SSブログ

「京都御所西一松町物語」杉山正明 日本経済新聞出版社 2011年 ④(最終) / 有田和正さんはこんなことを ⑥【再掲載 2012.9】 [読書記録 一般]

今回は、1月25日に続いて杉山正明さんの
「京都御所西一松町物語」4回目の紹介 最終です。



出版社の案内には

「京都御所の西にある小さな街区「一松町」から定点観測すれば、京都1200年の出来事
 が鮮やかによみがえる。この町の住人でもある歴史家が、ローカル&グローバルな視点
 で語る、まったく新しい京都歴史読本。」

とあります。


ここ何年か、年に数回行っていた京都ですが、一昨年の暮れからいけない状況です。
時々訪ねたくなります。


今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「恐るべき古さ  667年 誓願寺(今は新京極)」


・「兼好が語る『こかわ』 89段『奥山に猫またというもの』-小川のほとり」


・「『小河』の水上レストラン  ~ 鴨川・納涼床のはしり?」


・「秀吉は時代の魔術師 パタパタと扇を仰ぐように日本をとりまとめた~急ごしらえ」





もう一つ、再掲載となりますが、わたしの教育ノートから
「有田和正さんはこんなことを」⑥を載せます。
教育実践家として知られた有田和正さん(故人)から多くのことを教わることができます。



<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





☆子供たちの学習に
文部科学省の
「子供の学び応援サイト(臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト)」




ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。





☆「京都御所西一松町物語」杉山正明 日本経済新聞出版社 2011年 ④(最終)

1.jpg

Ⅵ 過ぎし日の一条小川の記憶  京外の祈りと楽しみの場

1.はじまりは誓願寺か

  恐るべき古さ  

  667年 誓願寺(今は新京極)



2.小川と誓願寺に関わる二人

  清少納言と和泉式部

  才女たちの時代

  二人の女人伝説



3.女人往生の寺と和泉式部伝説

  誓願寺と法然  浄土宗

  和泉式部と一遍 そして謡曲

  時空を超えて生きる和泉式部



4.兼好が語る「こかわ」と一条室町

  89段 「奥山に猫またというもの」
  
      小川のほとり 

  小川と革堂

  魔女のウワサ



5.故書が伝える小川の姿

「小河」の水上レストラン
   ~ 鴨川・納涼床のはしり?

 小川一町
   ~ 小川うつぼや町(靫屋町)






Ⅶ 秀吉が開いた近世京都 豪奢絢爛たる時代

1.信長から始まる次なる京への道

  信長と京都
    信長と一松町界隈

  1559年 上洛 - 寄宿先は室町通上京うら辻

  1570年 上洛(義昭を奉じて)「上京・ろ庵」に投宿

    「元ろあん町」と武者小路での築城プラン

「上京ろ庵」 ~ 「半井馬廬庵」名高い医師

     上京中学の北側 = 一松町の南端辺り

        |

  信長 自分の城計画 武者小路通辺りに



2.幻の信長の居城 そして京都御苑

  一松町には一条殿と日野殿の公家屋敷



3.稀代(きたい)のイリュージョナリスト秀吉

  秀吉への悪口は徳川家へのコンプレックスの裏返し

  徳川・松平
   ~ もともと新田・足利近辺時宗の破れ坊主の流れ者
  
     三河の土豪程度の未亡人の入り婿が始まり 



 ◎ 「下民からの成り上がり」という秀吉への悪口はうさんくささをごまかすため
 秀吉は時代の魔術師
パタパタと扇を仰ぐように日本をとりまとめた ~ 急ごしらえ



4.秀吉の京都大改造と聚楽第の出現

  秀吉 京都大改造
  
     伏見城 聚楽第 お土居  

  大航海時代というナンセンスな考え
小さな船

  巨大な外城・外郭・団郭をもつ



5.聚楽第とお土居

  日本史上唯一の王城を囲む壁

  1591年 全長23㎞羅城-京廻ノ堤

高さ3.6~5.4m 厚さ18~20m

  幻の聚楽第
上京中学・新町小学校から金箔瓦



6.京極竜子の光と影

  京極家のお姫様

  信長・光秀・そして秀吉



7.秀吉が憧れた京極竜子

  おねと京極竜子

  京極竜子と誓願寺

  洛中の寺院を寺町通に移させた





Ⅷ 幕末・明治維新と御所西一帯

1.日本と世界がともども変わる時代

  ペリーの世界史的意味

  再び京都が政局の焦点となる
薩摩 - 相国寺からの借地  → 同志社

  悲劇の皇女和宮の降嫁



2.京に吹く時代の嵐

  京都守護職・松平容保(かたもり)の登場

  新撰組と壬生の屯所



3.朔平門外の変 - 姉小路公知の暗殺

  文久3年5月20日京都御所の北

  桜田門外の変と

  町田さんの推論



4.蛤御門の戦いと「ドンド焼け」

  七卿落ちを逆襲する長州





Ⅸ 戦争から現代で

1.不幸と困難の始まり

5.一松町についての記憶













☆有田和正さんはこんなことを ⑥【再掲載 2012.9】

◇「学級づくりと社会科授業の改善」明治図書

□中学年・学級づくり
 
 中学年の子供の特徴

  = ○行動したとおり考える
○やりたいことが多く注意散漫
○活発な自己主張 
  ○グループを好む
○自信に満ちあふれた子供


 学級づくりの課題
  ①意見の対立しやすい教材の提示

②「はてな?がたくさん出て調べられる学習」

③「紙芝居,地図づくり,パノラマ,新聞づくり-活動的な学習」



   ◎ 事実に学ぶ
◎ 足で稼ぐ社会科

 

□授業を深める学級づくり

(1) 問題解決的話し合いをどうつくるか

  → 知的好奇心をゆさぶる


(2) 集団思考をどう指導するか

  → 集団化の契機

集団思考を深める

 

□求められる授業感の転換

(1)「問い」を発見する授業

新鮮な出会いをさせる

固定観念のひっくり返し →問いを持つ子から問いを発する子に

教材や他の子供によるゆさぶり


(2)体験的な学習

  見学 調査 実験 制作 操作 作業 身体表現

 

□中学年社会科

中学年で育てたい力
①事実を確かに見る力

②事実で考える力

③足で調べる

④個性的表現力





◇「このユーモアが明るい子を育てる」 有田和正 企画室 ①

□ユーモアは笑うことから

 とにかく笑いましょう
   小さな事に笑える人になろう
     ①母親がいつも笑う

②十分な睡眠

③朝食をきちんと採る

  ◎ 笑うのに理屈はいりません ただ笑えばよいのです 
   
  ◎ おもしろいから笑うのではありません 笑うからおもしろいのです
   
  ◎ 悲しいから泣くのではありません 泣くから悲しいのです 
 


 笑いの練習を始めよう
明るく元気な返事をする

おもしろい話を見つけて話す

おもしろい見方をするように練習する

「すごい見方ができるね!」
◎ 子供は植物と同様太陽の方に伸びていく ほめられた方向に伸びる

 「笑いを忘れたカナリア」からの脱出法

「毎朝鏡の前で笑顔を作りなさい!」

「いつまでいい夢見ているの?」

「○○ちゃんてよく笑うね」と暗示を掛ける
 


□三種類の笑い 

① 快の笑い

    口が目より先に行く = 動作を伴う


 ② 社交上の笑い

    目と口が同時に動く


 ③ 緊張緩和の笑い

    目が先に笑う
 

 笑う門には福来たる
 「健康ほど幸せなことはないでしょ」

 「笑いのある家が幸せよね」
  子供をその気にさせるお母さんの不思議な力
  母親は医者、易者

 ◎ ユーモアは子供への最大のプレゼント

 ◎ 笑いは病気を治す
 

明るく機嫌のいい子に! 
◎「君はいつも明るいね」
 ◎「暗示の効用」
 ◎「あなたっておもしろい人ね」


 ◎ お母さんがまず笑いの模範を!


nice!(160)  コメント(0)