SSブログ
読書記録 歴史 ブログトップ
前の2件 | -

「お江」武光誠 平凡社 2011.1 ① /「一斉授業の復権」久保齋 子どもの未来社 2005年 ②【再掲載 2014.7】 [読書記録 歴史]

今回は、武光誠さんの
「お江」の紹介 1回目です。



出版社の案内には、


「お市の方を母とする三人の娘、茶々(淀殿)・お初・お江は、いずれも数奇な運命を辿っ
 た。小谷城の落城で父を失い、北の庄城落城のときに母と死別する。茶々は豊臣秀吉の
 側室となり、お初は母方の従兄の京極家に嫁ぐ。お江は二度の結婚に破れた後、徳川秀
 忠の妻になる。そして最後に、大坂の陣で姉妹同士が敵味方に分かれ戦ったのだ。戦国
 動乱から大坂の陣へ、戦国の世を女性たちはいかに生きたか。」


とあります。





今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「戦国女性は自ら進んで政略結婚に赴き、喜んで城を枕に自害した
  = 武家社会では妻が大きな力を持っていた」


・「大阪の陣   親キリシタン勢力 VS 反キリシタン勢力」


・「信長   専業の戦士からなる直属の軍隊を作り上げた = 俸禄(織田軍)」


・「織田信長は人物本位で娘たちの結婚相手を選んだ」





もう一つ、再掲載となりますが、久保齋さんの
「一斉授業の復権」②を載せます。
「個に応じた教育」には、当然お金がかかります。
環境を整えずに「個に応じた教育」を謳うことにより、教員の多忙化が進み、「ブラッ
ク勤務」が話題となり、教職志望者減少につながっているように思います。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト







ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「お江」武光誠 平凡社 2011.1 ①

1.jpg

◇序章 関ヶ原以降、戦は合戦から謀略戦に変貌
  
□関ヶ原合戦から大阪の陣に

 関ヶ原の合戦 
  → 西軍の真田昌幸が本拠の上田城に拠り徳川秀忠大軍を破る

  ↓ (昌幸の子幸村は大阪の陣で勇戦し徳川方を悩ませる)


 西軍 
  
  → 有利だったが、石田三成のまずい指揮が西軍の大敗に



□謀略が起こした大阪の陣

 豊臣家の淀殿(浅井三姉妹の長女)秀頼の母子 VS 徳川家



□戦国女性の能力

 戦国女性は自ら進んで政略結婚に赴き、喜んで城を枕に自害した
 
 = 武家社会では妻が大きな力を持っていた


 家康江戸入り(1590)以降
家康側室 - 阿茶局(須和)が力

秀忠   - お江が強い発言力



□淀殿とお江

「女性が武家の政治に関与する」

◎ 淀殿がおとなしく天下を徳川家に譲る方針をとっていれば、一つの大名家として存続
 することができた。お江も取りなすことができた。
しかし、…  互いに歩み寄りを妨げた事情があった



□キリシタンをめぐる反目

大阪の陣 

   親キリシタン勢力 VS 反キリシタン勢力
   (明石全澄(てるすみ))


 徳川秀忠の弟松平忠輝(キリシタンではないがスペインのステロと親しい)
  心配 ~ 失策が許されない → 秀忠はキリシタン憎しに



□徳川家の情報戦略

 家康の情報組織
   服部正成(半蔵)や柳生宗厳・宗矩父子






◇第1章 天下統一とお市の姫たち

□織田信長の残したもの

 天下をねらう魔王
   「何が何でも天下を取る」姪のお市の姫に大きな影響


 新たな時代をつくる
    戦国大名 軍勢は「国人」(小領主)の寄せ集め

↑↓ 農民兵を引き連れて戦場に出た

    信長   専業の戦士からなる直属の軍隊を作り上げた
俸禄(織田軍)


 織田軍 - 訓練に明け暮れ
集団長槍戦術 鉄砲隊


 人材登用 
   足利義昭たよる→1568年京都へ

   ◎ 自らの可能性を信じ難事に挑む決断力


 信長の野望
   信長 5年間で近畿地方統一

東の強敵 - 武田信玄

西の強敵 - 毛利輝元


  ・宣教師との会談多数 → 貿易 → 世界制覇の野望


 女性に優しかった信長


 織田信長は能力主義を取り家臣たちに過酷な扱い


 魔王・鬼 
   比叡山の焼き討ち(1571)

長島の一向一揆(1574)


 信長の側室 
   有力者 生駒家系の姪の吉乃(きっの=生駒氏)

正室  濃姫
  


□お市の方を求める男たち

 政略結婚の切り札  
   お市の方 - 信長の異母妹 1547年生

          織田信秀の元で大切に育てられた


 二度の結婚
   浅井長政に嫁ぐ 1567年(20歳)
浅井氏滅ぼされ、お市の方と浅井三姉妹は織田家に還る

↓ 信長没後

   柴田勝家と再婚 1582年(35歳)
秀吉に敗れ、お市の方は夫の最期に沿った



     娘だけが豊臣方の陣営に渡され命を長らえた


 同年の2つの合戦
   野良田合戦(浅井長政VS六角義賢)

桶狭間の合戦


 浅井家のお市の方 
   信長と朝倉義景の対立が浅井家と織田家を敵味方に

1570年 義昭と織田との対立


 浅井長政の決起 
   浅井氏 ~ 妻への愛情より武士としての信義を選ぶ

お市の方の知らせにより信長は帰京


 浅井家の滅亡と兄妹の情
1570~1573 浅井長政は3年間持ちこたえた


信長 天正元年(1573)7月義昭を京都より追放(室町幕府滅亡)

    8月20日 朝倉義景を自刃させた

    8月28日 浅井長政が切腹
  直後にお市の方と3人の娘は城を出た(長政の配慮) 
   
          淀殿(茶々6歳)

          お初   4歳

          お江   2歳

  ↓ 男児幾丸は福田寺に入る
   ◎ 織田家陣屋で保護


 織田家の女性たち
   織田信長は人物本位で娘たちの結婚相手を選んだ


 柴田勝家との再婚
お市の方と娘
   小谷城落城後岐阜城に入った
→ 清洲城   伊勢国上野城主・織田信包に



   ◎秀吉と勝家が結婚を望んだ しかし、信長は許さず

↓信長死後

   ◎秀吉は勝家に譲ることにより清洲会議を有利に進める策

   越前国北庄城の柴田勝家と再婚
翌天正11年  勝家 VS 秀吉

  勝家は敗れた → お市の方は夫と最期

淀殿(茶々) 16歳

お初    14歳

お江    11歳



  ◎ 豊臣政権のもとでこの三人の娘は波乱に富んだ経験






☆「一斉授業の復権」久保齋 子どもの未来社 2005年 ②【再掲載 2014.7】

<出版社の案内>

学力低下・学級崩壊を救うのは一斉授業だ!学力を真に鍛え、子ども一人ひとりをいきい
きさせる、その驚くべき“教育力”を示す理論と実践の書。
1.jpg


◇憲法と教育基本法に則った教育とは

□習熟度別クラス編成を巡って - 「能力別・分離・差別教育」

 ← 一年生の課題からの<さかのぼり指導>
 


「能力に応ずる教育」

  - 能力を事前に判定することが不確かな行為
    


 習熟度別

  → 能力別・分離・差別教育     



 佐藤学(東大)
「小学校では上位中位下位のどのグループでも有効性はなく,中学校では上位グループに
 おいて、適切な教育が行われた場合に限って有効性を主張する調査研究もありますが,
 いずれの場合も学力格差は拡大し,学校全体の学力向上にはつながらず,階級や階層や
 人種間の学力格差の拡大と差別に繋がります。」  





□普通教育は「普遍的」で「共通」な教育

 「普通教育の教諭」 
    増田孝雄氏「普遍的で共通に必要とされる教育」

 ◎ 普通教育は,知識や技能を身に付けますが,その行為を行う中で「人格の完成」
  を目指すもの
     
  
 普通教育 = 知識,技能 + 人格の完成
  
 
 計算を教えるだけなら「算数の初等専門教育」

    
 共に学び合うから  「算数の初等普通教育」
     

 本当に普通教育か?  





□学校は特殊なところであり続ける
    
 学校を外部からの圧力によって変えようという動き  
 
  人事考課 学校選択制 民間人校長の登用 中高一貫教育 教育特区 学校評議員制度
   
       ∥    

 ◎教育を破壊しようとするエネルギー

  1 戦前の教育への回帰 (国家主義教育の復活)

2 戦後教育への怨念  (機会均等,平等主義の否定)

3 新自由主義の理念  (強者のための規制緩和)


 ※ 教育の民営化を企て,そのおこぼれをねらう人たち

  |


 ◎学校は特殊なところであり続けるべき!
 
  どんなときでもどんな子でも愛することのできる特殊な人間(=先生)のいる所


 愛する
   = 何の躊躇もなく,よどみもなく,その子の成長を願い鍛えること


nice!(145)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

「日本文化の源流を求めて」立命館大学文学部 文理閣 2010年 ②(後半) /「教育改革は改革か」 土居建郎編 PHP 2001年 ⑤(最終)【再掲載 2011.11】 [読書記録 歴史]

今回は、4月5日に続いて、立命館大学文学部から出ている
「日本文化の源流を求めて」2回目 後半を紹介します。



出版社の案内には、


「縄文のいにしえより、東アジア世界とかかわりつつ、独自の発展をとげた日本文化。古
 代信仰・神道・仏教・いけばな・茶・能・狂言・文楽・和歌・食…その源流を探す旅に
 でませんか。」


とあります。







今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「大本教弾圧」

「出口王仁三郎(おにさぶろう)  エスペラント語、合気道 『霊界物語』 もと81 巻83冊」

「出口なお  『今の世は獣の世(強い者勝ちの世)である』=近代化批判、お筆先」


・「大本教は日本のエスペラント運動をリードする役目」


・「比較の中で育つ子ども - 『いい子』を要求されて育つ子ども」


・「植芝盛平=合気道創造(大正~昭和) 盛平は王仁三郎の弟子」


・「会社は一つの共同体として文化を生み出す主体」





もう一つ、再掲載となりますが、土居建郎さん編による
「教育改革は改革か」⑤を載せます。
教育改革は、次から次へと打ち出されます。
そのたびに現場が混乱し、多忙化につながっているのではないでしょうか。
せめて「改革の検証」がなされるべきだと思います。




<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト






ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。




☆「日本文化の源流を求めて」立命館大学文学部 文理閣 2010年 ②(後半)

1.jpg

◇脱近代を目指す異端の宗教運動 広瀬浩二郎 民博准教授

□大本教弾圧 大正10年 昭和10年 高橋和己「邪宗門」

 2人の教祖 
  ①出口王仁三郎(おにさぶろう)
    エスペラント語、合気道

「霊界物語」 もと81 巻83冊

  ②出口なお    
    「今の世は獣の世である」 = 近代化批判、お筆先

    「獣の世」 = 強い者勝ちの世
        

 ※王仁三郎の思想が政府にとって目の上のたんこぶ 

  → 弾圧 

なお 「お筆先」「今の世は獣の世であるぞよ」端的な表現

↑↓

王仁三郎 「霊界物語」オブラート、曖昧 = なお派への配慮

 ※第一次大本事件 
    大正10年不敬罪、新聞紙法違反

「大正維新」「立て替え」「世直し」



   ◎ 教団の内部事情と弾圧への配慮(2つの理由)



分かりにくい「霊界物語」



□耳で見る「霊界物語」の宇宙

 「霊界物語」
   王仁三郎の言葉を口述筆記

神懸かり的能力
文字を使わない語りを重視
     
 ※王仁三郎
  ~ 日本の伝統物語のよさと深さを体系化した人物 

「耳で見て目で聞き鼻で者を食うて口でかかれば神は判らず」


  ◎語り - 人間の五感を刺激する力

「霊界物語」単なる教典ではなく「耳で見る語り」



□大本教とエスペラントの人類人主義

 エスペラント語
   1887年 ポーランドの眼科医師・ザメンホフ 人工言語


国際補助語 国際共通語
  日本では宮沢賢治、北一輝、黒坂勝美(歴史学)

 ◎言語帝国主義への反発
  
  -みんなが平等に勉強しないといけない 「人類人主義」

 ◎文化人類学
   ~ 文化相対主義



  民博 キャプションは日本語のみ → 英語も


 王仁三郎
  「世界のイロハ」の必要性

大本教は日本のエスペラント運動をリードする役目

「宗教化」の先駆

「万国同根」すべての宗教が同じ根っこから発している



□植芝盛平 

 合気道創造(大正~昭和)
盛平は王仁三郎の弟子



 大本教のある綾部に住んで人類愛善思想
   <天性の武道家としての資質 + 王仁三郎の教義>

◎合気道と大本教の関連性
  
    王仁三郎と植芝の宗教的つながり 



□なぜ大本教は弾圧されたか

 王仁三郎 

 → 「霊界物語」を通じてエスペラントや合気道を柔軟に取り入れた

根本はスサノオ主神論(アマテラスの弟)

      ↑

 ◎当時の天皇制国家はアマテラス絶対だっので異端として弾圧

「脱近代」(なおは「非近代」)
合気道やエスペラントで

「霊界物語」-「みろくの世」

昭和10年 検挙  過酷な拷問も!

◎アマテラスによる理不尽かつ一方的なスサノオ弾圧
               
    ◎野蛮な宗教弾圧(治安維持法では無罪判決)






◇わたしにとって宗教とは  大平光代
  
 人の痛みが分からない子ども


 比較の中で育つ子ども
「いい子」を要求されて育つ子ども


 宗教を学ぶ道


 子どもの心を育てる学校と家庭のあり方


 やがて出家したら





◇企業社会と宗教  中牧弘充 民博教授

 経営人類学と会社
   1993~ 経営人類学

会社博物館、会社のお墓、会社神社、社葬、入社式
                
   会社神話

   ◎会社は一つの共同体として文化を生み出す主体



 企業神社と祭祀の意味
   松下 ~ 五色の竜神とお祭り



 企業のお墓と供養 
  サムライゼーションは明治になって起こった
  
  ~ 侍スピリット
神のサイドと仏のサイド



 入社式と社葬
  「社長は二度死ぬ」



 松下とソニーの社葬



 神仏の区別












☆「教育改革は改革か」 土居建郎編 PHP 2001年 ⑤(最終)【再掲載 2011.11】

[出版社の案内]
 2002年4月より、学校教育において、現行の教科学習内容が三割削減され、代わりに、
体験学習的要素を取り入れた「総合的学習の時間」なるものが「教育改革」の名のもとに
導入される。学力低下が懸念されるなか、なぜそのようなことが? 文部科学省や教育学
者といった「専門家」が、よかれと信じているからである。
 学力低下だけでなく、学級崩壊、不登校、道徳心の低下等々、教育問題は山積している
が、「専門家」による分析や政策は、現実からかけ離れている。それどころか、事態を却
って深刻化させているのではないか。彼らは自分たちのしていることが絶対に正しいと思
い込んでいるのではないか。そのような精神状態が瀰漫していることこそが、現代の危機
の本質ではないのか――。

 本書では、精神科医の土居健郎を編者として、小浜逸郎、榊原英資、西部邁、福島章、
加地伸行など十人の論客が、「専門家」とは一線を画したタブーなき教育改革論を展開す
る。
1.jpg




<大学再建>

◇問題は学生よりも教授の質の低下 川成洋

 川成洋 
  1942年北海道生 北大卒 法政大学教授



□目を覆うばかりの学力低下と気力状況
  
  現在  国立大の6割で高校指導内容の補正教育 リメディアル教育


 大学院にも波及した地盤低下
  東大のランキングは世界100位以下

 原因 「ゆとり教育」 
       ~ 衆愚政治 + 入試の平易化


 大学改革 = 学生の追従




□日本の大学は多すぎる

 日本には600校を大きく超える

 Fクラス大学(入学無試験状況)が2割近く




□焦眉の課題は入試改革

 学力テスト一本化  
   ×(バツ )一芸、面接、論文、自己推薦、高校推薦、スポーツ推薦
  

 科目増 → 統一テストこそ





<教師改革>

◇学校の共同性を新たに創造する四つの視点 喜入克

 喜入克 
   1963年東京生 立命館大学卒 プロ教師の会会員



□今日の教師改革シナリオへの疑問

 ① 金八先生倍増計画 鳩山郁夫文相

 ② ダメ教師殲滅作戦

 ③ 共同性の解体・解放運動



□「教師の力量」問題は現場の感覚とかけ離れている



□教師を育てる学校の共同性

 ① 慣習としてのヒエラルヒー

 ② 暗黙の了解としての評価
  力量のある者のは多く動き力量のない者は少なく動く

    |
 
  ◎「人間形成」に対して教員がどれだけの力量を持っているかは数字で表せない

 ③ 学校に共同性が必要



□変化する教師 - 現場で学ぶことの機能不全①

 東京都「人事考課制度」

  ① ヒエラルヒーの揺らぎ 
     中堅教員 - 教えられない責任を持たない

  ② 慣習としての評価の揺らぎ
     すべてが平等に扱われる風潮



□子供たちや父母の変化 - 現場で学ぶことの機能不全②

 必要な観点は何か

 ① 公教育に於ける目的を明確にする。それは、市民社会や消費社会の精神性を形成す
  ることである。


② 公教育の担い手である学校には、市民社会や消費社会とはあい異なった共同性が認
  められなければならない。


③ 市民社会や消費社会の精神性を巡る問題については、市民(消費者)と学校とがオー
  プンになりその要求を調整する。


 ④ 新たな学校の共同性を創造していくことを前提に教育に関する法律や条令の見直し
  をしておく

  
     |

 ◎ 学校法以下の縛りをやめて動きやすくする
   
   |
 
 ◎「教育改革とは決して派手なものではない」





<宗教教育>

◇哲学と宗教とを教える「人間学」の授業を 加地伸行

 加地伸行 
   1936年大阪生 京都大学文学部卒  阪大教授 → 甲子園短大学長



□宗教を冷笑する日本人の知識人



□日本人は多神教で生きていた

 日本仏教の内容 
  8割が祖先崇拝 ~ シャーマニズム

  教員が対する宗教教育を!

nice!(138)  コメント(4) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 歴史 ブログトップ