SSブログ

「算数大好きっ子に育てる」志水廣・豊田市立高嶺小学校 明治図書 2005年 ③(最終) /「炉辺夜話」宮本常一 河出書房新社 2005年 前半【再掲載 2015.5】 [読書記録 教育]

今回は、7月26日に続いて、志水廣さんの
「算数大好きっ子に育てる」3回目の紹介 最終です。


この要約では具体的な指導が分かりづらいと思います。
ぜひ一度お読みいただければと‥。
おすすめの本です。



一部でも実践すると、子どもの算数科への取り組みが向上するものと思
われます。


○つけ法、算数科以外でも活用していますが、机間指導での声掛けを通
して、子どもたちとの距離が縮まるように感じます。


他の方法も今一度取り入れようと思いを新たにしています。



出版社の案内には、

「子どもたちの計算力を高めるために、すぐできる実践が満載!
 子どもの計算力を高め、わかる、楽しい算数の授業を目指した高嶺小
 学校。同校の『意味付け復唱法』『じふく学習』『トライアングル学習』
 などの実践を詳しく紹介。またすぐに使える『高嶺っ子計算』の基本
 コース、発展コースを学年別のプリントとして豊富に掲載。」

とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「○つけ法とは指示したことをノートに書かせ、教員が机間指導をし
  全員のノートに○をつけること。すべてができていなくても、部分
肯定をし○をつける。」


・「意味づけ復唱法を通して子どもの言葉で授業をつくりあげる」


・「自分で復習するから『じふく(自復)学習』、前時の内容を自分の言
  葉で復習すること」


・「定例文・言語化」




もう一つ、再掲載となりますが、宮本常一さんの
「炉辺夜話」前半を載せます。

- 一人一人のもつ力は代が変わるにつれずっと下がっていっている 
  「小屋を建てられない」人が増えている

の文を読み、ドキッとしました。
百姓であった亡父はそこらにある古材を利用してあっという間に小屋
がけしました。必要があれば左官にもなり、井戸も掘りました。
わたしはといえば‥情けない限りです。
学校では学びましたが、生活を学んでこなかったことに還暦を過ぎて
から改めて気付きました。






<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「算数大好きっ子に育てる」志水廣・豊田市立高嶺小学校 明治図書 2005年 ③(最終)

1.jpg

<分かる・楽しい授業を目指す実践>

◇高嶺小の取り組み

□指導の手だて

 (1) ○つけ法    
     机間指導で全員に○付け

 (2) 意味づけ復唱法 
     内容の理解を促し定着させていく

 (3) じふく学習   
     子どもの言葉で復習 → 本時のヒントにつながる

 (4) 定例文指導   
     問題解決の手順を,子どもたちと共に分かりやすい言葉にして
    
(5) トライアングル学習  
     3表現 
       ① 現実的表現 
       ② 操作的表現 
       ③ 記号的表現

 (6) ありがとうワールド

 (7) 高嶺っ子計算
     声に出して言う計算



◇○つけ法 

□一人一人を大切にした○つけ法

 1 ○つけ法とは  
     全員に○ (部分肯定含む)
5ポイント 
       ① スピード  ② 正確さ  ③ 声掛け
④ 実態把握  ⑤ 判断

 2 本校の願い

 3 部分肯定で「できていること」を決め○をつける
即座に把握,即座に評価

 4 ○つけ法で実態を把握し,指導に生かす
一斉指導にするかミニ指導にするか

 5 教師の力量アップのために
  スピード
     ← 誤答の内容を予測しそれにあった声掛けを準備しておく



◇意味づけ復唱法  

□子どもの言葉で算数をつくる意味づけ復唱法
意味づけ復唱法 
    子どもの言葉で授業をつくりあげる

  復唱法の良さと効果
自分の問題として考えさせる+集中させる
     (1) 子どもが発言しやすくなる復唱法
         復唱+板書

     (2) 誤答が生きる復唱法      
         誤答 ~ 子ども同士で正しくしていく授業

     (3) 「もう一度言ってくれる?」と復唱させる事例



◇じふく学習 -自分で復習「じふく学習」-

□じふく学習とは? 
   前時の内容を分の言葉で習する

□算数日記の書き方のポイント
・何がどんな風に分かったのか,具体的に書くようにする

・説明の順番を表す言葉
     「はじめに,次に,だから」などを入れる

  ・新しく習った言葉は使う

  ・2つの物を比べて書く

  ・図や絵,「例えば~」を入れる

  ・予想や気付いたことやもっと学習したいことを入れる

□じふく学習の方法
  
  (1) 前時の終わりに子どもが各自の言葉でノートに算数日記を書く

  (2) 教師が算数日記を読み,次時の授業に生かしたいことを考える

  (3) 本時の初めに子どもは自分のノートを見直し,一人一人が声に出
    して復習する
      ※ 二人一組,言い合う,聞き合う

  (4) 今読んだことをもう一度子どもが発表し,教師が復唱したり板
    書したりして学級全体で共有する  
  ※ 司会は子ども(係や当番) → 最後に先生に戻す

□じふく学習の留意点

  (1) 子どもたちが自分で既習事項を振り返られるように支援する
ノートを読むのではなく話すように
友達の考えに目を付ける

  (2) 子どもたちがじふく学習をやるメリットが感じられるようにじ
    ふく学習を授業に生かす

  (3) 本時に生かすという視点から,その時間のじふく学習のねらいを
    明らかにする
     ・本時のヒントとする 
     ・前時と本時を比較する
・本時に使う図や言葉を共通理解する 
     ・土台を揃える
・上手なまとめをしたり頑張ったりした子をほめる
・間違いやすい点をフォローする



◇定例文・言語化  定例文・言語化を生かした指導法

□定例文・言語化とは?  
  ※ 発表しやすいように 
    定例文 はじめに 次に だから

  (1) じふく学習で話す

  (2) 声を出しながら操作する

  (3) はじめに 次に だから を使った定例文指導

  (4) 子どもの考えた言葉を使う



◇トライアングル学習  

□算数の意味理解を深めるトライアングル
トライアングル         現実(場面)


操作(教具)        記号(式)

□表現の変換
相互交換的な捉え



◇ありがとうワールド  

□1分間「ありがとう」回数記入 + 累計



◇シミュレーション授業 
   教師が子ども役







☆「炉辺夜話」宮本常一 河出書房新社 2005年 前半【再掲載 2015.5】

1.jpg


◇宮本常一 
  1907年 周防大島生 
  民俗学者 天王寺師範学校卒


◇生活の伝統
 菅江真澄が見た180年前の日本

  先覚者 笹森儀助 
    津軽藩士-岩木山の開墾-乳牛 
    『十島状況録』

  文化交流の道としての日本海 
    小さな櫓の船(時化の時は陸に船をあげる)

  積極的な外来文化吸収の地盤

  オシラサマの教えるもの 
    衣 - 上方のものがほとんど

  民衆の境を超えた共通意識
    野田泉光院 『日本九峰修行日記』
  手渡しによる手紙
  「はえ」南の風 → 船を出せる

  主体性ある文化の受容
  東京の色一色に 
    「随所に主となればたちどころに真となる」


◇民族と宗教 血と水のまつり

□土器
   - 植物採取の灰汁・渋抜き用  
     山岳の麓に住居?

□イヨマンテ,シバ祭り(イノシシ)-鼻
= 切ったものを神に捧げることにより、神がもう一辺獲物を我々
   にくれる
西都   
    - イノシシの首 + 大量の血
    ~ 神に捧げ,飲んだ
三河の山
    - シシ祭り 
      今は猪肉の代わりに赤い餅
  
□短粒米
 - 乾く田んぼ 
 ~ 山麓が適 = 大和

 呪力  
   血→水   水祭り  川裾祭り 6月15日
 
 血の神聖さ
   → 血の忌みへと変化 

長い間の平和 
   → 犠牲を必要としなくなった

◎犠牲が必要なときは魚
     干魚 → 干しアワビ

のし(のしアワビ)
  ↓
今は「のし」字

□竪穴住居  
  円形 → 四角形



◇民衆文化と岩谷観音  山形盆地

 五百沢智也さん  
   家族全体で山の調査

 人間の持つ力 
   一人一人の力はずっと下がっていっている 
    「小屋を建てられない」人が増えている

人間の持つ力
    ~ 親から子へ,自分たちの持っているものをどう伝えていく
     かにあるのではないか

◎ 伝えることによりプラスされ高まっていく

 イラタカの数珠について
  宝貝が3つ 
    野田泉光院 文化年間 6年2か月全国へ
旅の途中佐土原出身の人に13人出会っている

 オシラサマについて
トドサマ 布の染料で分かる-布の中に歴史

 砂金と文化の拠点
金を採った所に文化 - 交換経済  
   江戸以前は砂金

 技術を伝えた人たち 
   秦氏
    - 秦の始皇帝の子孫 融通王(弓削王)
   ハタ 博多,播多,畑,機
東大寺
     - 近江・蒲生郡に山作所
石山寺も山作所 秦姓
           |
      ◎木地屋 ロクロ 全国に
  
 宗教者のエネルギー  
天台宗・円仁が東北を開発 下野出身
『入唐求法巡礼行記』 東北地方を歩く
  
 民衆の文化とは 
民俗学はつまみ食いの学問ではない

◎ 下敷きになったものに積み重ねられた文化の厚み

 絵馬と鰐口について 
   鰐口の流行 
    - 南北朝時代 
    ~ 鋳物文化の一部
  
 文化を発展させていく力 
東京の狭山茶  
     茶壺・近江の信楽(宇治に近い)

◎あいた茶壺を利用 → 狭山に茶葉 
茶壺が足りなくなる
     → 信楽の職人が各地へ
笠間焼(常陸) 飯能焼き

 練馬の大根   
   樽回船の酒樽が空いた
   → 空樽を利用しての漬け物樽
  
 信仰を支えた人々  
   太鼓の胴 - 会津の奥 
   木地屋

 信仰の基盤

 民衆文化の運動を 
    田耕 「おれ 宮本常一の弟子だ」
草柳大蔵の協力-足腰を鍛える  
    司馬遼太郎-700万円 鬼太鼓座

 輪になって話す 
   猿回し 光市 250万円は予算
◎ われわれは輪になることを忘れてしまった

nice!(133)  コメント(0) 

nice! 133

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。