So-net無料ブログ作成
読書記録 教育 ブログトップ
前の2件 | -

「野口流 授業の作法」野口芳宏 学陽書房 2008年 ③ [読書記録 教育]

今回は、2月14日に続いて、野口芳宏さんの
「野口流 授業の作法」の紹介3回目です。


学校といえば、何より授業。
野口さんが、授業に当たってあるべき教師の姿を示してくれます。



出版社の案内には、


「発表のさせ方、説明の仕方…どうしていますか?授業実践を中心に、教室での基本的な
 心構えから、準備と宿題、通知表に対する考え方まで。心得ておきたい、名人に学ぶ教
 師が児童に対する姿勢。」


とあります。







今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「具体的で分かりやすい問題提示が基本」


・「音読の緩急濃淡を評価」


・「常日頃から具体的な道筋を教え希望と活力を与える」


・「授業の目的は『正解』を出すことだけではない。一人一人の子どもを『伸ばす』ことこそ大切」







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー









☆「野口流 授業の作法」野口芳宏 学陽書房 2008年 ③

1.JPG

◇授業実践の作法①

 ◎実際の授業はハプニングの連続 それぞれのトラブル・悩み事にどう対処するのか 
 
 
(1) 聞かせる - 具体的で分かりやすい問題提示が基本  

 うけねらいの導入は,不要かつ無意味

 導入と興味付けの段階 

→ ごくあっさり,優しい話し方で,具体的にポイントを示し,課題意識を高める

  ×命令調 ◎誘い込むように


 問いかけでは,さり気なく本時の目標・内容・期待・成果を組み込んだ語り


 ※ 「自分の益になる」と感じる言葉には誰しも耳を傾ける

 



(2) 自覚させる - 手本を明確に示す。到達点を分からせる
    
「読めていない」ことを自覚させるところから 

  音読の緩急濃淡を評価
  
  「今は下手だけど,間もなくすごく上手になりますよ」

「口を大きく開いて読む。テンでは止まる。マルでは休む」(板書)

「さあテン先生のように読んでみよう」(範読)


※ 「できている」の思いこみが落とし穴になる

 




(3) 身に付けさせる - 子どもの耐性を育てる

 目標と達成時間を具体的に示すべき

常日頃から具体的な道筋を教え希望と活力を与える

①道筋は具体的であればあるほどよい

②達成への時間は短ければ短いほどよい


 ※ 小さな成功体験の積み重ねが,耐性虚弱児を変容させる

 




(4) 克服させる - つまずきや間違いこそが授業を豊かにする

 できないときこそ,しめたと思え
「できない人は手を挙げよ」

 →「たいしたもんだ。分からないことが自分で分かるのはとても大切なことだ」

   口をつぐむ子 ← 「ノート発言」


 教師の柔軟さと強さ
  ・「できないこと」を歓迎する

  ・「見せかけの正解」の不備に気付かせるために,時に誘導尋問も活用する


 ※ 授業の目的は「正解」を出すことだけではない。一人一人の子どもを「伸ばす」ことこそ大切

 




(5) 傍観させない - 参加せざるを得ない仕掛けを用意する

 二択・三択方式で全員を巻き込む

× ・教師の一方的なしゃべり方で進んでいく授業

     ・一部の「優等生」が答えるだけの授業 


 強制的に全員を表舞台に立たせる


 ※ 誰もが「参加したくなる問い」を用意し,「逃げられない場」をつくる

 




(6) 発言させる - 書かせることで抵抗感をなくす

「ノート発言」をさせる

まずノートに書かせる 単純問いかけ「○と思うか×と思うかかいてごらん」


ノート発言の効用 
     ①人の意見に左右されず各自に判断させられる

②全員が自分の立場を明確にせざるを得ない

③書かせることで曖昧さやごまかしを排除する

④引っ込み思案の子も照れ屋の子も抵抗なく参加できる


 1分間の作業  → 挙手させ,おおよその数をつかむ → 討論開始


 ノート発見は短い時間で何度も繰り返す


 ※ ノートに「書く」ことで発言させる。考えさせる。参加させる。


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「話す力・聞く力が伸びる」樋口裕一 PHP 2005年 [読書記録 教育]

今回は、樋口裕一さんの
「話す力・聞く力が伸びる」の紹介です。





出版社の案内には、


「『聞く』ことと『話す』ことは、学力の基本です。とくに小学生のあいだは、勉強の基
 礎は授業中の先生の話を聞くことによってつくられますし、話すことができなければ、
 ものごとを理解していないと見なされてしまいます。実際、そうした状態が続くと、本
 当にものごとを理解できない子になっていってしまうことが多いのです。
 しかし近年、それらの能力に欠けた子どもが増えています。このことは、学力の面だけ
 でなく、仲間や友だちづくりも苦手な子になってしまうことにつながります。
 本書は、『聞く力』と『話す力』を身につけるためには、どのようなことを親と子ども
 がするべきなのかを、丁寧に解説しています。『友だちをつくる話し方を身につける』
 『人の話を聞く態度を身につけよう』『質問力をつける』『意見を言う、挨拶する、発
 表する』の4章立て。
 わが子のコミュニケーション力がミルミル伸びる例文・例題が豊富に詰まった『使える』
 一冊です。」


とあります。






今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「昔は世代を超えるコミュニティがあった」


・「友達から嫌われる話し方 
   自慢・けなす・けちを付ける・自分の優越性を大げさに
意地悪な見方・自分のことばかりしゃべる」


・「相手や状況によって言葉を使い分ける 『私』と『公』の違い」


・「相手によって話し方が違うのが会話の基本」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆「話す力・聞く力が伸びる」樋口裕一 PHP 2005年

1.gif

◇友達を作る話し方を身につける

 昔は世代を超えるコミュニティがあった



 今は地域のコミュニティがなくなってしまった



 意識的にコミュニケーション能力を付けることが必要
今,気持ちのギブ・アンド・テイクができなくなっている
   はかること,加減力できない



 コミュニケーションで大切なのは自己アピール
  自己アピール = 自分を他者に認めさせること



 コミュニケーション力はアイデンティティだ



「友達から嫌われる話し方」 
   自慢・けなす・けちを付ける・自分の優越性を大げさに

  意地悪な見方・自分のことばかりしゃべる



「友達を作る話し方」
相手と共通の話題・誘う・ゲームや宿題を相手に尋ねる・褒める

相手との共通点・共通の友人・出来事を話題・ニュースを教えてあげる







◇人の話を聞く態度を身につけよう

 話す力の基本は人の話をきちんと聞けること

きちんと聞く = 相づち,質問



 人の話を聞けるようにし向ける 

   会話 = ギブアンドテイク



 子どもの話に相づちを打つ 
  お母さん・お父さんが子どもの話をきちんと聞く

  時々質問を挟む 

  お父さんお母さんが聞き上手になる

  とにかく親子の会話の時間を作る 家族が仲良くできる雰囲気








◇質問力を付ける

 質問することはページめくり



 相手の言うことを正確に理解するための質問 
  
  「つまり…ということなの」



 相手に話を振って発言する機会を与える
  
   相手を思いやる



 親が子どもにどんどん質問する

   質問させることで子どもの好奇心を育てる



 苦手な話を質問でそらして自分のペースで会話を進める



 叱られて話をそらす 
   質問をすることで情報も収集できる








◇意見を言う,挨拶する,発表する

 話し方にはA型・B型がある

  結論が先 - A型

説明が先 - B型



 自己紹介では自分の名前をはっきり言う



 発表では何がポイントかきちんと理解する



 質問を考えさせることで問題発見能力を付ける



 言葉遣いで複合的な社会があると分からせる

   相手や状況によって言葉を使い分ける 「私」と「公」の違い



 相手によって言葉遣いが違うことを教える



 本音だけを通じないことを教えることが必要



 人はいくつもの顔を持っていると教える
相手によって話し方が違うのが会話の基本
nice!(163)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 教育 ブログトップ