SSブログ
前の2件 | -

「天災から日本史を読みなおす」磯田道史 中公新書 2014年 ① /「いま教師は何をすればいいのか」善元幸夫 小学館 2002年【再掲載 2013.7】 [読書記録 一般]

今回は、磯田道史さんの
「天災から日本史を読みなおす」1回目の紹介です。


出版社の案内には、


「豊臣政権を揺るがした二度の大地震、1707年の宝永地震が招いた富士山噴火、佐賀藩を
 『軍事大国』に変えた台風、森繁久彌が遭遇した大津波―。史料に残された『災い』の
 記録をひもとくと、『もう一つの日本史』が見えてくる。富士山の火山灰はどれほど降
 るのか、土砂崩れを知らせる『臭い』、そして津波から助かるための鉄則とは。東日本
 大震災後に津波常襲地に移住した著者が伝える、災害から命を守る先人の知恵。」


とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「2012.4静岡文芸大准教授 2014教授」
- 磯田さん、出版当時は浜松駅の近くの静岡文芸大の先生でした。
  今は県立大学。話題の川勝静岡県知事は、かつて静岡文芸大の学長でした。 


・「すべての真の歴史は現代史である」


・「天災を勘定に入れて日本史を読み直す体系が必要とされているのではないか」


・「土佐・会津の学問水準の高さは山内夫妻の震災孤児支援と関係
  - 震災時こそ人の生き方が大切になる」


・「地震に救われた家康」





もう一つ、再掲載となりますが、善元幸夫さんの
「いま教師は何をすればいいのか」を載せます。
教員同士だけでなく、幅広く交遊することが教員の幅を広げ、
子供たちの幅を広げることにつながると感じます。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。





☆「天災から日本史を読みなおす」磯田道史 中公新書 2014年 ①

1.jpg

◇磯田道史

 1970 岡山県生 慶大院文博 

 茨城大学准教授 → 2012.4静岡文芸大准教授 2014教授


◇まえがき
  
 イタリアの歴史哲学者を襲った大地震
  
 1883.7.28ナポリ沖合 イスキア島 カポドッチョラ 13秒の揺れで全壊

 イタリア人一家5人が生き埋め 父母妹は息絶え兄弟2人が生き残る
   兄 バネッド・クローチェ 17歳

          ↓
 
   父のいとこ シルヴィオ・スパヴェンタに引き取られた
          
   哲学者 ラフリオーラとの出会い
   
   
 「すべての真の歴史は現代史である」
 
   
 「天災を勘定に入れて日本史を読み直す体系が必要とされているのではないか」




◇秀吉と2つの地震

1.天正地震と戦国大名
  
□先人たちは地震発生時刻をどう測ったか
 
 天正地震 夜中23時ごろ 曇った日や夜中は発生時刻がよく分からない

          |
  
 時計によるものは1700年前後から
 
     寺院―香時計  36時間燃えて30分以内の誤差
  


□山内一豊の愛娘の死
   
 近江長浜城主  水辺の軟弱地盤
   
 1586.1.18 天正13.11.夜中に激震
 
        およね 数え6歳
  
 娘の死後震災孤児をいつくしむ
   拾 → 10歳の時妙心寺(京都)のち湘南宗ほか(学問僧)

   土佐南学 + 山崎闇斎を育てた  
           のち山崎は会津藩主・保科正康に仕えた
 
     
 土佐・会津の学問水準の高さは山内夫妻の震災孤児支援と関係
   
  - 震災時こそ人の生き方が大切になる



□家康の生き残り作戦

 この地震が無ければ2か月後秀吉の大軍を攻撃するはずだった

          |

 天正13.11.19秀吉は家康追討を公言  正月15日以前と   
  


□地震に救われた家康

 天正地震によりこの戦が回避された

 岡崎城で秀吉の使者と激しくやりあっていた

   地震は翌日深夜 (29日)

   秀吉は家康討伐の準備を投げだし、大阪に逃げ帰った(坂本城から)
 
     |

 家康討伐の前線基地・大垣城は壊れ、出火
   長浜城も倒壊、伊勢長島城(織田信勝)も焼けた

       |

 秀吉  一夜にして前線基地を失った


 家康  震度4以下でほとんど被害なし

           ↓

 
 若狭湾を襲った津波
    1586 天正地震が 福井県若狭湾に津波をもたらした
  
     → ルイスフロイス文書
         「人家をことごとく押し流し数多くの死人」







☆「いま教師は何をすればいいのか」善元幸夫 小学館 2002年【再掲載 2013.7】

<出版社の案内>
子どもたちの体験を重視し、そこから生まれたアイディアを取り上げる。その過程で調べ
学習や話し合いを深め、子ども自らの考えを創り上げていく手法…。平成14年4月からス
タートした『総合的な学習』の実践を数多く紹介。 教師に自信と勇気を与える一冊。
1.jpg

◇寺脇研VS義元幸夫
 
□大切なものは 
   
   ◎ 感覚を取り戻す教育

   ◎ 消極教育 - 教えない


 
□総合学習
    
 目前で起こっていることを子供と突き止めていく共同研究者


 
□デューイ
   
 「学校の第一の仕事は、協同的、相互扶助的な生活の仕方…」


 
□地域へとびだす学習 
   
 教師は「役者」から「プロデューサー」へ


 
□親も地域も巻き込んで




◇中村桂子(生命誌研究館副館長)VS義元幸夫

□生物には五種類 
   
 ① 動物 
   
 ② 植物 
   
 ③ 菌類 
   
 ④ バクテリア 
   
 ⑤ 原生動物


 
□大切
  
 「人間にはわからないことがある」


 
□ルソー
 
 「人間が最初に身に付けるのは感覚である。大人はそれを忘れている」



□人間 

 細胞の中に38種類の歴史・ゲノム

ゲノム - 地球・太陽ともつながっている





◇毛利衛VS義元幸夫

 国境のない世界


 盛者必衰の生命観
   遺伝子DNA 
   4つの塩基


 固有と普遍と
   <生成-発展-消滅>


 シャトルという地球


 捨てること選ぶこと


 教師を育てる  ◎教師は親が育てる




◇楽しさを引き出す意外な仕掛け

 扇形の席

  = ノー・リーダー・グループ


 疑問はエンドレス


 クローン大戦争


 「なぜ」に心を向ける教育を




◇語り出す親と子

 原稿用紙50枚

  → 一冊の本に「親の歴史」


 目次作り

   ~ 親と

nice!(74)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「塾長が教える塾に行かなくていい勉強法」井上哲夫 エル書房 2009年 ① /「梅原猛の授業 仏になろう」梅原猛 朝日新聞社 2006年 ①(前半)【再掲載 2015.8】 [読書記録 教育]

今回は、井上哲夫さんの
「塾長が教える塾に行かなくていい勉強法」1回目の紹介です。


出版社の案内には、


「なぜ伸びる子と伸びない子がいるんだろう?塾に通ったからと言って成績が上がるとは
 限らない!?勉強したからと言って成績が上がるとは限らない!?伸びる勉強法の極意を伝
 えます。」


とあります。



井上さんは、「ジーニアス井上塾」の代表。
学習塾の塾長が、効果的な勉強法について記した本です。
学習のポイントが端的に示されています。





今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「『勉強すればいいことがある』と信じてみる」


・「少子化による推薦入試の拡大でますます勉強しにくい雰囲気に」


・「学力向上 = 素質 × 質 × 時間かける回数」


・「勉強は時間の長さが重要ではない」


・「薄い問題集を繰り返す ‐ できなかった問題をできるようにしていく」
- 多くの人が示すことです。
  一冊をじっくりということでしょうか。 


・「勉強の中に楽しみを見つけよう」





もう一つ、再掲載となりますが、梅原猛さんの
「梅原猛の授業 仏になろう」①を載せます。
梅原猛さんが亡くなられてもう三年近く経つのですね。
20年以上前、日本ペンクラブ会長をされていたころの教育講演会での言葉、
「道徳は、伝記を読むだけでいい」が強く印象に残っています。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「塾長が教える塾に行かなくていい勉強法」井上哲夫 エル書房 2009年 ①

1.jpg

◇どうして勉強しなくちゃいけないの
 
 勉強すれば「いいこと」が待っているわけではない?
 
   勉強のやる気は自分で作る時代
 


 勉強してもいいことはない?
 
   「勉強すればいいことがある」と信じてみる
 


 勉強しにくい時代には
   勉強すればチャンスが広まる
 
   システム教材 
     ◎「パル」 
     ◎「基礎ミラクル」
 


 少子化
 
   推薦入試の拡大でますます勉強しにくい雰囲気に
 


 通知表のつけ方が30年前とは違います
 
   通知表は学校の先生が「関心・意欲・態度」を見て決める
 


 積極性を評価する通知表

   満点でまじめな生徒なのに5がつかない不思議
 


 偏差値って何?
 
   受験者の平均点を偏差値50として最高75最低25の範囲で学力を示す
 


 あげるコツ「他の人以上に勉強する」
 


 勉強以前の思い込み
 
   「どうせできない」という思い込みを取り除く
 
   悪い思い込みは可能性を小さくする
 


 学力向上の公式とは
 
   学力向上 = 素質 × 質 × 時間かける回数
   
   時間は長くても質を伴わないと学力は向上しない
 


 長く勉強しても成績が伸びない
 
   勉強は時間の長さが重要ではない
 


 わからないからできない?
 
   「繰り返し練習」が「わかった」を「できる」に
   
   ◎教育開発出版 Eトレ 「パル」





◇伸びること伸びない子
 
 あの子は伸びてもうちの子は伸びないんですか?
   開いた後、頭の中で何を考えますか?  

   まず考えることが大切
 


「伸びない子」が使う言葉

   「むかつく」「どうせ」「うざい」「ダメ」「関係ない」「無意味」「どうでもいい」
   「どうせ」という言葉は使わない
 


 学力が伸びない子のパターンは?
   
   ◎薄い問題集を繰り返す

    ‐ できなかった問題をできるようにしていく
 


 学力が上がっていく子の共通点
 
   「よく考え、素直に実行、繰り返す」
 


「伸びる」人たちの考え方は?

   まず行動してみる



 ライバルを見つけよう

   一人でもいられる人になろう

   「一人になることを恐れるな」



 楽しいことを見つけよう

   勉強の中に楽しみを見つけよう



 考えている間に・・・

   ◎速読教室  ◎「ISO式速読」(埼玉県磯先生)



 スランプも合格のためにある

   スランプの後に成績は伸びる











☆「梅原猛の授業 仏になろう」梅原猛 朝日新聞社 2006年 ①(前半)【再掲載 2015.8】

<出版社の案内>
仏教とは仏になることと見つけたり――半世紀以上にわたって仏教を研究してきた梅原猛
さんの結論です。「仏になる」ことは、むずかしいことではありません。そのために日々
をどう送ればいいのか。「六波羅蜜」や「十善戒」といった仏教の徳と戒を分かりやすく
語ります。『仏教』『道徳』に続く、好評「授業」シリーズ第3弾。『仏教』は仏教とは何
かをやさしく説いた基本編でしたが、『仏になろう』は仏教を生活のなかでどう生かした
らいいかの実践編です。
1.jpg


◇仏教は「仏になる」ことである
  
□仏教とは仏になること
  


□だれの心にも観音がいる
如来 … 悟りを開いた  

   菩薩 … 今から仏に,努力中  

   明王 … 仏を守る
    
   天部 … 仏殿を荘厳に

   観音さま … 本当は如来になれるがならない=民衆を救うため32通りに変化

   地蔵さま … 地獄に堕ちた人を救う

   明王 … 悪を退治 自分の中にも怒りの仏 悪を怒る

   天部 … 毘沙門,大黒,弁天
  


□肉体のまま仏になる「即身成仏」 

  如来,菩薩になりたいというのが仏教

  大乗仏教 = 釈迦になるより,人を救う菩薩になろう

   真言密教-即身成仏 = 神秘術



□浄土教の理想も「仏になる」こと

  法華経-天台宗  だれでも仏になれる

天台本覚論-「山川草木悉皆成仏」(良源)=元三大師

        →  天台本覚論がもとになり鎌倉仏教が生まれた



□日本仏教は戒律を失った

  真言 … 肉体重視

禅  … 心を重視

   道元 只管打坐  
     栄西 座禅+公業 

夢想国師,大燈国師,一休さん → 頂相を祀る


日蓮宗 - 京都の商人に
  本来は天台宗と同じ法華信仰

法然の影響~南無妙法蓮華経



  立正佼成会,創価学会,国柱会(宮沢賢治)



□「仏教は仏となることと見つけよう」
    


□日本仏教は戒律を失っている
 
   → 戒律を守り「とく」を身に付けることが大切






◇仏教と道徳

□十善戒 + 六波羅蜜



□因果応報の説と道徳  
 
   聖徳太子  → 衆善奉行 善因善果,悪因悪果,因果応報



□神と仏は仲良くやってきた

  神仏習合  白山信仰 → 八幡信仰



平田神道が仏教排斥=明治維新の原動力 (水戸学)

  神さまの統合を行った - 新しい神さま

   天皇は明治維新前は仏教信仰だった

    → 天皇になれない皇子は門跡寺院の門跡になった

      |

   白隠 「戒律を守れ,六波羅蜜を身に付けろ」



□国家主義は日本の伝統ではない






◇十善戒について

□親鸞妻帯
  
  「妻をめとらないと念仏に精進できない」



  ◎ 子どもがかわいい → だから煩悩にとらわれるようになる



□戦争に反対できなかった日本仏教



□「清い」を尊ぶ神道道徳と一体に

nice!(130)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | -