卒業生「他人と異ならない」事を信条に社会生活
    ○ 監禁生活
        一学期に二回の休日と一週間に一回三十分の外出
○ イギリス青少年
       - 服従精神をたたき込まれる
    ○ ◎ノブレスオブリージ
    第一次世界大戦-特権階級の子弟が率先して国難に馳せた
        ◎ 政治上の特権は殆ど失われていたが,なお社会的特
         異な優遇を受けていた彼らの,特権を裏返しにしてそ
         れにともなう義務を潔く果たそうとする祈願より出た
         こと
= 感情の起伏を美徳としその誇張を不躾だとする戒律の
        生まれた所以
  ○食事  
       朝・昼・お茶(夜はなし)=質素
    世が終わるかと思われる嵐でさえもいつかは必ず雲が薄れる
       雲の彼方には常に輝いている
小泉信三 昭和23年8月15日「自由と訓練」東京毎日新聞
 - 正を正とし邪を邪とする道徳的勇気
・イギリス人のもつ良識と勇気
      愛児の為にかりそめの安易を捨て得る勇気
     万難に打ち勝って「困難な道」をゆく決断
        勉強の時怠けることが悪いことと同じく,他人のくつろ
       ぐときに一人勉強するとは悪いことである。
       労働は立派なことだが,組合規定を破って働くことは罪
       悪である。
     ◎日曜日 
       - 学課と運動は厳禁
         日曜日の退屈さ 夜,家族に宛てた手紙 
 


(2)校長 
    ○ 幸運の興廃は校長の人に掛かる
○ 優れた学校には必ず優れた校長がいる
       - 校長の判断と責任
        厳選な人選
        ◎独裁者による善政
    ○ 校名によらずその校長の名を冠して学校が呼ばれる例も希で
     はない
     例 「ビシカー博士の学校」
  少なくとも一学期に二回,子弟の業績についての詳細適切
      な講評が校長の自筆によって全部の保護者に送られる
       = 学生との日常の接触
      校長 - 名門○僧籍多し
nice!(129)  コメント(0) 
共通テーマ:学校