So-net無料ブログ作成
読書記録 宗教 ブログトップ
前の2件 | -

「ひろさちやのあきらめ力」ひろさちや 青春出版社 2009年 ③(最終) [読書記録 宗教]

今回は、1月7日に続いて、ひろさちやさんの
「ひろさちやのあきらめ力」の紹介3回目、最終です。





出版社の案内には、


「国や世間などに期待するのをあきらめ、自分の好きに生きるほうが幸せになれる。ただ、
考え方にちょっとしたコツが要る。ありのままの自分と和解するヒントを考える本。」


とあります。







今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「資本主義 = 王様の欲望」


・「(日本は)『滅私奉公』の資本主義
  アメリカのリストラ-業績が上向きになったら復職する権利
しかし,日本では… どこまでも企業一辺倒」


・「もう企業なんて信用できない カネに振り回されるのはうんざりだ」


・「『損をする智慧』を持つ楽しさ = 譲り合い」



昨日、東海道線高塚駅すぐ南にある熊野神社にお詣りに行きました。
津波から人々の命を守ったといういわれがある神社です。
神社のあるところだけ丘になっています。

本ブログ記事にも載せたように、磯田道史さんにより本にも書かれています。
※過去記事
江戸時代の「津波避難タワー」 磯田道史

1.jpg

11.JPG
        東海道線高塚駅

12.JPG
      高塚駅から見える熊野神社

13.JPG
14.JPG
15.JPG
         熊野神社

16.JPG
 高い場所がない近辺で頼りになるのは避難指定ビル





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





☆「ひろさちやのあきらめ力」ひろさちや 青春出版社 2009年 ③(最終)

1.jpg

◇「世の中の役に立つ人」になんてならなくていい

□ヨーロッパの資本主義に見る隣人愛

 資本主義 = 王様の欲望


 ヨーロッパ - 昔の調味料は塩のみ → 香辛料


 ヨーロッパ資本主義の基礎 = キリスト教  

    贅沢は悪徳 → 資本

  ∥ 隣人愛

人間中心主義 = 労働者の幸せ
  


□フロンティアをなくしたアメリカの自滅 



□人間不在を貫いた日本の資本主義

 1960年 池田勇人内閣の所得倍増計画


「滅私奉公」の資本主義

アメリカのリストラ - 業績が上向きになったら復職する権利

             ↓↑

   しかし,日本では…  どこまでも企業一辺倒



□マネーの次に来るエコ経済の時代

 マネーの論理に支配されたマネタリズムの経済は断末魔の時


 → もう企業なんて信用できない 

   カネに振り回されるのはうんざりだ



  ボランティア活動の預金



□人間の生き方には三つある

 ① 個人としての生き方◎ 


 ② 家族としての生き方◎ 


 ③ 社会人としての生き方△


□死ぬ,老いるという大仕事







◇「般若の智慧」で人生を楽しめばよい

□知恵のある人,智慧のある人 

 ① 世間の知恵 


 ② 宗教的な智慧 

    般若心経



□「損をする智慧」を持つ楽しさ = 譲り合い



□問題を解決しない智慧



□世間に無関心になる智慧 

 アリギリス的な生き方を!
nice!(152)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「ひろさちやのあきらめ力」ひろさちや 青春出版社 2009年 ② [読書記録 宗教]

「教育改革
 家族というものを考え直さない限り,本来の教育を取り戻せるわけはない」



「儲けのためなら,個人など平気で踏みつけにするのが会社であり,国民のことはそっ
 ちのけで延命に血道を挙げるのが政治家」






今回は、1月4日に続いて、ひろさちやさんの
「ひろさちやのあきらめ力」2回目を紹介します。




昭和のわたしには、すっと入ってきます。




出版社の案内には、


「国や世間などに期待するのをあきらめ、自分の好きに生きるほうが幸せになれる。ただ、
考え方にちょっとしたコツが要る。ありのままの自分と和解するヒントを考える本。」



とあります。







今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「『かくあるべし』から離れればキャラの生かしどころはいくらでも発見できる」


・「禅の教え『即今』『当処』『自己』」


・「カネは時なり → 日本で一番貧しいのは首相」


・「子どもは勉強するために生まれてきたのか?
 今おもしろがれることをやるしかない」



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆「ひろさちやのあきらめ力」ひろさちや 青春出版社 2009年 ②


1.jpg

◇あるがままの自分と「和解」すればよい

□欲望を持たない方法 

 希望 = 欲望

  → 誇りを持って「お金がない」を生きる


 「お金がない自慢」 
   = かなり上等な生き方

わたしがわたしであっていいなら,他人が他人であってもいい



□人生には「かくあるべし」なんてない

  「かくあるべし」から離れればキャラの生かしどころはいくらでも発見できる



□いっさい反省するな

 禅の教え
 「即今」「当処」「自己」
           
  即今 = たった今やらずに,いつやる?


  当処 = ここでやらずに,どこでやる?


  自己 = あなたがやらずに,だれがやる?



□愚痴らずに自分のやり方で楽しめばよい



□世間にたぶらかされない「利己主義」のメリット

  利己主義 = 自分は自分であって良い

今あるがままの自分と和解する


  利己主義 ←→ 滅私奉公


 「たぶらかし社会」の欺瞞性
派遣労働者首切り


※ 儲けのためなら,個人など平気で踏みつけにするのが会社であり,国民のことはそっ
 ちのけで延命に血道を挙げるのが政治家







◇自分と家族の都合だけを考えればよい

□仏教が教える「人生の4つの段階」

 インド
 「学生期」 幼児~青年  真理を学ぶ期間


 「家住期」 職業に専念(本来仕事は家) 父母


 「林住期」 職業と離れて引退 知恵を授ける


 「遊行期」 あらゆる義務から解放されて悠々自適


 ※教育改革

  → 家族というものを考え直さない限り,本来の教育を取り戻せるわけはない



□豊かさがお金から時間へ移り始めた

  ◎ 時は金なり   → 時間の大切さ


  × カネは時なり
     日本で一番貧しいのは首相



□子どものために一週間会社を休む幸せ



□わが子に放っておかれる自業自得



□本当の家族の姿を明らめる パキスタンの大家族



□家族が機能すると世の中が変わる 
     
  生命保険が用無しになる 失業したって働く場がある



□人を支えるのは「家」の誇り

  家業 = 家住期 

   ヨーロッパ ~ 社会参加の仕方は家族単位
    

  少欲知足 
   家という格を失って,伝統も誇りも失った職業なんかなんぼのものでもない  



□「救い」がなくなった現代社会 

  家族制度 - 矛盾も多いが救いがある

 

□「家」はこうして破壊された 

  長子相続制度の廃止



□子どもは勉強するために生まれてきたのか?

  今おもしろがれることをやるしかない



□「困ったときはお互いさま」が生んだもの


nice!(139)  コメント(4) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 宗教 ブログトップ