SSブログ

「9割捨てて10倍伝える要約力」山口拓朗 日本実業出版社 2020年 ②(後半) /「教師のための携帯ブックス①73のネタ大放出」中村健一 黎明書房 2009年 ③ 【再掲載 2013.5】 [読書記録 一般]

今回は、9月6日に続いて、山口拓朗さんの
「9割捨てて10倍伝える要約力」2回目(後半)の紹介です。



出版社の案内には、

「オンライン会議、チャット、メール…リモートワーク全盛時代。会話も文
 章も『短さ』こそ命。シンプルに伝えることで成果は劇的に変わる。」

とあります。






今回紹介分より強く印象に残った言葉は‥

・「幹 → 枝 → 葉 の順」


・「ズバッとひと言で全体像や結論を伝えるスキルを磨く」


・「数字や固有名詞を使う」


・「伝え上手は『たとえ』もうまく」




もう一つ、再掲載となりますが、中村健一さんの
「教師のための携帯ブックス①73のネタ大放出」③を載せます。
子どもたちはレクリエーション、ゲーム、笑いが大好きですね。




<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。







☆「9割捨てて10倍伝える要約力」山口拓朗 日本実業出版社 2020年 ②(後半)

1.jpg

◇ステップ②情報整理 - 情報をグループ分けする
□グループ分けで効率的に情報整理する
   理想のゴールから逆算しながら情報整理をする
   具体化グループ思考で情報をきちんと整理する
 
□情報に優先順位をつける    
要約情報は生きている。だから、その都度更新していく。


◇ステップ③情報伝達 - 相手に簡潔に伝える
□話しすぎ、言葉足らずは伝わらない
   できる人ほど過不足なく話す
   くどい前置きは話すな
   幹 → 枝 → 葉 の順
 
□ひと言で伝わる具体的なスキル
   ズバッとひと言で全体像や結論を伝えるスキルを磨く
   <用件 + 結論優先>型で伝える
   列挙型で話す
 
□具体性を増やすキーワードがあるとより伝わる
   数字や固有名詞を使う       
理解していないを防ぐ確認の取り方
   質問への回答に求められる「瞬発的要約力」
 
□さらに伝わりやすくなるテクニックと練習法
   文章を要約するエクササイズ
   図表で示すという要約
   論理的に説明する方法と練習
   抽象度を高めて話す
   伝え上手は「たとえ」もうまく    
語尾に注意を払う
伝え方でもPDCAを回す
140字の投稿で日常の中で「要約の練習」をしてみよう
   話す内容への愛と情熱はありますか


◇山口拓朗
伝える力[話す書く]研究所所長 









☆「教師のための携帯ブックス①73のネタ大放出」中村健一 黎明書房 2009年 ③ 【再掲載 2013.5】

1.png

<自然に拍手が起こるクラスを作る>

◇○○ちゃんに拍手~
 いろんな場面で、とにかく拍手


◇拍手の練習  
 「強く,細かく,元気よく」拍手


◇プラスの言葉と拍手で応えるルール  
「じゃあ,一つゲームをしよう」

 反応がなかったら「うれしくなかった?じゃあ予定変更で漢字のテスト」

「えっ,うれしかったの?」

 「だったらプラスの言葉を言って拍手ぐらいしてよ」

 「じゃあゲームをします」「やったあ」拍手


◇拍手で評価
友達の発表を拍手で評価

とりあえず発表できたら拍手,「ちょっとすごい」で中ぐらいの拍手

「すごい」と思ったら大きな拍手,最高だと思ったら頭上で拍手


◇スタンディングオベーション
最高評価の拍手
 ~ すばらしすぎる行い子をした子に感謝の気持ちを表して

月に一回~二回程度


◇○○コール
教師の「せえの」で
 「ナカムラ(バンバンバン)ナカムラ(バンバンバン)ナカムラ(バンバンバン)」

3回 → 最高にすばらしい意見を言った子に対して


◇とりあえず拍手してみましょう
音読・前転
  ~ ためらっていたら「とりあえず拍手してみましょう」と先に拍手
    あと一歩,その子の背中を押す方法


◇笑いと拍手
教室爆笑時に「笑うとき、同時に拍手してごらん」


◇お礼と拍手 
「お礼と共に拍手を送りましょう」




<授業の隙間 五分でできるゲーム集>

◇限定しりとり
 「地名」「歴史上の人物」「花の名前」

全員起立 - 限定しりとり - 言えればセーフ
   詰まると「54321ブー」

最後まで残った人が優勝
   (途中で時間が来たとき,立っている人みんな優勝)


◇連想ゲーム
教師 「連想ゲーム」 

 子ども「イエーイ」(ポーズ付き)

教師 「ウサギは白い,白いは?」

 子ども「白いは○○,○○は?」


◇古今東西ゲーム
教師 「古今東西ゲーム」 

 子ども「イエーイ」(ポーズ付き)

教師 「古今東西,都道府県の名前」

 子ども 席順に…


◇文字限定しりとり
2文字,3文字指定

教師 「起立,文字限定しりとり」

子ども「イエーイ」(ポーズ付き)

教師 「文字数限定3文字で」   
    詰まると「54321ブー」



◇2けつしりとり
 「つくえ」
  →「くえんさん」
  →「さんすう」
  →「すう○○」など最後の2文字で

 「たんす」や「ももんが」はアウト


◇○○と言えば?
「○○と言えば」に当てはまる言葉をノートに書き,先生と同じなら勝ち

五問出題して合計
   一問ずつ立たせて拍手


◇つけ句遊び
先生の「5・7・5」の問いに「7・7」の音で応える遊び

「この時間~,あなたは何を~,学んだの~」




<教室が和む教師のちょっとした話術>厳しい注文にもちょっとしたユーモア

◇原始人になりませんように
男女一緒にならなかったら 
  ~ 「男女はっきりは原始人です」
    「原始人を卒業して早く現代人になろう」


◇○○の大予言 「3日以内にガラスが割れるよ」
落ち着きが欠けるときに


◇先生は成功だと思っていません
「先生は成功だと思っていません  - 大成功です」


◇仲直りはショートコント風で
「みんなを心配させている二人です。みんなの前で仲直りをしてもらいます。」
 
 台本「○○俺が悪かった」
   「いや△△俺の方こそごめんよ」
   「○○」
   「△△」
    → 抱き合う


◇「すばらしい間違いだね」「君は爆笑王だね」でフォローする
※必ず救う意識で


◇名前の呼び方で子どもとの距離を調節す
時には呼び捨ても 
  注意するときは○○ちゃんも有効




<一日を笑顔で締めくくる>さようならの前のアイデア

◇3回勝ったら帰れます
1回勝ったらランドセルを背負う

 2回勝ったら教室の後ろに

3回で教師の所に来て「さようなら」
  グーなしジャンケン,後出しジャンケン,全身ジャンケン,顔ジャンケン


◇エスパーゲーム
コインは左手か右手か 3回正解したら帰れる

1回勝ったらランドセルを背負う

  2回勝ったら教室の後ろに

3回で教師の所に来て「さようなら」


◇二人組ジャンケン
二人組になり勝った人から帰ることができる

 勝った人は得意げに「さようなら」


◇テッテッテッテッテレパシー
隣の人と同じ本数の指を出せた人から帰ることができる

「テッテッテッテッテレパシー」の教師のかけ声に合わせて指を出す


◇重なっちゃイヤーヨ
五人組 一人一人指を出し,全員バラバラなら帰れる
目を見つめてテレパシーで 「重なっちゃイヤーヨ」


◇お名前ビンゴ
自分の名前を紙にひらがなで書く
  → 教師がカルタを一枚引きそのひらがなを読み上げる


◇声の大きな班から帰る
合格 不合格で


◇中村健一  
 1970年 山口県生 現在岩国市立平田小学校
 授業作りネットワーク,お笑い教師同盟
 メルマガ「授業成立プロジェクト」編集長

nice!(137)  コメント(0) 

nice! 137

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。