SSブログ

「心がフッと軽くなる瞬間の心理学」名越康文 角川SCC新書 2010年  [読書記録 一般]

「鬱というものは心を車に例えて言うと、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状
 態 = 動けないままエネルギー消費」
   
    






今回は、名越康文さんの
「心がフット軽くなる瞬間の心理学」の紹介です。


名越さん、メディアで引っ張りだこですね。



出版社の案内には、


「閉塞感が増す今の日本で、うつに向かいそうな重い気分を切り替えて、前向きに生きる
 にはどうすればいいのか。瞬間、瞬間を大切にすることで、ネガティブ思考に陥らず、
 心がフッと軽くなる方法をアドバイスします。」

「うつに向かいそうな重い気分、暗い気持ちを切り替えて、前向きに生きるにはどうすれ
 ばいいのか。すぐにネガティブ思考に陥ってしまいそうな時代の「今を生きる力」を、10
 のヒントとしてまとめた。」


とあります。






今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「なぜ今の日本人はこんなにピリピリしているのだろうか」


・「今の社会が『社会を維持すること』を第一の原則として回るシステムに固定してしま
  ったこと = 身も蓋もない合理主義社会」


・「競争社会の息苦しさが不安と焦りを増している
= 絶対的な達成感や満足感が感じられない社会」


・「自分の心をコントロールできる視点を持つ = こだわらないこと」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「心がフッと軽くなる瞬間の心理学」名越康文 角川SCC新書 2010年

1.JPG

◇閉塞感が増す時代の「今を生きる力」

① 自殺が増えるなどなぜ日本人の心は疲弊しているのか
  
□社会が複雑化する中「規範とすべき基準」がなくなっている

  「何のために生きるのか」の十分な答えを現代人は持ち合わせていない

「何のために生きるのか どう生きることが人間の基本なのか」



□連帯感、満足感を得られにくい窮屈な社会

  日本社会全体が我に返って「ガクッときている」

なぜ今の日本人はこんなにピリピリしているのだろうか



「根本的な生き方をどこかで見失っているからだ」



□虚無名心の拠り所として日本には宗教が根付いていない

 最大の原因

 = 今の社会が「社会を維持すること」を第一の原則として回るシステムに固定してし
  まったこと


= 身も蓋もない合理主義社会



アメリカンモデルの援用
    

 かつては「徳のある人」がいた… 
超越的価値


 感覚が更新しにくい生活環境になっている


「損得勘定」の蔓延で人間関係が劣化
考える経験の減少


 競争社会の息苦しさが不安と焦りを増している
絶対的な達成感や満足感が感じられない社会


 誰もが大なり小なり閉塞感に苛まれていることを認識しよう
   スピード化の中に埋没 






② 閉塞感が充満する日本でどう前向きに生きればよいのか

 未来と過去のことにとらわれすぎない

  「今、ここ」の「課程」に集中する 

社会維持システムの表面的な合理性、つまり小さな「損得勘定」に人間の感覚まで
  侵されている



 小さな損得勘定に惑わされない
一番小さな「損得勘定」の世界の相対的な価値観をどんどん…
 
   勝ち組? 負け組?  



「人とつながる」というのは「心でつながっている」ということ
自分の心を変えていくこと

  

 性格は変わらないが、心はものすごく変わりやすい
   心はどこにジャックをつなぐかで景色が完全に変わる  

心は固定された物質ではない。実はいろいな部屋に向けて開かれた空間で、あとは
  どこにアクセスするかと言うことなのです



 心が解放された感覚を知っておく
◎ 自分の心にはたくさんのジャック







◇心が弱っていると思ったとき、鬱に向かわないために

① 誰にも相談できないとき何を考えればよいのか

「気分転換」は日常の中で見付けるべき

幸福に執着せず過ぎ去るものだと
今この幸福を味わう  
 
   × ブルーマンデー



 ストレスから逃れるために集中力を高める
思考の暴走 頭の暴走



自分で止めるしかない

◎ 朝一つの行動を集中して!

   目の前のことにちゃんと取り組む
自動継続に任せない

 ※「鬱というものは心を車に例えて言うと、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでい
   る状態」
   
   = 動けないままエネルギー消費 

         ↓

  行動の意識化

 


② 何をしていてもネガティブな考えになるとき、どうすればよいのか

心のバランスが悪いときは身体にも無理が生じる


自分を客観視し感情的にならない
感情的になったとき人間は最もエネルギーを消費する

   心の問題を総て社会問題とつなげるべきでない    


 「フット楽になる」という体験が重要
「一日に一分間だけ集中してください」


 

③ 心の幸福を保つにはどう心掛ければよいのか

 自分の心をコントロールできる視点を持つ
こだわらないこと
nice!(164)  コメント(0) 

「古武術で毎日がラクラク!」甲野善紀・荻野アンナ 祥伝社 2006年 ②(後半) [読書記録 一般]

今回は、2月20日に続いて、甲野善紀さん、荻野アンナさんの
「古武術で毎日がラクラク!」2回目(後半)を紹介します。





出版社の案内には、


「重い荷物を持って歩く、階段を上る、満員電車から降りる、痴漢を撃退する、肩こりを
 ほぐす、老親を介護するetc.体育『2』の荻野アンナも即、使えた。」



とあります。






今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「手や腕の力だけに頼らず受身の力を引き出すのが甲野流古武術の極意」


・「キツネコンコンの手」


・「タコのお願いの術  肩をごりごりほぐす」







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー










☆「古武術で毎日がラクラク!」甲野善紀・荻野アンナ 祥伝社 2006年 ②(後半)

1.JPG

◇手や腕の力だけに頼らず受身の力を引き出すのが甲野流古武術の極意
 
□キツネコンコンの手 

 ① お手々とパーにする 

 ② 中指・薬指を下に折る 

 ③ 残りの指とピンと伸ばす



手や腕の力に頼らず全身の力を使うために


 
□赤ちゃんの抱き方  

 甲をあてて返す ~ 肩を下げる


 
□座り込んだ人を立たせる

 ① 前に回した手をクロスしキツネコンコンの手(手の甲を上に)


 ② 自分の腰を後方に伸ばすように

    腰を伸ばす時に手の甲を返す 腕ベルト
   

 ③ 自分の重心移動と一緒に相手を浮かせる 


 ④ 自分が立つと同時に相手も一緒に立つ


 
□重いモノの持ち上げ方  腰を痛めない

 ◎ キツネコンコンの手で 手の側面だけを使う

 ◎ 足裏を真上に浮かすイメージで腰を落とす






◇何はなくても「肩こり」解消

□足助式体操

 「これで安心医療体操」足助次郎・照子 太陽出版

 
 
□タコのお願いの術  肩をごりごりほぐす
   
 ① 左手の甲に右手の平を重ねる 指もしっかり組む 密着 


 ② 両手密着のまま空中に「8」の字を書く

  時計回り → 反時計回り  
  
    両手とも 

    次は左手を上に


 
□ひとり首締め耳つかみの術  脳溢血予防にも
   
 ① 背中の真ん中をかくつもりで左腕を上げる
   

 ② 左肘に右手を添え右側に回す 
    左腕が首一周 
    自分で首締め
   

 ③ 左手の指で左の耳をつかむ 


 
□背中握手の術  

 肩と背中をほぐす


 
□裏合掌の術 

 首筋や胸のしこりにも効く


 
□腕カーテンの術


 
□雑巾絞り


nice!(153)  コメント(0)