SSブログ

「半藤一利 語りつくした戦争と平和」保阪正康監修 東京新聞 2021年 ③(最終) /「教師だからできる5分間カウンセリング」 吉本武史 学陽書房 2000年 【再掲載 2012.2】 [読書記録 一般]

今回は、3月28日に続いて保阪正康さん監修による
「半藤一利 語りつくした戦争と平和」紹介の3回目 最終です。


東アジアの緊張が問題となっている現在、考えさせられる本でした。


出版社の紹介には

「日本近現代史の語り部が論客たちと紡いだ平和への願い。『歴史探偵』とし
 て日本の近現代史を究め、多くの著作を発表、2021年1月12日に亡くなっ
 た作家・半藤一利さん。その探求心をつき動かしたのは『戦争のない、平
 和な世の中を続ける』こと。新聞紙上で残した対談も、『戦争』『憲法』『天
 皇』など過去を知り、検証し、未来につなげるための道標となるものばか
 りだ。これら珠玉の対談を埋もれさせまいと、盟友・保阪正康氏を監修に
 迎え、保阪氏はもちろん、作家・田口ランディ氏、日本近現代史が専門の
 古川隆久氏、半藤氏の親友で国文学者の中西進氏を相手にした、計7本の
 対談を1冊にまとめた。折に触れて新聞に寄せた見識やエッセイストで半
 藤氏の妻・半藤末利子氏の寄稿も収録。」
 
とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「安倍首相がトランプをノーベル平和賞に推したなんて聞いてびっくりした。
戦後民主主義をきちんと伝えることに失敗したなと思いました(保坂)」


・「皇は国民にとって何だろうという問いは陛下も発しているし、わたしたち
も発しなきゃいけない。メディアの若い人たちは本当に歴史を勉強してい
ないですね(半藤)」


・「爵位を得るための日露戦争。何万、何十万人が死のうが、天皇の名でやる
ので自分は逃げられる明治の嘘の戦史から始まったいい加減な軍事システ
  ムは昭和の時代に拡大解釈され肥大化した」


・「日中戦争初期の停戦工作が不調に終わったのも、要は政府が賠償金のつり
  上げをやったから」


もう一つ、再掲載になりますが、吉本武史さんの
「教師だからできる5分間カウンセリング」を載せます。
大変参考になるほんです。
しかし、学校がすべてを背負い込むことが、
家庭教育や社会教育の力の衰退をもたらすのではないかと思っています。



昨日は年休を取り3年ぶりに愛知県以外の県外に出ました。
朝一番のこだまに乗って、京都に桜を見に行きました。

地下鉄で蹴上に行き、哲学の道を経て出町柳まで歩きました。
IMG_1678.jpegIMG_1682.jpeg
鴨川デルタでひと休みし、鴨川沿いを北上し、半木の道を経て
府立植物園まで歩きました。
IMG_1688.jpegIMG_1689.jpegIMG_1691.jpegIMG_1693.jpeg
昼食をとった後、地下鉄で今出川まで行き、
桜もおわり頃でしたが、同志社大学、京都御苑の桜を楽しみました。
IMG_1705.jpegIMG_1723.jpegIMG_1718.jpegIMG_1722.jpeg
帰り際、東本願寺に行ったのですが、
親鸞聖人御誕生850年立教開宗800年慶讃法要が行われていました。
バスが何台でしょうか非常にたくさん止まっており、
御影堂、阿弥陀堂では、法要が行われていました。
堂内がうまるほどの人の多さに驚きました。
IMG_1727.jpegIMG_1728.jpeg
3万歩以上歩き、身体も心もリフレッシュできました。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「半藤一利 語りつくした戦争と平和」保阪正康監修 東京新聞 2021年 ③(最終)

1.jpg

◇盟友対決 半藤一利with保阪正康(2)
□時代                                       
  平成のキーワード(保坂)
    安倍首相がトランプをノーベル平和賞に推したなんて聞いてびっくり
   した
    ~ 戦後民主主義をきちんと伝えることに失敗したなと思いました
   
  ◎ 天皇皇后は平成という時代を救っている                                
 
□代替わり          
 天皇は国民にとって何だろうという問いは陛下も発しているし、わたし
  たちも発しなきゃいけない
メディアの若い人たちは本当に歴史を勉強していないですね(半藤)
  
  ◎ 結局皇太子とその妻がどういう天皇、皇后になるのかを確認したいが
   ための退位でしょう。冷静に… 

 
□日露戦争
小説と全然違う
「物語」「神話」としての戦史
     - 国民には真実を伝えずリアリズムに欠ける国家になった
   
  爵位を得るため  
昭和天皇の側近木戸幸一に書面で質問
「なぜ東条や陸海軍の軍事指導者はあんなに一生懸命やったのか?」

木戸「彼らは○族(貴族?)になりたかった」

※ 何万、何十万人が死のうが、天皇の名でやるので自分は逃げられる明
   治の嘘の戦史から始まったいい加減な軍事システムは昭和の時代に拡大
   解釈され肥大化した


□軍事主導
隠された史料や視点を拾い上げもう一度史実の整理をするべきだと思う


□薩長が権力闘争
◎ 日中戦争初期の停戦工作が不調に終わったのも、要は政府が賠償金の
   つり上げをやったから


□皇統を守る手段
明治天皇「起」大正天皇「承」昭和天皇「転」天皇「結」

  ◎ 軍部は昭和天皇に対して「戦争をやらなきゃダメだよ。この国は潰れ
   るよ。皇統は守れないよ。」と強圧的に脅している

 
□天皇
天皇と大元帥の二つが一つの人格の中にあった

 
□平成は政治と災害
  平成のキーワード
    「天皇」「政治」「災害」 

 
□国民の痛み理解
象徴天皇とは何かをつくりあげていった
←→ 自民党の改憲草案は天皇を元首と位置づけている

 
□教訓
追い詰めるのは危険
  ◎ 金日成の統治は日本の真似をしている
  
  対話ルートの必要
    戦争は始めても終わらせることは難しい 
 分断と格差の世界
  歴史から学ぶものは




◇論客対談
 半藤一利、田口ランディ、古川隆○、中西進
 施行60年 試される憲法

※ 以下略







☆「教師だからできる5分間カウンセリング」 吉本武史 学陽書房 2000年 【再掲載 2012.2】

[出版社の案内]
児童生徒、保護者との日常的な言葉のやり取り例をあげて、一般的な関わり方
と望ましい関わり方を対比。その違いを理解しながら、カウンセリングの基本
的技法を習得。担任、養護教諭、スクールカウンセラー、生徒指導担当、教育
相談係等が休み時間にもできるカウンセリング。

1.jpg

◇教師だからできる心のケアを目指して
1.教師だからできる関わり方を大切に 
カウンセラーにはできない教師ならではの関わり方
 ① 児童・生徒との接点,様々な時間と場面で持ってくる
    ② 授業 心のケア 様々な工夫ができる
  

2.今までの経験をこそ足場にしよう
教師としてのリソース(資源,財産)
① 児童生徒を一つにまとめる力量
② 学習指導の実を上げる手腕と努力
③ 集団としての児童生徒への関わりの見事さ
 

3.効果的なコミュニケーションはそのまま心のケアに
教師がカウンセラーになる必要はない
教師には教師としての心のケアの方法ができる

カウンセリングの本質は援助的なコミュニケーションである
援助的なコミュニケーション
        = カウンセリングとしての援助
 

4.コミュニケーションの楽しさを児童生徒にまず伝えたい
<聞き上手><コミュニケーション上手>

学校は「最初の社会」
◎ 家庭という小さな生活単位から出て多用な他者と出会う場であり,
    そこで体験し蓄積していくことは大きいものがある。

◎ 一人一人がその中でもまれ時に傷つきもしまた包まれながら他者を
    気遣い癒せる存在となっていく

◎ 心の傷ついた子どもたちもまた,他者との輪の中でケアされていく
    ことこそが自然で望ましい(個別のカウンセリングよりも)
 

5.ブリーフセラピー(短期心理療法)から学ぶもの
C.ロジャース
     「カウンセリング(来談者中心療法)」
       - 広く学校現場で

最近ブリーフセラピーの台頭
未来に焦点

  
□学級担任だからできる心のケア
「担任だからこそ」の利点
   ① 総合的情報量
   ② 一緒に生活する時間が長い

  ◎ 集団としての力を利用しやすい,一人のメッセージを一般化して伝え
   る
    = 強制的に話ができる




◇教師にできる心のケア7つのポイント
□ポイント1
   児童生徒のリソースを大切に
問題にとらわれすぎない柔軟なものの見方

□ポイント2
  「変化」と「解決」を求めて
      
※ 以下略

nice!(141)  コメント(2) 

「4月の京都」淡交社 2016年 /「忘れられた子どもたち」宮本常一 八坂書房 2015年 ②(後半)【再掲載 2017.3】 [読書記録 一般]

今回は、淡交社のシリーズ本から
「4月の京都」を紹介します。




出版社の紹介には

「京都の魅力の一つは、町なかで年中おこなわれている行事と祭りにあります。
4月の京都で見ておきたい行事や祭りを中心に、4月の京都で食べたいもの、
4月の京都で買いたいもの等の情報を提供。旅行者はもちろん、京都の人に
とっても、家族で行楽に出かけるとき、また客を迎える予定ができたとき、
何月何日ならどこへ行けばよいかがすぐにわかります。」
 
とあります。



京都を訪ねる際、
シリーズから「○月の京都」を読むとより楽しめるかもしれません。



もう一つ、再掲載になりますが、宮本常一さんの
「忘れられた子どもたち」を載せます。


昨日、家の桜が満開になりました。
河合塾からもらった苗木が大きくなりました。
花が咲くたびあの頃を思い出します。
IMG_1673.jpeg



<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆「4月の京都」淡交社 2016年

1.jpg

◇年中行事
□4月10日 
  平野神社 桜花祭
    794年 奈良→京都 平安後期から櫻
大正時代~  桜花祭
平野の夜桜
 

□4月第二土曜日
今宮神社 やすらい祭
  疫病はらい
     - 健康への願い
   上野やすらい 川上やすらい 上賀茂やすらい 玄武やすらい

 
□4月1日~30日 
祇園歌舞練習場 都をどり

 
□4月8日 
   市内各寺院  花まつり
ルンビニの株の中 お釈迦様
 

□4月第二日曜日
常勝寺 吉野太夫追善花供養
 

□4月18日 
   鎮花祭 出雲大神宮(亀岡市)
 

□3/13~5/13  10/1~11/30 法輪寺 十三まいり



◇古都の「美」
 北向山
    雨宝院

  善峯寺  
    櫻 西京区大原野小塩町1372
 
  哲学の道
 
  松尾大社
    3000株の山吹
 
  鳥羽水環境保全センター
    富士 4月下旬
 
  仁和寺
    木造阿弥陀三尊像 4月1日~5月第4日曜日

  清涼寺
    木造釈迦如来立像  同上
 
  天龍寺
    曹源池庭園
 
  白沙村荘
    橋本関雪記念館MUSEUM 左京区浄土寺石橋町37



◇4月うまいもん
  本家尾張屋本店
    宝来そば
 
  グリル小宝
    ハヤシライス

  東華菜館本店
    コース
 
  トコハベーカリー
    トコハドック



◇4月のとっておき
  鶴屋
   「嵐山さくら餅」

  緑庵
   「桜餅」

  紫野源水
   「有平糖」

  鶴屋吉信 本店
   「花春水」

  長生堂
    桜前線








☆「忘れられた子どもたち」宮本常一 八坂書房 2015年 ②(後半)【再掲載 2017.3】

[出版社の案内]
日本には多くの「忘れられた子どもたち」がいた。土に沁み、海に落とした
“母の涙・子の涙”を見てゆく。
1.JPG


◇もらい子 聞き書き
□孤児の生きる世界
 

□メシモライ 
  6~7歳孤児
    → 漁業技術 西日本
東日本では暗い話になる
  最上
     - 年期を切って子を売る風
宮城北部
     - 石巻や気仙沼へ子を売る風

  鎌田三之助翁 品井沼干拓事業
 

□子を質入れする世界 - 時国家文書から
人身売買の証文から始まる
  = 貧困や共作の窮乏を大屋が肩替わりしたもの
          ∥
  ◎ 大家は中小の農家より労力を仰いで大手作を維持し、中小の家々は大
   家に依存することによって凶作等の危機を切り抜けた
    多くの物を吸い上げたが、危機に備えるもので拡大再生産のためでは
   ない     


□下北のもらい子たち 
下北郡東通村尻屋
もらい子
     - 津軽からのち山中から
嫁をもらうと田名部へ出て分家
寝宿
 

□酒田市飛島のもらい子 
南京小僧 ドンゴロス袋
 

□佐渡の養子


□日間賀島
  佐久島のもらい子


□名倉のもらい子
 

□山口県羽鳥
 

□周防大島の伊予子・買い子



◇情島・梶子と精薄児
□周防大島東端 
  情島 
   『怒りの孤島』ロケ地

◎ ウソ
 

□「あけぼの寮」
   『離島の旅』人物往来社 昭和39年 



◇萩の花
□昭和21年10月17日 
  村の秋祭り
8月25日生 (宮本)三千夫さん
    もらい乳-皮膚病
(『愛情は子どもと共に』馬場書店 昭和23年)



◇母の記
□宮本まち 
  明治13年7月23日 
    西方郡長崎升田仁太郎長女
明治33年 
    21歳 宮本善十郎に嫁ぐ
(『母の記』タイプ印刷 昭和37年)
 

□田村善太郎
 「明治以降の学校教育と伝統的な村社会のシツケのありようとの乖離を憂い、
  その融合に民間伝承の研究が役立つに違いないという思いが、民俗学にの
  めり込むきっかけの一つであったとどこかに書いてあった」
 

□昭和24年8月 
  『村の社会科』昭和書院
 

□昭和25年4月
  『ふるさとの生活』朝日新聞社



◇八坂書房
  『宮本常一の本棚』
  『座談録 生活と文化』
  『山と日本人』
  『伊勢神宮』
  『日本の年中行事』
  『飢餓からの脱出』 

nice!(124)  コメント(0)