So-net無料ブログ作成
読書記録 一般 ブログトップ
前の2件 | -

『こころの目で見る』鈴木秀子 清流出版 2004年 ④ [読書記録 一般]

マザー・テレサ(1910~1977)

「一番の快楽はもののように扱われていた人々が人間として立ち直り安らぎと平和のうち
 に生き,死んでいくこと。」







今回は、2月 6日に続いて、鈴木秀子さんの
「こころの目で見る」の紹介 4回目です。





出版社の案内には、


「モノやお金にこだわっている限り、本当の幸せは手にできません。シスター鈴木秀子が
 説く、こころ豊かに生きる方法とは…?あなたの考え方、生き方が変わる『こころの目』
 で見ることの不思議。」



とあります。







今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「目先の快感を規制する勇気を持っているか?」


・「人生は乗り物と同じで目的地を定めておかないと目先の快楽に誘惑され続けることに
  なってしまう。」


・「相手の言うことを肯定も否定もせずありのままに受け取る
アクティブ・リスニング(肯定も否定もしない)」


・「すべて『楽』を基準に選択すると,苦痛を乗り越えたときの喜び,充足感と言った『快
  楽』も一緒に放棄することになる。」


・「一年に一度『沈黙の業』
  9日間は一切話をしない」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆『こころの目で見る』鈴木秀子 清流出版 2004年 ④

1.JPG

◇自立と家出が区別できない人たち

□家では自由を保障するか  ほとんどが精神的苦痛からの逃避行動




□経済的自立だけでは本当の自立とはいえない

 内面的な自立の決め手は? 

  「規律を守り自由を人間らしく楽しめるかどうか」必要なのはビジョン


※ 本当の自立ができれば目先の快感に走ろうとする自分を抑制できるようになるし,そ
 れができたとき初めて真の「自由」を思う存分愉しむことができる。



□目先の快感を規制する勇気を持っているか?

 マザー・テレサ(1910~1977)

  一番の快楽はもののように扱われていた人々が人間として立ち直り安らぎと平和のう
 ちに生き,死んでいくこと。



  人生は乗り物と同じで目的地を定めておかないと目先の快楽に誘惑され続けることに
 なってしまう。

逃げの連鎖が起こると人間関係も悪循環をたどる




□自立している人間は人間関係でわかる
   
 死を間近にした病に対して
 
  「自分は代わって上げることはできないけれど,あなたの辛さはよく理解できる」と
  伝えられる人。 


 二通りの名医 
   ① 難病治療  

   ② 共感できる医師(相手の痛みの受け止め方)




□夫婦で奏でる愛のソナタとは?

 ソナタも奏でられるけれど,ソロもすばらしいという関係

→ 聞く姿勢 
    相手の言うことを肯定も否定もせずありのままに受け取る

  アクティブ・リスニング(肯定も否定もしない)




□森鴎外の名作「じいさんばあさん」に見る夫婦愛

 互いへの敬意と自立 - 美濃部伊織と「るん」








◇楽して生きてもつまらない理由
  
□楽な方へと流されるとしっぺ返しがある 

 すべて「楽」を基準に選択すると,苦痛を乗り越えたときの喜び,充足感と言った「快
楽」も一緒に放棄することになる。


「人生とはニガウリのようなもの」という中国の例え


「苦しいものはただ煮るだけでは甘くならない」

 → 苦さの中に甘さがある



苦い味を受け入れる
      

 食わず嫌いの人生 = 面白いこと楽しいことを自ら放棄する人生  

いろいろな味に挑戦していくことで,人生は深みも増し,今より豊かなものになっ
  ていくもの




□挫折して初めて気付く本当に大切なこと




□失敗は人間復活への大切な道程である

 表面的には失敗挫折と思えることが実は「人間復活」のための大きなチャンス
  ~ 欠かせないものはビジョン




□わたしたちは知らず知らずのうちに,よりよい道を選択している

「ジャーナル・ライティング」

  後悔などのマイナスの思いが浄化される




□楽したい本能と鍛えたい本能が葛藤するとき

 一年に一度「沈黙の業」
   9日間は一切話をしない

楽に流される人生よりも,苦いものは苦いと受け止めながら,それを味わいつくす人
 生ほど人間としての充足感は得られる


nice!(159)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

藤尾秀昭 「小さな人生論3」 2007年 [読書記録 一般]

鈴木大拙
「人間は偉くならなくても一個の正直な人間となって信用できるものになれば,それで結
 構だ。真っ黒になって黙々として一日働き,時期が来ればさよならで消えていく。この
 ような人を偉い人と自分は言いたい。」   







今回は、藤尾秀昭さんの
「小さな人生論3」の紹介です。





出版社の案内には、


「各コラムは 『人生を開花する』『人間を導くもの』『自己を深める道』『修己治人への指
 標』『命を全うする』『人生の大則』 にテーマ分けされている。 縁を生かすこと、志を
 立てること、心に貫くものを持つこと、 与えられた環境の中で最善の努力をすること
 など、 いずれも人生を豊かに生きるための要諦を説く。 『小さな人生論』の書名のご
 とく、本書は何百ページにもわたる大著ではない。 しかし、収められた小さな人生論
 の一つひとつが人生の真理を突いている。」


とあります。


月刊誌『致知』の特集テーマ・巻頭言が心に浸みます。




今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「『道は心を定めて希望を持って歩む時ひらかれる』(松下幸之助)」


・「悲しみをじっと大事に抱いていく時人の心は悟りに至る」


・「トインビー
 『一つの国が滅びるのは戦争によってではない。天変地異でもなければ,経済的破綻に
  よってでもない。国民の道徳が失われた時,その国は滅びる』」


・「『路傍の石』吾一少年に次野先生が  
 『たった一人しかない自分を,たった一度しかない人生を本当に生かさなかったら,
   人間,生まれてきた甲斐がないじゃないか』」


・「人生の大則 
  ①人生に対する覚悟 
  ②傲慢にならない 
  ③誠実であれ + 久」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「小さな人生論3」藤尾秀昭 致知出版社 2007年

1.JPG

◇人生を開花する

□縁を生かす  鈴木秀子




□幸福論 

 鈴木大拙

 「人間は偉くならなくても一個の正直な人間となって信用できるものになれば,それで
  結構だ。真っ黒になって黙々として一日働き,時期が来ればさよならで消えていく。
  このような人を偉い人と自分は言いたい。」   
 



□心の力  

 人はその心の状態に合わせた人生を生きる 

「心の師となれ。心の師とせざれ。」(釈迦)
 



□開発力  

 ① 根気 


 ② 熱中 


 ③ 祈り








◇人間を導くもの

□立志立命 

 志の高低がその人の人生を決定する



□感謝報恩

 銀河系は1/100億



□道をひらく

「道は心を定めて希望を持って歩む時ひらかれる」(松下幸之助) 

 島野榮導師 米国に禅
 


□根を養う 

 根は大事 ~ 忍辱(にんにく)







◇自己を深める道
 
□節を越える 

 性は天が命じたもの 個性 

 2条件の教え ②節
 



□開物成務  

 易教の言葉 

 「ものを開発し,すべての仕事を成し遂げさせる」  




□「人学ばざれば道を知らず」 

  人は陶冶次第
 



□悲しみの底に光るもの 

 悲しみをじっと大事に抱いていく時人の心は悟りに至る







◇修己治人への指標  

□上に立つ者の人間学 

 条件 ① 修身 

    ② 実力

    ③ 感化力

    ④ 勇猛心

    ⑤ ロマン
 



□今ここにある日本の危機

「家貧にして未だこれ貧成らず,道貧にして人を愁殺す」


 トインビー

 「一つの国が滅びるのは戦争によってではない。天変地異でもなければ,経済的破綻に
  よってでもない。国民の道徳が失われた時,その国は滅びる」
 



□言葉の力  

 発する者,受ける者の力量の相乗によって導き出される
 



□自らに勝つ者は強し  

 常岡一郎「中心」発行 
 
   私心に打ち勝つことができる者こそ真の強者






◇命を全うす

□心を養い生を養う 

 佐藤一齋 - 昌平坂学問所主宰 3千人 『言志四録』

① 人生に対して覚悟を決めよ

② 敬の心を忘れるな
 



□一貫(いちつらぬく)

 坂村真民先生の死




□命の炎を燃やして生きる  

「足なし禅師」小沢道雄




□人生に誓うものを持つ 

 田中菊雄
 『路傍の石』吾一少年に次野先生が  

「たった一人しかない自分を,たった一度しかない人生を本当に生かさなかったら,人間,
 生まれてきた甲斐がないじゃないか」







◇人生の大則

□場を高める 松陰神社




□切に生きる 

 道元 ひたすらに生きる
 



□人は教えによりて人となる  

 三男世継ぎ 兄・頼重の気持ちを思いやる
 



□運命を切り開く
 



□人生の大則 

 ① 人生に対する覚悟 


 ② 傲慢にならない 


 ③ 誠実であれ + 久
nice!(147)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 一般 ブログトップ