SSブログ
読書記録 歴史 ブログトップ
前の2件 | -

「瓦」森郁夫 ニュー・サイエンス社 1986年 /「読みの力を確実に付ける」神戸落ち研 深澤英雄 明治図書 2002年①【再掲載 2012.10】 [読書記録 歴史]

今回は、森郁夫さんの
「瓦」紹介します。


20年以上も前のことです。
知り合いの教員が近所の崖から拾ってきたと布目瓦片を見せてくれました。
軒平瓦の一部でしたが、大きさの割に重さを感じました。
古代瓦に興味をもつようになり読んだ本です。
自分には大変勉強になりました。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「瓦葺き建物は古代では権威の象徴だった」


・「古代瓦の基本は、丸瓦・平瓦・軒丸瓦・軒平瓦・道具(役)瓦」


・「奈良時代には屋根の隅々にまで機能的な瓦があった」


・「古代瓦には枠にぬりつけた際の『布目圧痕』が裏に残ることが多い。
丸瓦の場合すり消されていることが多く、跡が残っているのは平瓦が
  ほとんど」



もう一つ、再掲載になりますが、深澤英雄さんの
「読みの力を確実に付ける」を載せます。
定評ある神戸落ち研の本ですから、力の向上が期待されます。
「神戸落ち研」といっても
「神戸大学落語研究会」ではなく、
「神戸学力の基礎を鍛え落ちこぼれをなくす研究会」です。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「瓦」森郁夫 ニュー・サイエンス社 1986年

1.jpg

◇瓦の種類

□瓦屋根 
 細枝・草 → 茎 → 板 → 土 → 瓦

 構造
   ① 切り妻造り 
   ② 寄せ棟造り 
   ③ 方形(宝型)造り 
   ④入母屋造り

 古代
  … ◎ 瓦葺き建物は権威の象徴



□瓦の種類

(1)瓦の歴史的名称

   奈良時代
      男(お)瓦 女(め)瓦 鐙(あぶみ)瓦 宇(のき)瓦 堤(つつみ)瓦 沓形(くつかた)
  ↑  ↑   ↑  ↑   ↑   ↑
丸瓦 平瓦 軒丸瓦 軒平瓦 熨斗瓦 鴟尾

   その他に
     面戸瓦 鬼瓦 雁振瓦 螻羽瓦

◎ 奈良時代には屋根の隅々にまで機能的な瓦があった


(2)丸瓦と平瓦

  〈基本〉 丸瓦・平瓦・軒丸瓦・軒平瓦・道具(役)瓦

   葺き方
     ① 本瓦葺き 
         丸瓦と平瓦の組み合わせ

     ② 桟瓦葺き


   丸瓦 有段 玉縁式丸瓦

   平瓦 「広端」と「狭端」(手前)

   無段 行基式丸瓦

◎布目
      布目圧痕
平瓦 ほとんど
丸瓦 すり消されている






☆「読みの力を確実に付ける」神戸落ち研 深澤英雄 明治図書 2002年①【再掲載 2012.10】

[出版社の案内]
読むといっても範囲は広い。読解力をどう身につけるかという課題ももちろん
ふくまれる。本書では、読む力の基礎の基礎である「音読」と、さらに「読書」
の力を育て、伸ばす方法についての実践的指針を書いている。

1.png

◇はじめに
□小学生の学力の分極化
大切
    読む力を付けることと書く力を付けること

読む力
   ・ 学力の上限の規定
・ 教科書をはっきりした声で正しく読み通す力=音読力
・ どの子もきちんと読める学級


□「三安がある学校」

  「安全・安心・安定」 + 「学ぶことが楽しい学校」
   = 人間としての土台作り

音読 
  … すべての子に当該学年の教材文を声に出してすらすら読める力を付け
   る。

読書
  … 本を読む習慣を身に付けさせ,本好きな子にする。



◇音読(1)

<基礎音読>

1.音読の働き
  小学校の目標
  ◎すべての子に当該学年の教材文を声に出しすらすら読める力を付ける。

 
  三つのはたらき 
    ① 内言の力を伸ばす

 ② 音読ができることで自らの能力に対する自信を持ってくる
    集中・連続

 ③ 声に出して読むことが脳を活性化させる


2.連れ読み(模倣と習熟)

□一斉音読の功罪 
   マイナス 
     ① 句読点で空けるとは限らない

② 読み癖が付いてしまう 不必要な抑揚

③ 会話体の読みに個性がなくなる

プラス
     ① 抵抗がある子が参加しやすい

② できない子も引きずられてリードされて読める

③ 句読点で区切ることで調子よく読むことができる  

 
□連れ読み(読点読み,句点読み)
  振り仮名を打たせる

   姿勢ポイント
      ① 教科書を両手で持つ
 
      ② 肘はやや張る

    ③ 肩胛骨が合うように背骨を伸ばす

  ④ 腹と机の間は5㎝ほど開ける

    ⑤ いすはひきつける

     ※ ゆっくりとしたテンポで読む

 
□指導のポイント
   ① 望ましく読めない所は,指導を徹底する。できるまでやらせる。
  句読点読みで正しく

② 褒める 
       少しの変化を褒める 
       読みの間に評価を入れる

 
□連れ読み(段落読み)
  机間巡視(声を掛けたい)
     「声がしっかりでているね」
     「姿勢がいいね」
「口を大きく開けているね」

   苦手な子
     → 教師の机の周りに集めて連れ読みから
→ 句点読み
     → 読点読み
     → 段落読み
  
 
□変化のある反復
・一人連れ読み 教師の後一人が
・複数連れ読み
・一文交互読み 句点で交互に(教師と子ども)
・テンマル交互読み 「、」や「。」で交代
 ・順繰り読み

 
  ◎芦田恵之助 国語教育 「皆読,皆書,皆活,皆綴」
一人ずつ交互に (一人一文,一人二文,班で一文)
  ・ ペアー交互読み
         隣同士
  ・ 掛け合い読み  
         男子と女子
  ・ リレー読み 
         間違ったら同じ班の子にバトンタッチ
= ゲーム感覚でリレー読み
  ・ 小先生方式
         子どもが先生になって連れ読みしたり友だちの音読を聞い
        て批評させたりする。
 ・ 録音宿題

nice!(123)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

「戦国大名と読書」小和田哲男 柏書房 2014年 / 東井義雄さんの言葉 34 「どの子も必ず救われる 私の家庭教育論」 東井義雄 明治図書 1983年 ①【再掲載 2017.6】 [読書記録 歴史]

今回は、小和田哲男さんの
「戦国大名と読書」を紹介します。


ラジオで小和田哲男さんの講演を何回か聴きましたが、
大変わかりやすく聞きやすいですね。


出版社の案内には、

「徳川家康が天下を取れたのは、おそるべき読書魔だったからだ!早雲・
 元就・信玄・謙信から光秀・官兵衛・政宗・兼続まで…彼らの幼年・
 少年時代の読書歴が、その後の人間形成にどのような影響を与えたの
 かを探る!」

とあります。






今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「武将子弟の寺入りは家督予備軍のプール」


・「竹千代は8歳から義元の人質となったが、人質と言うより特別待遇の
人質だといえる」


・「必読書だった『四書』『五経』」


・「家康が読んだのは『源平盛衰記』」




もう一つ、再掲載となりますが、
「東井義雄さんの言葉 34」を載せます。
定年退職したら東井義雄記念館に行こうと思っているのですが、
安心して行くことができる状況にはまだなっていないのが残念です。






<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「戦国大名と読書」小和田哲男 柏書房 2014年

1.jpg

◇教育者としての禅僧の役割
 
□武将子弟の寺入り
   石田三成「三献茶のエピソード」
寺入り
     ~ 家督予備軍のプール
   今川義元  
     善徳寺(富士郡瀬古-太原雪斎) 
      → 建仁寺、妙心寺で教育


□上杉謙信を育てた天室光育


□今川義元・徳川家康を育てた太原雪斎
義元 = 方菊丸 五男 富士郡の善徳寺

竹千代 8歳から義元の人質
元信 → 元康(人質と言うより特別待遇の人質)

雪斎の教育を受けさせている


□伊達政宗を育てた虎哉宗乙



◇どのような書物を読んでいたか
 玉木吉保の「身自鏡」から
  「庭訓往来」の世界
 「実語教」と「童子教」
  必読書だった「四書」「五経」
 「貞永式目」が読まれたのはなぜか



◇実践に応用された「武経七書」
「武経七書」とは
北条早雲と孫子の兵法
毛利元就と呉子の兵法
武田信玄と「風林火山の軍旗」
黒田官兵衛と孫子の兵法
  羽柴秀吉と孫子の兵法 
徳川家康による兵法書の印刷



◇戦国武将にとっての占筮術
  五経の筆頭にあげられる「易経」
足利学校と易学
  軍配と易筮 
徳川家康と閑室元佶の易筮



◇幅広く読まれていた中国の典籍
武田信繁の家訓から
  「三史」といわれた
    「史記」「漢書」「後漢書」
  「詩経」の読まれ方
  直江兼続の「古文真宝後集抄」の書写   
家康も学んだ「貞観政要」



◇「平家物語」と「太平記」
毛利・吉川氏と「平家物語」「太平記」
北条早雲と「太平記」読み聞かせ
  家康が読んだのは「源平盛衰記」



◇利休たちはなぜ王朝の古典文学を読んだのか
  明智光秀の「愛宕百韻」と「源氏物語」
  連歌師が「源氏物語」を○○(?)していた



◇漢詩・和歌と戦国武将  
武田信玄の漢詩
上杉謙信の漢詩
  直江兼続の漢詩
  伊達政宗の漢詩



◇家康愛読書と印刷出版事業
  駿河文庫の主な蔵書  
侍医板坂卜斎の観察 「慶長記」
  蔵書を通じた家康と直江兼続の交流
  散佚する可能性のある書籍の蒐集と書写
  家康が手がけた出版事業   







☆東井義雄さんの言葉 34 「どの子も必ず救われる 私の家庭教育論」 東井義雄 明治図書 1983年 ①【再掲載 2017.6】

1.jpg

<死への道・生への道>

◇重病のガンを病んでいる
□「校内暴力」「家庭内暴力」
 ガン 
 「竹やぶで竹の子を一本掘ってもすぐまた竹の子が生えてくるのは、そこ
  が竹やぶであるからである。ガンを取ってもまたすぐガンができるのは
  身体全体がガン畑になっているからである」

  ◎ 今日本の国は国全体が「ガンの竹やぶ」「ガン畑」


□性の乱れ 
 女子の乱れ方が目立つ


□青少年非行
 坂口拓史(青少年非行防止問題研究所主宰)
『万引き』(図書刊行会)日本の万引き人口は一千万人超

  こういう病状の中に日本の青少年 - 汚染


□生命力の衰弱
 登校拒否症 
  共通点 = 内気でおとなしい神経質でわがまま
  (次の傾向が多い)
・算数体育が嫌いでクラブ活動や学級活動・生徒会活動などを敬遠する
  ・友達が少なく中学生では殆どが「ひとりぼっち」
  ・母親が教育一手 - 父親放任
母親(小)場当たり的で一貫性がない
(中)猫かわいがり

 大学生 
  「騒がない」「しゃべらない」「質問しない」 
「読まない」「書かない」「知ろうとしない」
無気力現象


 日体大体育研究所長 正木建雄教授
・防衛反射能力・基礎的能力に異常が目立つ
・顔・頭のけがが増えている、骨折増、高血圧
・背筋、土踏まず

   ◎ 悪魔のような原爆さえ破壊しきれなかった民族の生命力が内部崩壊



◇歩んだ道への疑い
□教育においてはものの貧しさよりも豊かさの方が恐ろしい
 便利なもの
 人間の欲望を充たしてくれそうなもの
    → 人間を駄目にする危険性


□都会とは
 
  … それらが競争のように手練手管の限りをつくして人間を誘惑しよう
   としあっているところ


□高坂堯雄(京都大学)『文明の衰亡するとき』(新潮選書)
「繁栄は衰亡の本質を熟成する」
  ◎ 繁栄が日本全体を「ガンの竹やぶ」「ガン畑」にしてしまった。
◎ 一番抵抗力の弱い青少年が、子供たちがその魔力にやられてしまっている
= 今日の青少年問題

   先進国諸国ほど青少年問題が深刻化

nice!(152)  コメント(4) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 歴史 ブログトップ