SSブログ

「商いはたねやに訊け-近江商人山本徳次語録」 毎日新聞社 2003年 / 「米津浜の松風」井口周治 著者私家版 2006年 ①②【再掲載 2014.12】 [読書記録 一般]

今回は、毎日新聞出版の
「商いはたねやに訊け-近江商人山本徳次語録」を紹介します。


滋賀県の和菓子やさん「たねや」はよく知られていますね。
もともとは種を販売する「種屋」さんだったそうですが、
今では洋菓子でも知られています。
「ふくみ天平」最中が好きです。

創業地は近江八幡市。言われて気が付く近江商人ということですね。
たねや社長の山本徳次さんの言葉を集めた本ですが、おもしろく読みました。


メモにとっておいた、覚えておきたいいくつかの言葉を紹介します。



出版社の案内には


「すべては最善のおもてなしのために-。近江八幡から全国へと躍進した和菓子メーカー
 『たねや』の、こだわりの商道を紹介する。」


とあります。





もう一つ、再掲載となりますが、井口周治さんの
「米津浜の松風」を載せます。
地域にある図書館の郷土コーナーで見つけて読みました。
郷土の話だけに、たいへん勉強になった本です。
以前2回に分けて紹介したものを、一つにまとめました。
井口周治さんの私家版で、地元の図書館に寄贈されたものです。
地域の話を本に著してくださったおかげで、読むことができました。
ありがたいことです。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「商いはたねやに訊け-近江商人山本徳次語録」 毎日新聞社 2003年

1.jpg

デザイナーではなくアーティストになれ


経営者はばい菌をばらまいているようなもの


お菓子には物語がないといかん


農家が元気になってもらわんと困るのや


安心安全健康的ということ


店づくりはどこまでも本物志向


その地域で絶対的な信頼と支持を得る店


儲け急ぎはダメ すぐ数字に酔うてしまう


マイナス部分をいち早く報告すること


開発力・企画力が○○と販売とを橋渡しする


表の非効率と裏の効率化を柔軟に


情報は公開し共有により新たな情報を作り出す


中途半端な金を使うな


恥ずかしさが原点


経営者は孤独


人と反対の方へ行け


現場にヒントがあり改善点がある


母さん、おばあちゃんのおはぎがいちばん


若いときは特に汗を惜しむな


和菓子は水を洋菓子は空気を売りなさい


値を下げるな


五歳までに善悪を教え込む


無駄がプラスになる


迷ったらやめる


菓子は総合芸術


人にはばかることはしてはいかん


経営者に美意識がなかったらあかん


今日できたものは過去のもの 必ず欠点がある


こつこつの中に人間の信念が生まれてくる


季節には季節の物語がある


頭ばかり大きくなるな足が…?


迷ったら白に戻れ


雅ではなく鄙び


製造で儲けるは○?


原価積み上げはやめろ


総合力で販売


販売は非合理化 工場は合理化


鎧を着ては商売できない


商道は人道


ものを売る前に自分を売る


イノベーターになる


本式経営は近江商人が原点


後追いは絶対ダメ


名前を売りたいだけの広告ならやめる


人にだまされても自分からだますな


先義後利売れてるときがいちばんこわい


あるがままがいちばん


人の顔は人生の積み木


川下産業になりきること




◇たねや物語

 近江八幡市和菓子メーカー「たねや」1872(明治5)創業









☆「米津浜の松風」井口周治 著者私家版 2006年 ①②【再掲載 2014.12】

1.jpg

◇はじめに

<魚は獲れ>

□山を立てる
  
 ~ 遠方の山に目標物を重ねた延長線上に魚のよく獲れる漁場


□地引き網   
(半農半漁=ハマコウ註)

□森茉莉 
   
  鴎外長女 「本当に金を使ってやる贅沢には空想と想像の歓びがない」


□貧乏 ~ 金銭に縁のない生活

 その時あるものを食べ命を繋ぐことで,ある程度の満足を覚えることができれば,人間
に悩みも迷いも社会に



◇米津浜(よねづはま)の松風

□米津浜
  花崗岩の砂 石英の粒,長石の粒,雲母の粒


□天竜川 
  かつては鹿島で二筋

東は「小天竜」

西は「大天竜」(現在の馬込川筋)
船越(渡船)地名が残る



  ◎ 一筋になったのは江戸初期・慶安年中(1648-1651)
「彦助堤」による

□米津浜

 ~ 米津浜の権利は300mほど


□新津村米津海岸

  大正14(1925)年5月 
    豊橋高射砲第一連隊の演習場に

昭和3(1928)年3月20日 
    豊橋第一連隊が和地山(浜松市)に
    → やがて御台場北に兵舎

  昭和22(197)年9月より
   「浜の中学校」 = 新津中学校
        (~昭和27年3月まで浜に、それ以後現在の地に)



◇米津浜安泉寺と太田備中守資宗

□安泉寺 
  8代城主・太田備中守資宗を開祖 - 庇護

正保元(1644)~寛文11(1671) 27年間
 
  「御前道」 → 「御台場道」 → 高射砲道路

   御前=資宗?

   堤の好徳寺より太田資宗の位牌が発見された


□安泉寺境内の地蔵堂

  昭和55(1980)年3月に築造された「江戸送り地蔵尊」

白羽町の太田泰次氏が地蔵堂を無償で建立



◇米津の江戸送り地蔵

□安永2(1773)年秋

  無実の罪で6人が江戸小塚原の刑場の露に
= 米津の義民


□昭和10(1935)年10月
  
  安泉寺住職13世小林鶴洲師が土中より発見

台座に「安永2巳年難船ニ付江戸総代為菩提村中に…」

土中に160余年埋もれていた

総代 又三郎(隠居船) 半五郎(本船) 仙之助(六軒)
権兵衛(清三) 仁左衛門(中船) 寅之助(新船)


□安永の大難

  安永2(1773)年の初秋 
    紀州御用船が座礁 不幸 = 紀州船だったこと

    → 荷の不足を訴えられる

  古老の言い伝え
  「下田港で豪遊し積み荷に手を付けたため,暴風雨のあったことをよいことに米津海
   岸に座礁した」(口伝)

  字名 - 地引き網船の名が小字名に転化した

  ※ 権力の前に否応なしに下手人を仕立てた

→ 「救うために200両調達せよ」(浜松藩)

   ◎ 63軒で200両を作った(それにもかかわらず全員刑場の露に)

  ※ 村人 ~ 土中で陰まつり (紛失)

◎ 米津浜の自浜が狭いのは難破船を恐れて浜の権利を譲った
(漂着物届出の義務を避けるため)


□昭和29年10月6日 
  市史編纂室 馬渕紫陽「米津地蔵由来記」「夢枕」


□昭和33年10月   
  渥美実「土のいろ」

※松島町(浜松市)でも同様のことが‥

  寛政12(1799)年正月
紀州船が松嶋村の海岸に漂着した際,荷物を内分にて処理したという理由で庄屋,
  組頭,百姓代の三人が江戸に送られ,米津のように亡くなっている。  
          |
◎しかし,松嶋村ではすでに風化してしまっている


□新津小元校長(昭和16~19)阿部一夫先生のみ賛同

 「君,調べた物があるなら書物を村中に配ろう」

→ 「米津の江戸送り地蔵」小冊子を450戸全戸に


□昭和48(1973)年8月13日

  寺施餓鬼の後 御遺族,阿部一夫氏とほんの数人で…

「江戸送り地蔵尊二百年祭」

第14世磯谷光山師 地蔵尊小祠の前で

昭和55(1980)年春 篤志家…太田泰次氏により地蔵堂が建立

  平成13年より8月24日に近い日曜日に開催


  ◎ 昭和56(1981)年 「劇団たんぽぽ」の小百合葉子さんが劇化



◇米津の御台場

□昭和34(1959)年6月18日 浜松市指定史跡「米津台場跡」

  安政3(1856)年浜松城主・井上河内守正直が三基建立

幕末には全国で一千か所も御台場が築かれた 

  米津に三つの史跡 台場跡 現台場跡の東西150mのところ 

当時 高さ27m  海への前面には石積み(大知波村の石)
内部に砲弾・砲弾を貯蔵する穴蔵
後方は円形


□砲弾 
  米津庄屋 鳥居太郎左右衛門家の大威助氏が新津小に寄贈

  平成5年7月 浜松市博物館より里帰り(現在新津小に有=ハマコウ註)




1.jpg
※写真は「わがまち倉松」より

1.jpg
米津のお台場
※浜松市HPより
nice!(148)  コメント(18) 
共通テーマ:学校

nice! 148

コメント 18

ヤマカゼ

近江というとすぐ思い浮かぶのが近江牛と松茸と思っていましたが和菓子が有名なんですね。
by ヤマカゼ (2022-01-03 07:52) 

hagemaizo

明けましておめでとうございます。
本年も、ハマコウさんから、たくさん学びたいと思います。
by hagemaizo (2022-01-03 08:04) 

そら

たねやさんはほんとに美味しいですよね!
私もたねやさんの和菓子が大好きです。
洋菓子もほんとに頭の良いお商売と思ってます。接客もほんとに素晴らしくて、上の方々が素晴らしいのだと思ってます。
ハマコウ先生の感銘を受けられた言葉達が、もう納得で、このままそっくりハマコウ先生メモをメモりたくなりました。
地元の方の私家本ってほんとに有り難いですよね。心意気が素晴らしいと思います。
by そら (2022-01-03 08:23) 

ハマコウ

ヤマカゼさん ありがとうございます。
たねやさん、各地に出店されているようですね。
浜松唯一の百貨店にも入っています。
ラ コリーナ近江八幡はTV番組でときおり取り上げられています。
ヤマカゼさん、今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 09:37) 

ハマコウ

hagemaizoさん 励ましの言葉をありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

by ハマコウ (2022-01-03 09:40) 

ハマコウ

そらさん ありがとうございます。
接客の気持ちがよいとうれしくなりますね。うなぎパイの春華堂さんも、こちらが恥ずかしくなるくらい丁寧でした。
語録の言葉は、商売に限らず大切なことを表しているなと感じます。どの言葉をメモするかによって、その人らしさがわかるのかもしれませんね。励ましの言葉をうれしく感じます。
米津に多い姓の井口周治さん。退職時に本を作られたのだと記憶しています。素晴らしいことだと思います。
今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 09:47) 

川崎工場長

いつもご訪問ありがとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
by 川崎工場長 (2022-01-03 10:52) 

JUNKO

何時も胸に響くお話をありがとうございます。
by JUNKO (2022-01-03 12:25) 

lamer

今年もよろしくお願いいたします
by lamer (2022-01-03 13:58) 

ハマコウ

川崎工場長さん いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 14:27) 

ハマコウ

JUNKOさん いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 14:27) 

ハマコウ

lamerさん いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 14:28) 

ぽちの輔

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^
by ぽちの輔 (2022-01-03 14:45) 

ハマコウ

ぽちの輔さん いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 18:18) 

Take-Zee

こんばんは!
よいお年をお迎えのことと思います!
今年もよろしくお付き合い願います・・・(^o^)
by Take-Zee (2022-01-03 18:49) 

ハマコウ

Take-Zeeさん いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
by ハマコウ (2022-01-03 21:53) 

のべる・K

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
「はがくれじぞう」。初めて聞きましたが、面白い題名ですね(笑)。
by のべる・K (2022-01-04 00:02) 

ハマコウ

のべる・Kさん ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

確かに興味を引くおもしろい題名で表紙の絵の雰囲気もいいですね。
皆のために亡くなった6人のためにつくったお地蔵さん。
せっかくつくったのに地面に埋めなくてはならなかった村人の無念。
「はがくれじぞう」とありますが、「葉隠し地蔵」でもあります。

by ハマコウ (2022-01-04 08:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。