SSブログ

「フグを楽しむ」二宮正博(『ラジオ深夜便』アンカーエッセイより) / 森信三さんはこんなことを③-「修身教授録抄」森信三 致知出版社  2006年【再掲載 2013.6】 [読書記録 一般]

今回は、月刊『ラジオ深夜便』誌より、二宮正博さんの
アンカーエッセイ「フグを楽しむ」を紹介します。


ラジオ番組も好きなのですが、
そのエッセンスを集めた月刊誌『ラジオ深夜便』も好きです。



もう一つ、再掲載となりますが、
「森信三さんはこんなことを」③を載せます。
目次のような要約になってしまいましたが、
国民教育の父ともよばれた森信三らしい言葉だと思います。





<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。





☆「フグを楽しむ」二宮正博(『ラジオ深夜便』アンカーエッセイより)

1.png

 本格的な冬が訪れると、食べたくなるのがフグ料理である。


 この数年そのフグにハマっている。


 もちろん天然は高いので養殖のトラフグである。


 熱爛にテッサとも呼ばれるフグ刺しや揚げ物、鍋物に勝るものはない。
 

 養殖でもフグは高価、コースは1万円は下らない。しかし自分で料理すれ
ば刺身をたらふく食べても、一人2000円もかからない。


 といっても、フグを丸、ごと売っている魚屋さんは無いし、あったとして
もフグの調理は専門知識を必要とし免許がなければ捌けない。


 そんな中、有毒な内臓を取り出して皮を剥ぎ、身と骨を切り分け易くして
いる「みがきフグ」というものがある。


 長崎産のフグを山口で加工したものをよく見かける。


 小さな料理店用だと思うが、近くの魚市場で扱っているのを見つけて買い
始めたのが5年前である。 


 通常、魚市場では一般消費者が買い物をするのは難しいが、行きつけの市
場は、業者でなくとも小口買いができる。


 みがきフグの調理法、ネットを見れば刺身の薄造りの作り方はもちろん、
三種類の皮の湯引き時間などを丁寧に教えてくれる。


 薄く引くのは難しいが、専用に近いそれらしき手頃な包丁を買い求め、毎
年挑戦している。


 ところで、殆どの魚は締めた直後というか、その日位は身がコリコリして
歯ごたえはいいが、翌日になると身は柔らかくなる。


 しかし、逆にイノシン酸が増え旨味は増す。


 コリコリ感を取るか旨味を取るかは好きずきだが、フグは両方を同時にし
かも数日楽しめるのだ。


 以前、フグ刺しを作っている魚屋さんに教えてもらったが、フグは締めた
直後は包丁が入りにくいほど身が固く、刺身にしにくい上、白で余り味がな
い。


 締めて3日程たった頃がコリコリ感も旨味も楽しめる。


 また、一週間程度でも、歯ごたえのある刺身を楽しめるのはフグの大きな
特徴である


 魚の美味しさは鮮度に比例しないと聞くが、フグは正しくそうだと思う。


 みがきフグ、自分で調理すればこれほど安い贅沢品はない。


 コロナ禍で外食が減った分、回数が増えそうだ。

  にのみや まさひろ 第5水・木・金担当(出版当時 出版年月不明)








☆森信三さんはこんなことを③-「修身教授録抄」森信三 致知出版社  2006年【再掲載 2013.6】



◇生を国土に受けて

<微言1>

「人間としての軌道の三箇条」
① 毎朝親に対してあいさつのできる人間になる

②親御さんに呼ばれたら「ハイ」と返事のできること

③履き物をそろえ,立ったらイスを必ずきちんと言える

  ◎「常に腰骨を立てる」ことは性根の売る人間になる極秘伝です

  ◎一旦引き受けた以上,どこまでも責任を果たそうとする男性こそ頼もしい


1 天の命

2 人生態度

3 人身受けがたし

4 生を身の国土に受けて

5 教育の使命

6 安心立命の境涯

7 相手の魂に

8 我が一生の見通し

9 人生の準備期

10 志学とは

11 大学の道「我十有五にして学に志す」

12 天分の発揮

13 読書の意義「一日読まざれば一日衰える」

14 偉大な実践家

15 尚友とは

16 同門の友「朋遠方より来る…」は師を共にした友

17 禽獣と異なる所以

18 真の剛者の道 道徳修養

19 捨欲即大欲

20 使命の道

21 一つの坑道を
    一つの坑道を切り開こうとする(はしごを上にのぼるよりも)

22 国家民族の前途   

23 偉大な光と力

24 人を植える道 
   「教育とは人を植える道」
     - 学校教育はその地ならし

25 卒業後の指導 
   有志の青年たちの読書会・会員相互の輪読会

26 共に道を歩む者
   - 生徒を見下してはいけない 

27 松蔭先生の片鱗

28 人間としてのたしなみ 『葉隠』

29 人間形成の三大要素 
   ①血 
   ②育ち 
   ③教え

30 性欲の問題

31 真独について

32 仕事の処理 自分の修養

33 成形の功徳

34 唯一人者

35 善悪導者

36 対話の心得 
    聞く,断定しない

37 謙遜について 
    我が身を慎んで己を正しく保つということ

38 上位者に対する心得 
    相手の地位にふさわしい

39 社会組織ということ
   上下  

40 目下の人に対する心得 
    敬愛

41 ペスタロッチの命日


42 魂そのものの覚醒
   - 教師の信念

43 国民教育者の自覚

44 白河条約公伝

45 白墨の使い方   
    太い方から使う 芦田恵之助

46 真の誠へのあゆみ
    己の務めに打ち込む所から始める

47 生死の問題 
    死を意識した時から

48 一後一後の種まき

49 次代を担う者たちへ

50  生命の根源を

nice!(151)  コメント(0)