SSブログ
読書記録 民俗 ブログトップ
前の2件 | -

「図説・日本のうつわ」神崎宣武 河出書房新社 1998年 ③ /「子どもが育つ本当に大切な少しのこと」ひろさちや 文芸社 2003年【再掲載 2012.5】 [読書記録 民俗]

今回は、11月12日に続いて神崎宣武さんの
「図説 日本のうつわ」の紹介 3回目です。


日本のうつわの変遷が、図とともにわかりやすく記されています。


出版社の案内には、

「わん、はち、さら、ぜん。日本は、多種多様の食器をつくりだしてきた。
 食器の豊かなかたちと色彩を紹介し、縄文から現代までの食器の歴史をた
 どり、日本人の食器文化を探る。」
とあります。




今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「さらは木の葉から始まり絵柄様々に」


・「弁当の語源は面桶(メンツウ-一人前の食べ物を入れる曲げものの容器=ワッ
パ)。『便当』=便利な食べ物の意味もある。弁当となったのは近世『道中
記』の類から。世界に例のない弁当容器」


・「甕から壺が、鉢から坏が機能分化した」


・「土師器は・『土師』(延喜式)工人が作った土器と限定され、調として貢納
する工人と限る。厳密に言えば土師は大和・河内のみ」

・「土器と須恵器との違い」




もう一つ、再掲載になりますが、ひろさちやさんの
「子どもが育つ本当に大切な少しのこと」を載せます。
子どもだけではなく、大人であるわたしにもにも学びのある本でした。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆「図説・日本のうつわ」神崎宣武 河出書房新社 1998年 ③

1.jpg

◇さら
木の葉から始まり絵柄様々に

  絵皿が多い

  大皿
   - 宴席

  小皿
   - 磁器  
     18世紀に普及
     ~ 以前は土器と陶器
  
 かわらけ 
   素焼き土器の小皿「瓦笥」 
現在一般的 - 白い磁器 
   神事や盃事

 小皿 
   直径4寸(12㎝)以下の皿

 中皿
   直径4~7(21.2㎝)寸



◇手と葉

木の葉も皿がわり
シイ,ホウ,ビワ,サルトリイバラ,ユウナ  
    掌そのものも … 窪手



◇弁当
語源 
    面桶(メンツウ)(一人前の食べ物を入れる曲げものの容器)
     = ワッパ

   「便当」=便利な食べ物の意味
  弁当 … 近世「道中記」の類 
~ 世界に例のない弁当容器



◇塗りものの皿
小皿  
    テンショウザラ(手塩皿)主流


◇ガラス容器
明治初期 
    品川にガラス製造所



◇うつわの始まり 先史
縄文人の食卓
堅果類,根茎類が主な食材
    → 調理 深鉢型土器 煮沸容器

◎食器は? 考古学的解析されていない

    浅鉢は前期(6000~5000年前)から

    埦(わん)とか皿は晩期(3000~2300年前)から


  縄文の漆器
土器以外の器に煮物料理を盛っていた?
漆器 籃胎漆器
  

  食器でない食器 
葉っぱ一枚,板きれ一枚が食器に代用できる
      |
    葉っぱによる食器代用習俗現代にも      
ササ カシワ サクラ サルトリイバラ ~ 餅
板きれ 寿司屋の下駄
樹皮

◎無縄文の土器類出現により食器文化のステージが転換することになる


  弥生土器の変遷
縄文晩期~弥生  
      食器:研磨土器の主体は坏(埦と皿の中間の形)

  足がつけば高坏
  (今日の食器で言えば中鉢)

   弥生土器 甕・壺・鉢・坏(高坏)・ひと組の土器構成

    <機能分化>
  甕から壺が…
鉢から坏が… 分化


□縄文 
   甕は主として煮沸容器と保存容器 
     → 保存機能を明らかにしたのが壺
(口を絞った)

   鉢は深鉢型 
     = 食べ物の盛り込み容器
     → 小型化 とりわけ容器か杯
             |
◎ 鉢と坏を狭義の食器として  
        中でも坏に注目


□弥生
   弥生 中期以降

坏が増加 
    = 食べ物を取り分けて供する食習慣

   初めは神に
    → 後に客に

◎掻敷や折敷と組み合わせることで足や台がはずれて平底の皿になる
  ∥
◎深鉢土器の衰退
      一緒盛り
       → 銘々盛り
鉢 盛り込み食器
坏 取り分け食器
  

□弥生土器と土師器 
土師器
     ・「土師」(延喜式)工人が作った土器と限定
・調として貢納する工人と限る

◎土師は大和・河内のみ
延喜式  
       大和 - 鍋が主
河内 - 坏が主
<厳密に言うところの土師による土師器>

◎周辺の弥生土器系の土器も土師器として扱われるようになった
    
   土師器において坏がさらに機能分化する        
坏・埦・盤・皿など明らかに小口に取り分ける
食器の量的確保 
       土師器 - 調理用具 11.4%
   食器類  87.3% 平城宮

   日本書紀
     土師連「御前盛るべき清器」→配膳
  

□神饌の盛りつけ
神社の供饌(神饌)
日本神社 氏神や産土(産土神)
氏神 - 一族の開祖
産土 - 出産や開鑿の守護神

◎ 祖霊信仰(土地が開かれたところにちなむ)
 ◎ その土地の一族の始まりを喜ぶ,尊ぶ
             ↓
   ◎供えられる食べ物は,先祖たちが苦労して得て大事に食したもの
           ∥
   ◎食器も往時をしのんで再現をはかる傾向<先祖がえり>       

   伊勢神宮の朝夕大御饌祭
  神饌
        蒸飯・鯛・昆布・鰹節・青葉・栗・水・酒

 神官の土器調整所でつくられる素焼きの坏や皿に盛られる
→ 白木の箱につめられて神前まで運ばれる

   春日大社若宮祭
神饌 
       すべて精進物「御染御供」
10膳
       白木地の折敷 染物(米四包)盛物
        - 素焼きの高坏に
注目 四角の板皿
            そこにご飯・菓子

     ◎今日に伝わる神饌 
        飯・酒・餅を上位
         = 米を尊ぶ  
           米に対して特別な思い

  ◎カラワケに盛り折敷や三方にのせて神前に供える

   カラワケは土器
     カラワケ=瓦質の土器
素焼きの器 
       瓦は灰暗色 
       土器は赤黄土色
 ※ 瓦も広義には粘土を素焼きした土器

    土器と須恵器との違い
土器          須恵器
制作技術 ロクロを用いない    ロクロを用いる
焼成温度 700~900度       半地下式1000度以上  
焼きしまっている
(釉薬無き陶器と言うべき)
別名 「陶質土器」「粗陶器」
5~12世紀

   須恵器は奈良から平安にかけて都を中心に徐々にそうなった







☆「子どもが育つ本当に大切な少しのこと」ひろさちや 文芸社 2003年【再掲載 2012.5】

1.jpg

◇子育ての目的
 
□お母さん(家族)と子どもがとても幸せになること
まず自分自身を好きになる 欠点が個性

まず子どもを好きになる



◇「元気のいい明るく活発な子を乱暴者というベッドに寝かせてはみ出た元気
をちょん切ろうとするのです」

□ギリシア神話プロクルステス
   ベッドに合わせて身体を伸ばしたり切ったり

◎ 子どもを鋳型にはめて個性を殺している

 
□学校の成績は世間の物指し
   →  我が家のものさし、自分のものさしを持つべき



◇「おしめを取り替えてあげても赤ちゃんは「ありがとう」と言いません 
  でもお母さんは 一生懸命赤ちゃんを守ってきました」

□インドの物乞いは絶対にお礼を言わない
= 物乞いはお金持ちに布施をさせてやったから
    布施のこころ

 
□インド人
   全員に布施をする 
    - 思いつきでは相手の怒りを買う
        ∥
   ◎ 自分のために布施をする

 
□布施をした方がお礼を言ってこそ真の布施



□布施のこころをもっているとすごく人生が明るくなる



◇「ちょっと引っ込み思案で弱虫な子がいます でもお母さんはプラス思考を
  してほしい。うちの子は乱暴でなくてよかった足を折ったり大けがをして
  医者代がかからないから助かると」

□子どもを見るとき「プラス思考」で! 
  = 長所だけを見る
    あるがままの子どもを愛する  



◇「お母さんが正解は1つしかないと思っていたのでは困ってしまいます。 
  子どもたちを分かってあげる人が少なくなってしまうからです」

□教育において最後の責任者はお母さん

 
□真っ直ぐに見る あるがままに見る
  - こどもはみんな仏の子

 
□マニュアル主義は悪

 
□アベコベカエル 
   オタマジャクシの方が大きい
子どもの1/4の親 ~小さく成長する~

 
□「エコノミック・アニマル」
 = 餓鬼
     ① 無財餓鬼
    
     ② 少財餓鬼 

     ③ 多罪餓鬼 = いつもでも満足できず ↓
  ◎ 餓鬼から人間へ
   
 
□比較してはいけない

 
□わたしたちは人に迷惑をかけずに生きていられない
  「すみません」「ありがとう」の気持ちを


◇ひろさちや
 1936年大阪生 東京大学大学院人文科学研 インド哲学博士
気象大学校教授 → 宗教文化研究所設立
まんだらの会会長 宗教評論家

nice!(126)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

「民俗学」宮田登 講談社学術文庫 2019年 /ふえる一方の不登校をどうとらるか(上)「決断を次回送りにのばす悪癖の背景に-分かっていて動きのとれない、という心理-」 伊藤友宣(神戸心療親子研究室・主宰) 『月刊少年育成』2001年 ⑤【再掲載 2015.4】 [読書記録 民俗]

今回は、宮田登さんの
「民俗学」を紹介します。




出版社の案内には、

「民俗学って何だ?戦後の民俗学を発展させた泰斗による、決定的テキスト。
 人々の日常への探究は、いかに始まり、どう展開し得るか。これを読めば
 全体像がわかる!ハレとケ、山民/海民、カミとホトケ、ケガレ、女性と
 子ども……。人々の営みを学として探究するための最重要事項を、初歩か
 ら核心まで明快平易に講義。近世の萌芽から柳田国男、南方熊楠、折口信
 夫らに至る研究史をふまえ、さらには都市の民俗などアクチュアルな学問
 としての可能性を展望する。」

とあります。




今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「明治末に日本の近代化、工事化に対する批判姿る勢をもった柳田民俗学
  現代社会に現実に生きている民俗の意味を問う。その枠組みとして、
  『常民』『ハレとケ』の概念」


・「古風への関心。宣長の視点は古代文化の記録の必要性。
  菅江真澄(1754-1829)の視点各地の風俗習慣を丹念に記録」


・「最初の民俗調査は大正7(1918)年の神奈川県津久井郡内郷村でのフィー
ルドワーク。村の外からの知的刺激が民俗の在り方を変えていくと柳田
は指摘」


・「柳田國男と南方熊楠の差異」





もう一つ、再掲載になりますが、伊藤友宣さんの
「ふえる一方の不登校をどうとらるか(上) 決断を次回送りにのばす悪癖
 の背景に-分かっていて動きのとれない、という心理-」を紹介します。
八ツ塚実さんの言葉が頭に残ります。







<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。











☆「民俗学」宮田登 講談社学術文庫 2019年

1.jpg

◇まえがき
 
 日本  
   本居宣長や平田篤胤、菅江真澄
   ↓ 
   田舎の習慣に古代を求めたり、他界観、神概念
       ↓
   明治末
     日本の近代化、工事化に対する批判姿勢をもった柳田民俗学
 
 ◎ 現代社会に現実に生きている民俗の意味を問う
     
 ○ その枠組みとして「常民」「ハレとケ」の概念



◇Ⅰ 民俗学の成立と発達

1 20世紀の学問を目指して

  日常生活の認識
国学に系譜 - 在野の研究者と糾合した柳田國男が体系化

  ヨーロッパの民俗学
イギリス 1846 トムズ フォークロア
1890 ゴンム 「民俗学ハンドブック」
グリム 「ドイツ神話学」1835 昔話の収集


2 古風への関心

宣長の視点 
    古代文化の記録の必要性
  
  菅江真澄(1754-1829)
    各地の風俗習慣を丹念に記録

  菅江真澄と屋代弘賢
菅江真澄
      1754三河生まれ 白井英二・本草学の知識
真淵門下の国学者 植田義方の指導を受けた
      『遊覧記』70冊 絵も巧み  

    屋代弘賢(やしろひろたか 1758-1841)
      幕府の寺社奉行手付
      文化13年頃アンケート 
        年中行事、冠婚葬祭


3 平田篤胤の幽冥界探求  

異人への関心
   『仙境異聞』『勝五郎再生記聞』
   15歳以下の少年 
       - 現世と幽界とのメッセンジャーと考えられた

  勝五郎再生記譚  
    文政6年(1823) 
      再生暗示
      柿の木と竈
    勝蔵から勝五郎に再生する過程 
      異人たる山人支配観 
仙童寅吉


4 20世紀初頭の民俗学

  フィンランド民俗学 
    <カレヴァラ>研究  
     クローン父子の業績
  
  アメリカ民俗学   
    1888民俗学雑誌
       F.ホアズ トムプソン ドーソン  

  アジアの民俗学  
    中国 1927 中山大学民俗学会



◇日本民俗学の先達たち

1 柳田國男と郷土研究

民俗学への第一歩
柳田國男(1875-1962)兵庫県神崎郡福崎町生
農商務省 
    明治42~43
      『後狩詞記』『遠野物語』『石神問答』
1914 高木俊雄と協力して「郷土研究」
郷土で或もの(日本人の生活、民族の一団としての過去の経
      験)を研究しよう 
       = 日本文化研究
  
  郷土研究 
明治43(1910)年12月創立 12月4日新渡戸稲造宅で郷土会の初会
    合
    石黒忠篤(農政) 木村修三(農政) 正木助次郎(地理) 小野武夫
    (農政) 牧口常三郎(人文地理・創価学会) 小田内通敏(人文地理) 
    十時弥(ときわたる 社会)
    
  □郷土
   = ムラ 
   = 地域住民のまとまり
       地理学的に
    
  □郷土の社会変動
  

 最初の民俗調査 
大正7(1918)年 神奈川県津久井郡内郷村 フィールドワーク
    村の外からの知的刺激が民俗の在り方を変えていくと柳田は指摘 


2 南方熊楠の比較文化論

南方熊楠の批判
    南方熊楠VS柳田國男
  
  南方熊楠観 
    1867-1941
    神社合祀反対 1909~


3 柳田國男と南方熊楠の差異

人類文化の普遍性
南方 ~ 比較民俗学、比較文化論的視点
  
  柳田民俗学の基本  
『郷土生活の研究』1935 
    『民間伝承論』1934 
    『国史と民俗学』1935
    
  柳田國男 
   - 有形文化、言語芸術、心意現象に分類 


4 折口信夫と渋沢敬三

常世(とこよ)・客人(まれびと)
折口信夫
     … 古代研究に民俗学的方法を導入  
       常世の国・客人信仰

    渋沢敬三たち 
  アチックミュージアム 
      中山太郎、喜田禎吉、早川孝太郎、宮本常一、赤松啓介




◇常民と常民性

1 常民の位置づけ

 ※ 途中まで








☆ふえる一方の不登校をどうとらるか(上)「決断を次回送りにのばす悪癖の背景に-分かっていて動きのとれない、という心理-」 伊藤友宣(神戸心療親子研究室・主宰) 『月刊少年育成』2001年 ⑤【再掲載 2015.4】

1.jpg

◇ はじめの三日が勝負

 私より一つ年下なのに、先年急逝なさった広島の元中学教師の八ツ塚実先
生が口ぐせに

「登校拒否ははじめの三日が勝負」

とおっしゃっておられました。



 早く亡くなられたのが残念でたまらないのですが、これは、なる前になら
せるな、ということを言ってるのですね。


 はじめの3日って、3日休んだ状態では、決してまだ登校拒否だか不登校
だかにはなっていない、なる前になりそうだと察した時に芽をつんでおかな
いと、なってから引き上げるのは、回りも大変、当人も大変だぞ、といって
いるのですね。


 中学生の頃から、井上ひさしがよしとなったら夢中で出ている本を全部読
破するとか、スポーツはなんでも人なみ以上にこなせるとか、中学生として
最優秀の部類に属する位の加藤少年でも、なにもかも中途半端という中学生
としての実績の、いい加減さを、自分でいい加減に実感していて、そのいい
加減さを自分そのものだと決めつけて、落ち込んでしまう。


 私に時々会わないと目の下に隈ができると少年自身がはからずとも言った
ように、自分のありようと、自分の本来の資質といったらよいか、つまり、
状態と本質をちゃんと見分けて、自分を整理し直して、本来の自分に対する
誇りを持ち直すといったらよいか、それが悪い習性を自分のものにする前に、
ちゃんと出来るような、話の相手がいるのだと思うのです。


 状態と本質。言いかえれば、見てくれの姿と、もともとの生地と。


 八ツ塚さんの口ぐせだった「はじめの三日が勝負」の意味は、見てくれと
生地をいっしょくたにとらえて、「自分はあかん奴じゃ」と自分を決めつけ
ておち込ませてしまうな、ということだったのだろうと思います。




◇「だけど」の代りに「だのに」     

 私は、「事を憎んで、人を憎まず」が、人間の本然の姿だ、と誰にも言い重
ねています。


 状態と本質の違い。

 見てくれと生地の違い。

 今なしている事柄と、本来、心の根にあることの違い。


 みな同じことを指しています。


 頭でめぐらす理づめの考えと、第六感的にひらめく心の思いの違いでもある
のでしょう。


 私は先きに、登校拒否だか不登校だかは、個々の子どもの問題と見る以上に、
世の中全般の不用意な歪みのしわよせと見るべきではないかと述べました。


 戦後二十年たった頃、「もはや戦後とは言われない」とよく言われたもので
す。


 のに、一般の世の中の趨勢は、ずるずると決められたように効率的に流れる
ということのみをよしとして、基本から思い直すとか、本質論を問い直すとか、
すべてを揺さぶり直してみるということをしないで、経済面でも実に無自覚に
調子づいて、発展の一途だと思い込み、ついにバブルが崩壊したと嘆いてはな
す術を知らない、という成り行きなのですね。


 学校はなぜあるのだ。

 なぜ子どもは行かなきゃならないのだ。

 勉強って、いったい何なのか。

 けんかやいじめがどうして無くすことができないか。

 なぜ友達とつきあわずに一人でいることがいけないことなのか。

 はては、なぜ生きているのか、

など、根元的な問いに、大人達はなぜこんなに答えてくれないのか、などなど
が分からない。


 分からないと言えば、ほんとになにもかもが分からない。

 どうしようもないや。

 どうでもいいさ。

 深く考える奴はバカだ。


 納得させることができる論理で原因から結果、結果から原因への理屈のすべ
てを説明してやろうといくら力んでも、納得させられそうもないから、大人は
子どものそういう直裁な問いかけには逃げたりごまかしたりとぼけて、そこに
こだわる子は、よそ道にそれた子だとして問題視するのが、子ども達には納得
できないのですね。


「君はそういうけれども、世の中は実際こうこういうものなのだ」


という、″だけど″でつなぐ大人の物言いを、子どもは話にならないやと毛嫌
いします。


 真剣に聞いてやって、

「うん、君の経験や考えでそう考えるのか。なる程なあ。よ-く分かるよ。分
 かるさ。のに、ねえ。だのにねえ、なのにだよ。世間はそういう考えとは実
 際ずいぶん違うことが、ねえ、君も感じているのだよなあ、なのに、君の考
 えは、今君の力説した通り
 なのだ」


という、″だのに″を使い通して、子どものマイナス発想を、知らず知らずの
うちにプラス発想へと転回させるよう、日々のカウンセリングに、いそしんで
いる私です。


 不登校の多側面を、その二、三について、いくつかの事例を元に、もう少し、
あと続けていこうと思います。

nice!(129)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 民俗 ブログトップ