SSブログ
読書記録 一般 ブログトップ
前の2件 | -

「実存カウンセリング」永田勝太郎 駿河台出版社 2002年 /「強く生きたいと願う君へ」坂本光司 WAVE出版 ①【再掲載 2014.6】 [読書記録 一般]

今回は、永田勝太郎さんの
「実存カウンセリング」を紹介します。



出版社の案内には、


「フランクルにより提唱された実存カウンセリングは、人間の精神における人間固有の人
 間性、責任を伴う自由を行使させ、運命や宿命に抵抗する自由を自覚させ、そこから患
 者独自の意味を見出させようとするものである。」


とあります。


2008年だったと思います。
朝方目が覚め、ふと付けたラジオで「ラジオ深夜便 こころの時代」を聴きました。
インタビューゲストは永田勝太郎さん(当時 浜松医科大学)でした。
どんな人生にも意味がある」との話に思わず引き込まれ、じんと涙が流れました。
永田勝太郎さんは、そっとわたしの背中を押してくれました。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「人間だれにもアウシュビッツはある。しかし、あなたが人生に失望しても、人生はあ
  なたに失望していない。すなわち、あなたを待っている誰かや何かがある限り、あな
  たは生き延びることができるし、自己実現できる」



・「アドラーはフロイドの弟子 - 『権力への意志』 地位、名誉、金銭
 フランクルはアドラーの弟子」



・「いかなる極限状況に於かれても、人間には精神の自由性、態度決定の自由がある」





もう一つ、再掲載となりますが、
「人を大切にする経営学会」設立発起人の一人である坂本光司さんの
「強く行きたいと願う君へ」①を載せます。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト







ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。









☆「実存カウンセリング」永田勝太郎 駿河台出版社 2002年

1.jpg

◇まえがき

□ビクトール・フランクル博士 

  1990年6月初めて会う



□実存分析(ロゴセラピー)を様々な疾患の治療に試みた

 実存分析が奏功すると見事に立ち直ってくる、生命の量も質も改善

   |

 後年  西風脩先生と出会い尿17-KS-Sについて学んだ


 (永田氏が)
  下肢 筋膜炎 - ステロイド・ホルモン剤の副作用により
           ステロイド・ミオバチー 四肢の麻痺


 絶望の中で奥様のエリーさんからお手紙
      
 「人間だれにもアウシュビッツはある。しかし、あなたが人生に失望しても、人生はあ
  なたに失望していない。すなわち、あなたを待っている誰かや何かがある限り、あな
  たは生き延びることができるし、自己実現できる」

   ↓

  ◎ 生きる力を授けリハビリに邁進
  


□日本実存心身療法研究会   

 橋口英俊先生(聖心女子大学) 

 
 ライフレビューインタビュー山崎美佐子先生
    

 起立性低血圧・本多和夫先生(鳥取大学)


 全人的医療・池見酉次郎(九州大学) 
       ステージ・デイ先生(ニューヨーク大学)


 バリント方式・ルードン・プロッツァ先生(ハイデルベルグ大学)


 東洋医学・大塚恭男先生(北里研究所東洋医学研究所)
寺沢捷年先生(富山医大)






◇実存カウンセリング

1 実存分析とは:その歴史と展開

 フランクル(1905~1977)
   精神療法 「ロゴセラピー」


 フロイド 
  「快楽への意志」 - 人間を本能の衝動により駆り立てられる存在


 アドラー 
   フロイドの弟子 「権力への意志」 地位、名誉、金銭

  行動科学 パブロフ、ワトソン、スキンナーなどの学習理論

   フランクルはアドラーの弟子

人間のこころ 「心理」動物と共通の衝動性、本能

「精神」人間特有 人間らしさ


 実存分析
   補完するものであり対立するものではない


 ロゴセラピー
ロゴス:精神

実存 :① 人間存在のあり方

② 存在の意味

③「意味への意志」の発動

   分析 :理解


  ◎ 我々人間は動物と共通の「心理性」と人間にしかない「精神性」の両者が混在し
   ており、その精神性を刺激して目覚ますのが実存分析




2 実存分析の理論

 人間のロゴスと訴える精神療法

   ロゴス 
    ① 人間存在のあり方

② 存在の意味

③「意味への意志」の発動

 ◎ 「いかなる極限状況に於かれても、人間には精神の自由性、態度決定の自由がある」




3 実存分析の技法

 ① 逆説思考  

     積極的に不安を起こさせようとするもの


 ② 反省除去  

     自分を活かすものに関心を向ける 「間」の活用



 ◎ 自己の苦悩をまず自ら受容し、同時にそこに意味を見出せるようにする視点であり、
  そうした態度の育成を目標にしている

◎「意味への意志」の発動




4 実存分析の適用と選択

 代表的適応疾患は
   - 実存神経症、不安神経症
  
    「実存心身症」







◇全人的医療と実存分析

1 実存的視点は全人的医療の核

   実存的自己洞察による「内なる治癒力」の発動




2 全人的医療の3ステップ

   ① 対決・苦痛からの解放 

   ② 全人的理解 

   ③ 疾病予防






◇教育現場と実存カウンセリング

1 はじめに


2 拒食症の子ども


3 拒食症という現代病


4 意味の喪失の時代


5 思春期の特徴①~⑩













☆「強く生きたいと願う君へ」坂本光司 WAVE出版 ①【再掲載 2014.6】

<出版社の案内>

40年にわたり、6600社の働く人々の生き様を見てきてわかったこと―「勝つ」から強い
んじゃない。60万部!『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズ著者が贈る、人生の
教科書!動じない心をつくる15の法則。

1.jpg



◇はじめに

□中小企業経営専門家 
   
  モットーは「現場主義」


 
□ポイント 

 経営者・リーダーの資質

  「人間性」「生き方」 - 「自律心」+「利他の心」



 ◎ 会社の強さの根源は経営者の生き方にある



 ◎日本理化学工業

   大山泰弘   知的障害者雇用 


 ◎伊那食品工業    

   塚越寛    いい会社を作りましょう


 
 ◎中村プレス     

   中村俊郎   義手・義足

↑↓


 ▲ 経営第一主義 利益第一主義 会社第一主義

  
 ※「本当に強い人は勝ち負けとは関係のない生き方をしている」





◇「なくてはならない人」になる(1)

 
□「なくてはならない人」になる、それが「力」をつけることだ



□「職場に希望を抱くすることすら間違い…」

 皆が下を向いている職場


 犠牲者の涙  何よりも働く社員を大切にしなければならない
    
       ↑↓

 ▲ 社員をまるで道具やコストのように扱ってしまうリーダー  


□人の役に立つのが「本物の力」

生きる上で最も大切なのは「優しさ」 - 力が必要


 
□仕事を正しく定義する。そこに「生きる道」が拓ける。


(坂本氏)   
「でもしか」で決めた就職先 静岡県内公共産業支援機構 景況調査の職務

 ※ ただ大企業がいい加減な経営をしているがゆえに、いつもいつもコストウンを強い
  られているのは断じておかしい!

  
 
□目の前で血を流している人を放っておけない

「この仕事は何のためにあるのか」を深く掘り下げる

「自分の仕事は景況調査を行うこと」

↑↓

 ◎「苦しんでいる中小企業経営者を助けること」


  
□「人材」ではなく「人財」になれ

  仕事の深掘りをする 
   ~ 何か手助けになることは?
     

  取り替え可能な人 ←→ なくてはならない人

   「人材」 「人財」


◎「どんな仕事にも社会的意義があります。その仕事をする人がいなければ困る人がいる
  のです。あるいはその仕事をすることで幸せになる人がいるのです。このことを実感
  できるまで、目の前の仕事を深堀してみてください」



※ 掘り続ければいつか必ずあなたの前に「生きる道」が見えてくる

nice!(133)  コメント(0) 

「お金で損しないシンプルな真実」山崎元 朝日新聞出版 2018年 ②(後半) /「教育の論点」文藝春秋編 文藝春秋 2001年 ① 【再掲載 2013.2】 [読書記録 一般]

今回は、4月21日に続いて、山崎元さんの
「お金で損しないシンプルな真実」2回目、後半を紹介します。



出版社の案内には、


「『人生設計の基本公式』で必要な額を貯める。家を買うことは当たり前ではない。45歳
 になったらセカンドキャリアを考える。だまされずになるべく増やす『超簡単な運用
 法』。銀行・証券会社から勧められたものは買わない。手数料0.5%は『取られすぎ』。
 老後設計の基本公式。仮想通貨の未来でもお金の本質は変わらない…『これだけ知って
 おけば、だいたいオーケー』と言えるエッセンスを厳選。子どもでも理解できるように
 やさしく、大人が読んでも十分に役に立つ本。」


とあります。






今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「年間120万円まで投資できる一般NISAから」


・「投資と投機の違い」


・「自分が持つリスクは自分で決めるべきだ」


・「お金についてはシンプルが一番」





もう一つ、再掲載となりますが、
文藝春秋の「教育の論点」①を載せます。
「なぜべんきょうしなければならないのか」について、中西輝政教授が、
易しく教えてくれます。




<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト







ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。








☆「お金で損しないシンプルな真実」山崎元 朝日新聞出版 2018年 ②(後半)

1.jpg

◇お金は、だまされずに、なるべく増やそう(2)

7 最も得な運用の器を選択する
   
   年間120万円まで投資できる一般NISAから
   

   積立NISAは年間利用上限40万円 
     非課税20年



8 運用と依存症の危険な関係

   投資と投機の違い


   <地雷>
    ×毎月分配型の投資信託   税金面で不利 手数料0.5%以上

    ×外貨建て保険

    ×ラップ口座  ファンドラップ

    ×株主優待   邪道

    ×無料相談   相談相手と購入窓口を分ける

    ×販売系のFP  販売系と非販売系(相談料1~2万円 中立的)

    ×銀行員  銀行員に顔を合わさない






◇未来のお金とどう付き合うか
 
□割合確実な近未来

1 現金使用の減少 

   デビッドカード、クレジットカード、電子マネー
        
   チェックが必要



2 所得格差の拡大 

   競争から降りる戦略



3 銀行の衰退   

  「おなかをすかせた狼」状態に 

   → 手数料 + ローン
 



□原則

 ① 価値が増える効率が高いほうがいい


 ② リスクは小さいほうがいい


 ③ 自分が持つリスクは自分で決めるべきだ


 ④ 価値の投資を分散することでリスクを低下できる


 ⑤ 運用サービスに支払う手数料は小さいほうがいい


 ⑥ 運用で利益を得る他人に相談するのは危ない


 ⑦ 自分がコントロールできるシンプルな運用がいい


 
※ 運用には「市場のリスク」と「人間のリスク」の2つのリスクがある

 - 変わらない本質


◎「お金についてはシンプルが一番」



◇山崎元(はじめ)

 経済評論家 資産運用専門 

 マイベンチマーク代表取締役 1958北海道生

 東大経済卒 → 三菱商事 → 野村投信・住友信託・証券会社等  











☆「教育の論点」文藝春秋編 文藝春秋 2001年 ① 【再掲載 2013.2】

<出版社の案内>

子どもに『なぜ勉強をしなくてはいけないのか』と聞かれたら、石原慎太郎、中西輝政、
重松清、立花隆、鹿島茂、曾野綾子、榊原英資、桐野夏生ら 各界の第一人者が、現代の
教育問題に斬り込む
1.jpg



<なぜべんきょうしなければならないのか> 

◇食べるためだけではない 中西輝政・京大人間学部教授『大英帝国滅亡史』

□「食べるため」だけではない 
 
   しばらくおもしろくないことを我慢する

 日本ほど誘惑に満ちた社会はない



◎ 世の中が悪すぎる 社会の責任・大人の責任



 ◎教育最大のポイントは大人社会の大改革

   一律的受験競争を低年齢の子供にまで課している最近の風潮も大人たちの「学びの
  環境破壊行為」といえる



□学歴や職歴のためではない

 「それはあなたのためになるから」


  若者の学習意欲減退は先進国共通の現象



 ◎ 国全体としてはますます低落していく

  = 学問をあまりりにも直裁に「食べること」につなげてしまった戦後日本社会の大
   きなツケの到来



□本当の知を身に付けるために

「知ることは力になるから」


→ 入ってくる情報を筋道立てて考え、自分の大きな目標に沿って少しでも合理的な思考
 に基づいて身の振り方を選択し、その結論に従って大きな決断を繰り返していくことが
 ほんものの「知」

◎「横並びのモラトリアム」には必ず終わりの時が来て、個人の判断力によって人生航路
 が全く違ってくる時代が始まる 



◎ 子供だけでなく大人も絶えざる勉強によって生きた知識を必死で追い求める時代が来


 ※ 「401K」の時代は「生涯学習の時代」
 


□心の幸せを得るために 

 勉強するわけ 
 
「食べるためにだけ勉強するのではない。心の幸せを得るため、人間として正しい人生を
 生きるに値する人生を生きるために学ぶ」



◎ 食べることに直接つながらなければ、生活から迂遠であればあるほど、学問というも
 の、知識というものは、一層深い「掛け値なしの喜び」を我々に与えてくれるもの




 ※ 勉強することが最も光り輝くとき


nice!(148)  コメント(0) 
前の2件 | - 読書記録 一般 ブログトップ