SSブログ

「霊の発見」五木寛之・鎌田東二 平凡社 2006年 /「中学生の読書教育」日本の子どもの本研究会 国土社 1988年 ①(上)【再掲載 2017.1】 [読書記録 一般]

今回は、五木寛之さん、鎌田東二さんの
「霊の発見」を紹介します。





出版社の案内には、


「止まるところを知らぬ霊ブームの歴史的背景を徹底解剖し、日本的霊性
 の原点に迫る驚愕ドキュメント。対話者に気鋭の神道家・鎌田東二氏を
 迎え、霊の世界を旅する衝撃の書」


とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「友清歓真,岡田茂吉(世界救世教),谷口雅春(生長の家)、
  浅野和三郎(心霊科学協会),植芝盛平(合気道)は大本教にいた」


・「霊能者はドロップ・アウターのまとめ役 - 空海・役行者・行基」


・「宮沢賢治とアニミズム、シャーマニズム」


・「仏は成る者,神は在るモノ」
「仏は座る者,神は立つモノ」
「仏は往く者,神は来るモノ」


・「蓮如 『念仏はこっそり,人に見られてはいけない』」







<浜松のオリーブ園>

浜松にもオリーブ園ができました。
和Olieve 園のサイト





ふじのくに魅力ある個店
静岡県には、個性ある魅力ある個店がいくつもあります。
休みの日に、ここにあるお店を訪ねることを楽しみにしています。
機会があれば、ぜひお訪ねください。
2.jpg





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。






☆「霊の発見」五木寛之・鎌田東二 平凡社 2006年

1.jpg

1 霊は実在するのか
   石笛

   鬼を見た子供 
     霊は足の裏から入ってくる - 足心呼吸

   動物は人間よりも霊位が高い
     霊とは得体の知れない大きなエネルギーか?

   恐山で烏に宿った弟のこと
     日本は類を見ない宗教国家

   コンビニ4014  寺7万4千 神社8万(15万)
    → 20~30万の神社・祠・寺 



2 霊視について
霊能者ブームはハレー彗星が引き起こす 
     1910(M43)年 福来友吉(東大追放)

   ハリーポッターが霊的世界に連れて行く 
     ケルト神話 - 賢者の石

   大本教 出口なお1892(M25)年
     → 出口王仁三郎 預言書『霊界物語』

◎ 国家による弾圧
 
   大本教にいた…
     友清歓真,岡田茂吉(世界救世教),谷口雅春(生長の家)
浅野和三郎(心霊科学協会),植芝盛平(合気道)

   コンピュータに霊魂は宿るか
     霊的背後力 - パソコンは念写に近づく



3 神霊との交信について
強力な地霊の作用 
     神は音と共にやってくる「音連れ」

   「竹内文書」酒井勝軍が確認  
     仏教は洗練されすぎていった

   霊の世界のM&A 
     隠し念仏に潜む霊力 
     宮沢賢治 - アニミズム,シャーマニズム


4 超能力について
体験者の超能力
     - 命がけの状況で開花する力 
       ヒッピー姿の聖徳太子

   白隠禅師は素晴らしく妖しい人
     超能力者・空海の呪術 - 霊的国防

   霊能者はドロップ・アウターのまとめ役 
     空海・役行者・行基


5 怨霊と祟りについて
果たして祈祷はきくのか 

祟りとは神が立ってある姿
     出雲神 オオナムチ,オオアナヒチ 
     大火持~火山,噴火口

  「仏は成る者,神は在るモノ」
 
  「仏は座る者,神は立つモノ」

  「仏は往く者,神は来るモノ」

   タタリ 折口信夫説 
     立ち有り = 神がお立ちになる 顕現する

   怨霊に血塗られた日本史
     禁酒の戒を破った地縛霊の祟り

   今も跋扈する兵士達の怨霊 
     東京招魂社 → (西南戦争後) → 靖国神社
戦没者は故郷の氏神様,産土神様のところに帰れない…


6 死後の世界について
聖地は地球という生命体のツボ
     別世界ので入り口

   禁足地には強力な霊波がある
     聖地の霊感にうたれて初めて分かること

   あの世は本当にあるのか 
     ブッダは死後のことを言っていない「無記」


7 神社と神道について
かしこみ・慎むことの大切さ 
    「南無ありがとう」

   八百万の神々の豊かさ 
     ハーン『知られざる日本の百景』 - 無いことの持つ力

   昼は人間の時間,夜は神の時間

   根の国・出雲に霊的センターを
八雲たつ出雲  
       岩見に物部神社 - 鎮魂祭
出雲大社横の竹野屋旅館に大黒さん

   心の柱を再構築する大事さ


8 霊性の高みへ
霊能者ブームのはらむ危うさ
     依存 → 自分の人生を預けている

   十年間何か一つのことを続けること 
     審神者(さにわ)

   霊能者の人格的魅力を見極めよ

   本当の霊能者は人格で伝道する
蓮如 
      ~ 念仏はこっそり,人に見られてはいけない

   直感が教える霊の正邪
小さなことが魂を浄化
       … 朝日を拝む,綺麗な水を飲む,森に行く
修行者 - 断念の塊
   
   人間は本来霊的な存在である
 







☆「中学生の読書教育」日本の子どもの本研究会 国土社 1988年 ①(上)【再掲載 2017.1】

[出版社の案内]
「本」好きの子どもを育てるために。長年にわたる読書教育の実践の成果!
1.JPG

Ⅰ<子どもを本好きにする試み>

◇読書のある生活を目指す

 『大きな木』    シェル・シルヴァスタイン 篠崎書林

 『君の可能性』   齋藤喜博         筑摩書房

 『肥後の石工』   今西祐行         実業之日本社

 ※読書カードに挿絵、表紙のコピーを
読書ノートP25
月  日  作品名  作・訳  発行所・ページ  感想

◎中学生の発達と性
 『生きる』      畑正憲        筑摩書房

 『私の青春ノート』  樋口恵子       ポプラ社

 『キューポラのある街』早船チヨ       理論社


◎戦争と平和と読書
 『凧になったお母さん』野坂昭如       金の星社

 『原爆の子』     長田新        岩波書店

 『碑』        広島放送テレビ    ポプラ社

 『つしま丸のそうなん』金沢嘉一       あすなろ書房



◇図書館を活用する読書を

◎学級文庫  
 『青い鳥文庫』(講談社)『偕成社文庫』『ポプラ社文庫』

 『フォア文庫』(岩崎書店、金の星社、童心社、理論社)

 『てのり文庫』(学習研究社、国土社、小峰書店、大日本図書、評論社)
 『岩波少年文庫』 

 『旺文社文庫』 

 『新潮文庫』 

 『角川文庫』

 『文春文庫』

 『講談社文庫』


◎読書案内  
 民話や名作の放送 放送後一枚原稿用紙

 読書講演会

 映画界 
  『おこりじぞう』山口勇子 『二死満塁』砂田弘

『おこんじょうるり』さねとうあきら

 読書週間

 読書会
  

◎身近な図書館とするために

 広報活動

 活用しやすい図書コーナー 
   立ち読みコーナー

 図書委員指導
  

◎読書活動活性化のために

 読書の記録 
  『一万ページを目指して』

 集団読書
  『のびのび人生論』シリーズ ポプラ社

『青春ノート』シリーズ 国土社

  『なるにはBOOKS』ぺりかん社

 図書の選定


◎家庭への働きかけ

 個人購入注文
   - フォア文庫、偕成社文庫、ポプラ社文庫、新学社文庫

 図書目録   
  『岩波ジュニア新書』『新潮社文庫の100冊』等
 
nice!(138)  コメント(0)