SSブログ

『キャンプ&野外生活ワンダーランド』  神谷明宏 柴田俊明 いかだ社 1998年 ⑦(最終) /「宮本常一著作集43 自然と日本人」 未来社 2003年 ⑥ 【再掲載 2013.9】 [読書記録 教育]

今回は、8月28日に続いて、神谷明宏さん、柴田俊明さんの
「キャンプ&野外生活ワンダーランド」の紹介7回目 最終です。



出版社の紹介には

「一人でキャンプに行っても困らないよう、野外で生活するための基本的な装
 備、技術を絵解きで分かりやすく解説。後半は、キャンプリーダーのための
 組織キャンプの準備と運営のポイントを収録。」
 
とあります。


4,5年生を担任していた頃を懐かしく思い出します。




もう一つ、再掲載になりますが、
「宮本常一著作集43 自然と日本人」⑥を載せます。
少し前の風景が目に浮かびます。

夏期休業中に、講談社現代新書、畑中章宏さんの
『今を生きる思想  宮本常一 歴史は庶民が作る』を読みました。
わたしにとって大変わかりやすい本でした。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆『キャンプ&野外生活ワンダーランド』  神谷明宏 柴田俊明 いかだ社 1998年 ⑦(最終)

1.jpg

◇食事計画

1.野外炊事のねらい
   野外炊事は、「おなかがすくから」「ごはんをつくるのはあたりまえだ」
  というだけで強制的・義務的に考えられがちですが、実はとても教育効果
  の高いプログラムなのです。
   たとえば以下のようにとらえることで、触発の機会として生かしたいも
  のです。

a.意欲を高め、自信をめばえさせる
  包丁を使って野菜を切る、火をおこして煮たきするなど、ふだんの生活で
 はできにくい新しい体験にあふれているので、興味・関心そして意欲を高め
 るチャンスになります。
  また、生活技術をひとつひとつ体験し習得していくことが、キャンパーに
 自信をめばえさせるチャンスになります。
 
b.班員の結束を高める
  おいしい食事をつくるという共通の達成目標があり、班・集団の結束を高
 めるチャンスになります。
 
C.協力のしかたを学ぶ
  食事づくりのために経験や体力に応じて具体的な役割が分担され、それぞ
 れが責任をもって仕事にあたる機会が生まれます。ひとつひとつの作業に目
 的意識をもたせれば、協力のしかたを楽しみながら体験的に学ぶチャンスに
 なります。
 
d.キャンパー同士の相互作用を生む
  キャンプ経験者が、初めて参加したキャンパーに対してその経験を生かし
 リーダーシップを発揮する場面が多く、キャンパー同士の相互作用が生まれ
 るチャンスになります。


2.食事計画のポイント
  キャンプ場でおこなう野外炊事は、つぎの項目をまず頭に入れて考えたい
 ものです。要は、目的達成のための手段として、適切な食料、炊事計画を考
 えることです。
 
a.キャンプのねらい、キャンパーの経験を考える
 ☆ 経験者が多い、時間にゆとりがある等のキャンプでは、食事づくりを活
  動の中心に置いて、凝ったメニューに取り組むのもいいでしょう。
  
 ☆ 反対に活動プログラムを中心に展開させるなら、手早くできるメニュー
  にしたり、本部スタッフによる給食や現地でお弁当をとることも考えます。
  いくら野外炊事に教育効果があるといっても、不慣れな集団が3食炊事を
  すると、それだけで1日が終わってしまうことにもなりかねません。
 
b.チームワークや、メンバーの相互作用が生まれるよう考える
 ☆ みんなで手順や役割分担を相談できる献立、または未経験者でも比較的
  短時間でできあがる献立を中心に考えるとよいでしょう。
 
C.キャンプフログラムと疲労を考慮する
 ☆ たとえば長時間の登山のようなハードな活動の後や、キャンプ日程の後
  半等は、キャンパーの疲労度を考慮し、前述の本部給食や仕出し弁当を積
  極的に取りいれましょう。
  
 ☆ 一般的に朝食は食べる量が少ない。また登山等で朝早く出発する時や、
  撤収活動をひかえた最終日の朝は、火を使わなくてもすむパン食などのか
  んたんメニューでいくと合理的です。
 
d.キャンフ場の条件を考慮する
 ☆ 現地で新鮮な食材が手に入るかどうか、炊事場に十分な広さがあるか、
  準備できる用具は何かなどを考慮しましょう。
  
 ☆ 細かな火力の調整、大量の水の確保等は現場ではできにくいものです。
  
 ☆ 早く火が通るように調理したい時は、材料をうすく切るなどの工夫もし
  ましょう。
  
 ☆ バーベキューは火加減がむずかしく、まきをつかった調理には不向きで
  す。食材の周りを焦がすだけです。鉄板・金網・七輪等で炭を使い、安定
  した火力を得ることができればいいでしょう。       

 ☆ 暑さで食欲のない時、メニューに変化をつけたい時にめん類は効果的召
  です。ただし、大量のお湯をわかしてゆでるといった調理は時間がかかり
  ます。器具や材料をそろえて早めに調理を開始し、できあがりをすぐに食
  事に出せるよう段どりを組みましょう。     
 
e.献立の工夫だけではなく・食べさせ方も計画の中に入れる    
 ☆ 食事をつくるところは傾斜地を避けましょう。         
  
 ☆ しゃがんで食べるようだと、おなかが圧迫されて食欲がすすみません。
  
 ☆ 野菜サラダは少しずつ個別に取り分けて配膳すると、案外食べてしまう
  ものです。
  
 ☆ キャンプが短期間であれば、あまり栄養価にはこだわらず、キャンパー
  の好みを考えモリモリおいしく食べさせることができる献立を考えましょ
  う。
  
 ☆ 本部のリーダーを食客にお呼びすると、招待状をつくったり食卓に花を
  飾ったり、工夫する班もでてきて楽しくなります。また、おしゃべりがい
  つもよりはずむこともあります。
 
f.食材の搬入計画も忘れずに
 ☆ 食材を現地で鰐入すると、新鮮な野菜や肉などが手に入ります。ただし、
  調味料、嗜好品などは都会と同じものがあるとは限りません。
  
 ☆ 実地踏査の際に調べておいたお店と早めに連絡をとり、注文表に必要事
  項を記入して、ファックスや手紙でやりとりをしておきましょう。配達し
  てくれるお店は1日1回がふつうです。お盆の時期はお休みするお店が多
  くなります。








☆「宮本常一著作集43 自然と日本人」 未来社 2003年 ⑥ 【再掲載 2013.9】

1.jpg


◇春三月に節句の花見

 モモは、邪気災難をはらうというような俗信がなくとも、その実をとって食
べた。しかも栽培の容易な木であった。


 栽培が容易というのは、種類が多いということであり、それぞれの土地の気
候や土質に適した品種のモモがあった。


 大阪の桃山でも、伏見の桃山でも丘ひとつを埋めつくすほどに植えて、伏見
の桃山などは

「桃花盛んなるとき、一処に咲き連なれること、吉野の桜より多し」(貝原益
 軒「大和本草」、1709)

というありさまであった。


 そしてその実は、商品として売り出されたのである。


 このような現象の見られるようになったのは、16世紀の終わりごろからの
ようで、近世に入るとしだいに瀬戸内海の島々にも栽培が広まっている。瀬戸
内のモモの花も、春3月の節句の花見の対象になっていったようで、モモの多
く栽培されていた生口島、大崎下島などへは花見の客を乗せた船が多く集まっ
てきたといわれる。


 実が熟すと、船に積んで浦々を売り歩き、愛媛県の島々にはこの桃船が多く、
祇園祭りにモモを売って歩いたのも、津和地島、中島、興居島などのものがほ
とんどだった。


 しかしその後、水蜜桃や白桃が多くつくられるようになって、在来のモモは
次第に姿を消していくことになる。


 関東でも近世に入ると、モモの花が観賞の対象としてつくられるようになり、
江戸では四谷、中野、中里、大師河原、隅田川堤、葛飾郡築比地などの名が知
られていた。

 また大田南畝の『一話一言』(1820)によると、植木屋長七というもの
が、駒が原の屋敷のなかにしだれ桜、白桃などを100本あまりも植えて、新
しい名所をつくつている。モモは、名所をつくるのも簡単だったようである。


 しかし、ウメやサクラより木の寿命が短いためか、姿を消すのも早く、今日
では、モモの名所といわれるところはなくなってしまっている。           


 信仰の対象となる植物は、多くは野生しているものであり、人の手が加わっ
たとしても、日ごろは放置されているものが多い。モモは、野生化しているも
のより栽培されるものが多くなる段階で、その呪性を失ってしまったようにみ
られる。


 そしていまでは、花見の対象にもならなくなってしまった。
nice!(139)  コメント(0) 

「小林一三 逸翁自叙伝」小林一三 講談社学術文庫 2016年 /「一斉授業の復権」久保齋 子どもの未来社 2005年 ⑦【再掲載 2014.8】 [読書記録 一般]

今回は、小林一三さんの
「小林一三 逸翁自叙伝」を紹介します。



出版社の紹介には


「顧客とは創造するものなり。電鉄事業に将来性を見た男はいかなる手を打っ
たのか。沿線の土地買収、郊外宅地の開発と分譲、少女歌劇…。誰も考えつ
 かなかった生活様式を生み出した彼も、若き日は仕事はしても評価はされず、
 放蕩に明け暮れる問題銀行員と目されていた。大正・昭和を代表する希代の
 アイデア経営者による自伝の傑作。」

 
とあります。



小林一三さんのアイデアに驚かされた本でした。




もう一つ、再掲載になりますが、久保齋さんの
「一斉授業の復権」⑦を載せます。
久保齋さんの実践を少し変えて学級での指導に取り入れましたが。
有効だったと感じます。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆「小林一三 逸翁自叙伝」小林一三 講談社学術文庫 2016年

1.jpg

◇初めて海を見た時代 
益田英次氏  
    童子寮 義塾


◇二十代  
  三井銀行員


◇そのころの大阪
百万両箱
大阪  
    鴻池家 平瀬家 加島家 松本重太郎
花街勢力盛んな町 
    お茶屋遊び


◇そのころの名古屋
東京の渋澤栄一  
  大阪の松本重太郎  
  名古屋の奥田正香


◇そのころの大阪(再び)
  「新妻を追い出したひどいヤツ」 
    愛人と一家 明治32年夏


◇そのころの三井銀行 大阪町人として
阪鶴電鉄に拾われて
大胆なる契約書
   ・土地を売る副業を考えた
・箕面有馬電鉄 5万円のばくち
箕面電車の設立
速水太郎 技師以上の技師
広軌道複線隧道
明治40.10.19創立総会
箕面電車の開業
大林組 大林芳五郎
明治43年3月10日開業 
     「最も有望なる電車」パンフレット
池田、豊中、桜井 
     ~ 住宅地開発
失敗
      ①購買組合と倶楽部の設立
       ②西洋館の新築
明治41年1月岩下氏に社長依頼
梅田-池田-宝塚
  動物園の失敗 
   - 箕面の大衆向き施設を宝塚に移転
宝塚新温泉の計画 
    宝塚歌劇団の誕生
大阪
    三越呉服店 少年音楽隊
↑↓
安藤夫妻 
      女子唱歌隊養成 
        大正2年7月1日から
  大正3年4月1日 公演
北浜銀行事件

  <以下略>







☆「一斉授業の復権」久保齋 子どもの未来社 2005年 ⑦【再掲載 2014.8】

1.jpg

◇どの教科でも音読する
  音読の必然 
    「文字を声に出して読む時,脳は一番活発に働く」

  心地よい音読で学習規律を高める 
    音読の心地よいクラスは学習規律が高いクラス
  
  音読は文字言語と音声言語の架け橋 
  6~12歳
     …人間の脳が育ち,ヒトから人になり人間になっていく最も大切な時期
    一斉読みと銘々読み 
      → 早く読めた子が黙読して待っている
  
  国語科の音読では
   「聞き手意識」 と 「筆者意識」を!

  クラスのスローガン
   「自分の脳を自分で鍛える・みんなで鍛える」

  2つの音読
    ①「聞き手意識」
       「参観会で父母に分かってもらうつもりで読んでごらん」
②「読み手意識」 
          読点の意識 - 読点の所で息を吸おう  

  今の国語科
    =「伝え合うおしゃべり科」
     「お手紙書こう科」
     「総合学習を支える科」


◇学力の要=読解力を育てる
  小学校最大の課題 
    「文から情報を得,文で情報を発することのできる子」の育成

  読解力の育成で学力的自立を
   文字言語を駆使できることは主権者として欠くことのできない能力
    自己表現力,自己教育力の要

  なぜ読解力がつかないのか
   「国語科の答えは算数と同じように一つだ」

     ◎教師は発問を明確にする

  説明文 
   ① 筆者の考えを問うているのか,それに対する自分の意見を問うてい
    るのか,はっきりとした発問をする。
   ② 答える時の表現はいろいろあってかまわないけれども,書かれてい
    る内容の答えは一つであることを明らかにする。

  物語文 
   ① 作者がどのように表現しているか,それに対して自分はどのような
    イメージをもつかをはっきり分けて答えられるように質問すること。
② 表現に即したゆたかな想像なのか,作者の表現から逸脱した間違っ
    た想像なのかを吟味して聞き,その力を育てる指導をすること。


 <客観的事実を問う> & <主観的な思いの問い>
◎ 発問を必ず板書し固定すること
◎ 初めに当てた子に司会させ,教師が客観的なポジションを取って授
    業をする。


 読解力は習熟度課題である
◎ 毎日逐次的設問を二つ三つ出し続ける 
   ◎「行間より,まず,行を読め」


  宿題 「きょうの読解」 国語の教科書19ページ(光村下)「グラフをもとに」
    問い1 どんなことが多くなったのですか(レベル1)

    問い2 三原さんはどこから何を見付けたのですか(レベル2)

    問い3 四年生の何人に聞きましたか(レベル3)

   問い4 それはなぜですか(レベル3)
             ↓

  ※ 子どもたちの学力を伸ばすためなら何でもやってみよう


「問い直し」「読み直し」の力
  ◎読解力は学力の要であり,自己教育力の基である。
nice!(118)  コメント(0)