SSブログ
読書記録 歴史 ブログトップ
前の2件 | -

「三方原の戦い」小和田哲男 学研M文庫 2000年 ④(最終) /「志」について 鍵山秀三郎  ② (出典不明) 【再掲載 2016.8】 [読書記録 歴史]

今回は、5月28日に続いて小和田哲男さんの
「三方原の戦い」の紹介4回目 最終です。




出版社の案内には、


「元亀三年十月、甲府に発った二万五千の武田軍は、遠江の三方ヶ原の
 戦いで徳川家康を撃破し、そのすごさを天下に知らしめた。この遠征
 を真の目的とはいったい何だったのか?はたして信玄に天下盗りの野
 望はあったのか?戦国史研究の第一人者が、豊富な資料を駆使して三
 方ヶ原までの道程を詳しく分析しつつ、緻密な推理で“戦国史の謎”
 に迫る。」


とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「信玄の、家康を浜松城からおびき出す作戦が『三方原の戦い』
  家康は信玄の挑発に乗ってしまった。」


・「『犬のような』と表現される滅私奉公の論理に裏付けられた三河武士
の忠誠心により家康は命拾いした。」


・「信玄の死に救われた信長と家康」






もう一つ、再掲載となりますが、鍵山秀三郎さんの
「志について」②を載せます。
中学生に向けての講演会の内容の一部ですが、
大人のわたしの心にも大きく響きました。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆「三方原の戦い」小和田哲男 学研M文庫 2000年 ④(最終)

1.jpg

◇おびき出された家康

 信玄方 
   25000

 家康方  
   8000 + 3000(信長援軍)=11000

◎「兵多きが勝つ」兵法の原則

 信玄の「家康を浜松城からおびき出す」作戦 = 三方原の戦い
  ~ 家康は信玄の挑発に乗ってしまった ~



◇戦いは石合戦で始まった

 三方原に信玄軍が待ちかまえていた
5時頃から戦が始まった

「八備」崩され総退却

 家臣が家康の身代わりになり死んでいき命からがら浜松城に逃げ帰る
夏目吉信 
      家康の身代わりに
布橋一丁目に碑
松井(鎧)
   鈴木久三郎(采配)

◎「犬のような」と表現される三河武士の忠誠心
      |
   ◎ 滅私奉公の論理に裏付けられた三河武士の忠誠心により家康
    は命拾い
      ↓
   ◎ 家康にとり譜代家臣は宝

◎ 途方に暮れ呆然とした姿を絵師に描かせ、それを常に身の回
    りに置いていた
     ~ 徳川美術館の家康画像

自分が慢心しそうになるとこの絵を取り出してながめ、苦しか
    った頃のことを思い出していた

◎ 失敗の経験をプラスに転化



◇「空城の計」は史実か?
   
 信長援軍の将・平手汎秀
   道に迷い、稲場で討たれる
    - 石碑と墓


 信長援軍の将・佐久間信盛
戦線離脱
    → 味方を見殺し のち信長により追放される

 ◎ 一人の人間の生死を度外視して、「家」の存続と発展という面から
  考えると、戦場で死ぬというのは最大の名誉であり、家名存続の方
  法であった。
       ↓
 ◎ 生き恥をさらすな
     → 日本の軍隊に


 逃げる家康の後を山県昌景と馬場信房らの隊が追撃

帰城 
   → 城門を開け放ちかがり火を焚くよう命じる
    ◎ 城内で太鼓「酒井の太鼓」(歌舞伎) 
- 史実ではない
     → 家康の神格化    
◎ 逃げ帰ってくる将兵が後を絶たず、収容する必要から



◇犀ヶ崖の夜襲

 「浜松御在城記」
大久保忠世と天野康景の二人
   
 当時 深さ10m 幅4~5mの崖

 鉄砲をかき集め、100騎ほどで奇襲を掛けた 12月22日
→ 逃げ場を失いたくさんの武田軍が落ちて死んだ

浜松城側に橋を渡り追い返されるときは橋をとられていたため落ちて
しまった
 - 夜襲は史実



◇信玄の死に救われた信長と家康

 刑部で越年する信玄
三方原の戦い 元亀3(1572)年12月22日
午後5時~夜半 徳川方大敗

武田信玄 首実検
23日朝 犀ヶ崖北方の本陣で
1000余りの首をとる


 刑部(細江町中川)で陣
通称刑部に刑部砦 砦跡 3陣
元亀3(1572)年12月22日
     ~ 元亀4(1573)年1月3日
→ 信玄の病気が悪化



◇野田城の戦い

 刑部 → 野田城



◇信州駒場で死去

 信玄の死とその影響
死は3年間秘密に
   → 室町幕府の滅亡に









☆「志」について 鍵山秀三郎  ② (出典不明) 【再掲載 2016.8】

◇「三つの幸せ」について

 人間は一人の例外もなく、幸せに生きたいという願望を持っています。


 しかし、どうしたら幸せな生き方ができるのか。具体的にわからない
人も多いのではないかと思います。


 そこで、私がGLAの高橋佳子先生から教わった「三つの幸せ」をご
紹介します。

 幸せな生き方をするための参考にしてください。
 


 幸せには三つあるといわれます。
 

 一つ目の幸せは、してもらう幸せです。
 

 皆さんが赤ちゃんのとき、お腹が空いたといっては泣き、オムツが濡
れたといっては泣きました。

 
 するとお母さんが飛んできて、おっぱいを欧ませてくれたり、オムツ
を替えてくれましたね。


 そのとき皆さんは幸せでした。


 これが「してもらう幸せ」です。
 


 二つ目は、自分でできるようになった幸せです。
 

 字が書けるようになった。一人で自転車に乗れるようになった。サッ
カーがうまくなった。


 これが「できる幸せ」です。


 何でも自分でできるようになると、偉くなった気がして嬉しいもので
す。




 でも、その次の幸せがあります。それが、「人にしてあげる幸せ」で
す。

 人がしてほしいことをしてあげれば喜ばれますね。そんな人は頼り
にされます。


 人に物を差し上げる、自分の身体と時間を使って何かして差し上げ
る、相手の喜こぶして相手の喜びをわが喜びとする。


 この幸せを大事にしていただきたいの「してあげる幸せ」は三つの
幸せのなかでも最高の幸せです。



 さあ、皆さんも「してもらう幸せ」から「できる幸せ」へと進み、
そして「してあげる幸せ」を味わえる人になってください。

nice!(123)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

「三方原の戦い」小和田哲男 学研M文庫 2000年 ③ /「非行の予防学」佐々木光郎 三学出版 2011年 ①【再掲載 2016.5】 [読書記録 歴史]

今回は、5月24日に続いて小和田哲男さんの
「三方原の戦い」の紹介3回目です。




出版社の案内には、


「元亀三年十月、甲府に発った二万五千の武田軍は、遠江の三方ヶ原の
 戦いで徳川家康を撃破し、そのすごさを天下に知らしめた。この遠征
 を真の目的とはいったい何だったのか?はたして信玄に天下盗りの野
 望はあったのか?戦国史研究の第一人者が、豊富な資料を駆使して三
 方ヶ原までの道程を詳しく分析しつつ、緻密な推理で“戦国史の謎”
 に迫る。」


とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「一言城の戦いの殿(しんがりが本多平八郎忠勝
見事な武者ぶりに武田方は
    『家康に過ぎたるものが二つあり唐の頭に本多平八』」


・「家康が浜松城として引馬城をも城地として囲んだのは
引馬・曳馬が馬を引くという敗戦イメージがあるから?」


・「天竜川の流路は古代の鹿玉河(あらたまがわ)
  現在の馬込川が古代の天竜川にあたる」


・「和地村・祝田村・都田村三か村の入会地だから三方の原?
ミカタバラと呼ばれるが歴史的にはミカタガハラ」



もう一つ、再掲載となりますが、佐々木光郎さんの
「飛行の予防学」①を載せます。
家庭の大切が何より大切だと教わります。




<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。





☆「三方原の戦い」小和田哲男 学研M文庫 2000年 ③

1.jpg

<信遠国境を越える武田軍>

◇「都より甲斐の国へはほど遠い」元亀2(1572)年4月末

 10月3日たつ
   義景 長政をたよる

 ルート 
   256号線沿いか



◇青崩峠と兵越峠

 元亀3(1572)年
   10月10日 遠江入り
 青崩峠 1080m
    -  北東2㎞に兵越峠 1180m
国道152号線の迂回路

 天野氏(犬居城) 13世紀後半から

只木城   落城 (天竜市)

天方城   落城 

飯田城   落城

冬和城   落城 (掛川市)

久野城 落ちず(袋井市)



◇三箇野川の戦い

 三箇野川あたりで武田軍との戦い
見付の町に火をかける(味方の戦略のため)
見付 - 自治 
          一の谷の中世墳墓群の集石墓

「見付の町衆が火を掛けた?」
     → 恩を売り特権を

 一言城の戦い
殿(しんがり)本多平八郎忠勝
見事な武者ぶり 
   武田方
    「家康に過ぎたるものが二つあり唐の頭に本多平八」

 武田軍勝利
  → 進路を北にとり二俣城攻め



◇美濃・三河も同時進行

 別働隊
   秋山信友 → 東美濃
山県昌景 → 東三河

 岩村城 
   遠山景虎の妻 信長の叔母
→ 未亡人 = 女城主 五男の五坊丸送られる
11月14日 無血開城 
     大将秋山信友と女城主の結婚
五坊丸は人質として甲府に



◇東三河に侵略した山県昌景隊

 徳川軍の分断のため

 柿本城の鈴木氏攻め「井伊谷三人衆」

◎ 仏坂の戦い

 伊平城(小屋山城)落城




<二俣城の攻防>

◇二俣城攻めの大将は勝頼

 匂坂城落城
  - 穴山梅雪

 合代島に陣が取り
    亀井戸城?

二俣城 
   中根正守る 後背攻め防ぐため
浜松城監視のため



◇容易に落ちない二俣城

 11月下旬~ 
   二俣城攻め
12月19日 開城 2か月かかった



◇武田軍天竜川を渡る

 10月出兵~ 
   天竜川の水かさ  
    渡河点は神増・鹿嶋



◇家康の本拠浜松城

 本拠地見付に 
   城之崎城

元亀元(1570)年浜松城に方向転換  
   信長の反対? 
   天竜川が増水

 浜松城
   - 引馬城をも城地として囲む

◎ 引馬・曳馬 = 馬を引く = 敗戦イメージ



◇天竜川の流路

 古代-鹿玉河
   = 現在の馬込川が古代の天竜川
大天竜 小天竜




<三方原の戦い>

◇浜松城を攻めなかった信玄

 12月22日早朝
   天竜川を渡る

秋葉街道を南下
  |
有玉付近で進路を西に
欠下から台地上に
欠下をへて大菩薩に陣取り
欠下城
和地村・祝田村・都田村三か村の入会地

◎三か村 
        三方の原 歴史的にはミカタガハラ

 昼には追分けに到着
→ 姫街道 三河方面へ












☆「非行の予防学」佐々木光郎 三学出版 2011年 ①【再掲載 2016.5】

1.JPG


Ⅰ 思春期の問題行動から見た幼児期の大切さ
 
  非行の予防学 =「幼児期の大切さ」を強調

1 育ちの「土台」
  問題行動を反復する子

  = 自分が己に「非行をしてはいけない。他人に迷惑を掛けてはいけ
   ない」と言い聞かせる力がないか弱い

 ◎「適切でない養育」のもとで暮らしていた結果



2 源(みなもと)は家庭

(1)心地よい住まい 
       
   非行の子どもの家族
     - 常に衛生、清潔に無頓着

親が自分の生活を律する力がとても弱い

   非行児
     - 自分の居場所がない 

  【事例1 整わない】


(2)愛される存在

   非行児 
    - 小さい頃から愛されなかった子どもたち
   → いつも大人の顔色をうかがう

素直でない、ひねくれる = 不安定

【事例2 いらない子】
   「自分はいらない子」
  「自分はダメな人間」 


(3)規律ある生活習慣

  「養育ネグレクト」
   - 親自身の生活規律が乱れているので、子は「食べる、寝る、起
    きる、着る、清潔にする、排泄する」などの基本的生活習慣が正
    しく身に付いていない

   【事例3 健康なからだ】


(4)食事の風景

   非行と食事のあり方の相関関係はとても高い

   【事例4 栄養の補給】

  「食育」
     ① 「うまみ」を子どもに伝えてほしい
  出汁の味を知らない子

   ②「いのち」をいただくことに感謝する心を育ててほしい

   ③ 箸を使う食文化を大切にしたい

◎食前・食後のあいさつ、準備・片付けなどの基本的生活習慣を!

◎ 非行臨床では、子供の生活態度の改善にまず「ごちそうさま」


(5)絵本ネグレクト

   非行児 
    - 幼児の頃、親から絵本を読んでもらった体験が少ない


   幼児期の本の大切さ
    ① 絵本は豊かな心を育む 
   登場人物の喜びや悲しみ、うれしさ寂しさを追体験する

     ② 絵本の主人公は困っている者に手を差し伸べ、正義でない
      ものには立ち向かう姿や、仲間と一緒に困難を乗り越える物
      語が多い
    → ◎ 善悪の判断を知らず知らずのうちに学ぶ

     ③ 親とのスキンシップの効果
    子 - 自分が大切にされていると実感
     親 - 子どもからの反応から学び、豊かになる


(6)自然体験と「遊び」

   生あるものを慈しむ感情が育まれ、他者とのかかわりにおいても、
  むやみな暴力をふるわない

非行児
   - 一人で、屋内で、テレビゲームなどに また、早期教育

  ◎子ども同士、しかもできるだけ年齢の違う子同士の遊びを体験させ
   たい


◇まとめ

「非行をしない」子

 (1)身体が健康   基本的生活習慣が身に付いていることが大切

 (2)自尊感情をもち、自らの感情を美味く統制できる

 (3)表現力を豊かに育てる  
  言語、音楽、絵、身体的表現、絵本や遊びの体験

 (4)人間としてやってはいけないことが分かり決められたルールや
   きまりを守れること
   +

 ◎わが子のいろいろな可能性を信じ、長い目で成長を見守るという心構え

 ◎親も子育てを楽しみ、わが子と共に「育ち合う」姿勢


 ◎2つのポケットをうまく使い分ける
   ① 無条件に受け入れ、よいことを褒める気持ち
   ②「いけないことはいけない」という毅然とした態度     


nice!(134)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 歴史 ブログトップ